WordPressで日本語混じりの複雑な数式を表示できるプラグイン「MathJax-LaTeX」



MathJax

ブログを書いていると、分数やべき乗など複雑な数式を書きたいことがありますが、既存のままでは表現できません。

文字を組み合わせて表示させるシステムにLATEXというシステムがあります。このシステムはWindowsやMac、LinuxなどのOSで使うことができ、数学を多用する論文などに使われています。

このLATEXをブラウザ上で使えるようにしたJavaScriptライブラリがMathJaxで、MathJaxをWordPressで使えるようにしたプラグインが「MathJax-LaTeX」です。

このページでは「MathJax-LaTeX」の使い方を紹介します。

スポンサーリンク

インストール

WordPressの管理画面から「MathJax-LaTeX」をインストールし有効化する。
関連:「WordPressのプラグインをインストールする方法 | 経験知

使い方

「MathJax-LaTeX」を使いたい記事内で、下記ショートコードを追加。

[mathjax]

追加する場所は記事の最初でも最後でもどこでも良い。

このショートコードを記事内に書くと、フッターに「MathJax」のJavaScriptを読み込むコードが追加され「MathJax」を使えるようになる。

<script type='text/javascript' src='https://cdn.mathjax.org/mathjax/latest/MathJax.js?config=default'></script>

あとはLatex記法を「$$」で囲めばOK。

$$直接利回り=\frac{表面利率}{購入価格}\times100$$

上記コードはこのように表示される。
$$直接利回り=\frac{表面利率}{購入価格}\times100$$

LaTeXコマンドはこちらで

関連:「LaTeXコマンド集

フォントや中央寄せを変更する

中央寄せを左寄せにしたり、フォントを変更するにはCSSで変更できる。

style.cssに


.MathJax_Display {
  text-align: left !important;
  font-family: sans-serif !important;
}

のように書く。「font-family」はお好みで。

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

Webで数式を表示するのはめんどくさいですが、「MathJax-LaTeX」を使えば比較的簡単に使用することができます。

画像で数式を作るのもよいですが、手間がかかりますよね。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク