経験知ロゴ

日々の経験を知識として発信するブログ

WordPress Googleウェブマスターツールで「img=link」や「pcview=true」のエラー対策方法

エラー
このブログは「パンダアップデートでアクセス数が激減した件」で書いたように、検索エンジンからのアクセスが激減しています。

Googleウェブマスターツールを見てみると、URLに「img=link」や「pcview=true」が付いたページがURLエラーとして多数表示されています。

アクセス数改善のためにURLエラーの対策方法を紹介します。

「img=link」「pcview=true」とは

フューチャーフォン用にWordPressを表示してくれるプラグイン「Ktai Style」を導入すると、通常ページと、フューチャーフォン用のページとを分けるためにURLに付けられる。

「Ktai Style」をアンインストールしても、Googleは以前のURLを頼りにひたすらアクセスしてくるので「img=link」「pcview=true」のエラーがなかなか解消されない。

対策

URLに「?」のつくページを表示させないようにする。

ただし、パーマンリンク設定で記事ページなどメインの部分に「?」を使わないようにしている場合のみ使える方法。

「robots.txt」に

User-agent: *
Disallow: /*?*
Disallow: /*?

とすればURLに「?」の付くページはインデックスの対象から外される。

以上でOK!

わからないことは人に聞こう

プログラミングをする上で、わからないことはネットなどを使い自分で調べる技術が必要ですよね。

時間がかかっても、ある程度のことは解決できます。

しかし、どうしても答えにたどり着けなかったり、探す時間が惜しいときもあります。

そこでオススメなのが無料登録でプログラミングに関する質問ができるテラテイルです。

質問の投稿にコードも投稿できるので、自分のコードを投稿して問題のある箇所を指摘してもらうことができます。

プログラマーには、自分で探す技術も必要ですが、人に聞く技術は更に重要です。

登録無料で質問できますので、テラテイルで質問する力を磨いてみましょう!

おわりに

地道なことをひとつひとつこなして、以前以上のアクセスが来るようにしたいです。

▼この記事をシェアできるリンク


▼このブログをフォロー・RSS購読できるリンク