WordPress Googleウェブマスターツールで「img=link」や「pcview=true」のエラー対策方法


エラー
このブログは「パンダアップデートでアクセス数が激減した件」で書いたように、検索エンジンからのアクセスが激減しています。

Googleウェブマスターツールを見てみると、URLに「img=link」や「pcview=true」が付いたページがURLエラーとして多数表示されています。

アクセス数改善のためにURLエラーの対策方法を紹介します。

スポンサーリンク

「img=link」「pcview=true」とは

フューチャーフォン用にWordPressを表示してくれるプラグイン「Ktai Style」を導入すると、通常ページと、フューチャーフォン用のページとを分けるためにURLに付けられる。

「Ktai Style」をアンインストールしても、Googleは以前のURLを頼りにひたすらアクセスしてくるので「img=link」「pcview=true」のエラーがなかなか解消されない。

対策

URLに「?」のつくページを表示させないようにする。

ただし、パーマンリンク設定で記事ページなどメインの部分に「?」を使わないようにしている場合のみ使える方法。

「robots.txt」に

User-agent: *
Disallow: /*?*
Disallow: /*?

とすればURLに「?」の付くページはインデックスの対象から外される。

以上でOK!

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

地道なことをひとつひとつこなして、以前以上のアクセスが来るようにしたいです。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク