経験知ロゴ

WordPressでリンク切れを自動で見つけて対応してくれるプラグイン

リンク切れ
何か情報が欲しくて行き着いていたブログ、ホームページで紹介されているURLがリンク切れでがっかりした経験ありませんか?

せっかく書いた記事の中にあるURLがリンク切れだと、せっかくブログを訪れた人もがっかりさせてしまいます。

なので、常にリンクが切れていないか確認しないといけないのですが、何百とある記事を一つ一つ確認するのも、定期的に確認するのも現実的ではありません。

そこで、自動でリンク切れをチェックし、切れていた際はダッシュボードに表示してくれるWordPress用のプラグイン「Broken Link Checker」を紹介します。

「Broken Link Checker」をインストール

ダッシュボードからプラグインの「新規追加」から「Broken Link Checker」を検索しインストール。
詳しいインストール方法は「WordPressのプラグインをインストールする方法」を参考にしてください。

使い方

左メニューの「ツール」→「リンクエラーをチェック」をクリック。

リンクエラーがった場合、リンクが一覧で表示される。
リンクの上にマウスを合わせると各メニューが出てくるので、行いたい処理を選択する。
・URLを編集:URLを直接編集でき、新しいURLへ変更できる。
・リンクを解除:aタグが削除されaタグの中身のみ残る。
・リンクエラーではない:一時的にアクセスできなかったなど、自分で確かめて問題なかった場合に使う。
リンクエラーをチェック

以上が使い方です。簡単に使えるので便利ですね。

わからないことは人に聞こう

プログラミングをする上で、わからないことはネットなどを使い自分で調べる技術が必要ですよね。

時間がかかっても、ある程度のことは解決できます。

しかし、どうしても答えにたどり着けなかったり、探す時間が惜しいときもあります。

そこでオススメなのが無料登録でプログラミングに関する質問ができるテラテイルです。

質問の投稿にコードも投稿できるので、自分のコードを投稿して問題のある箇所を指摘してもらうことができます。

プログラマーには、自分で探す技術も必要ですが、人に聞く技術は更に重要です。

登録無料で質問できますので、テラテイルで質問する力を磨いてみましょう!

おわりに

「設定」→「Broken Link Checker」で詳細な設定ができますがデフォルトで問題ないはずです。不都合がある場合は設定をしてみてください。

リンク切れはSEOにも影響があるので、絶対に放置しないようにしたいですね。

▼役に立ったらシェアをお願いします