WordPressの独自テーマを稼働中の本番環境でテストする方法


theme test drive
すでにWordPressでブログを書いると、自作のテーマを作ったからといって、すぐに本番環境に設定するのは危険です。

ローカル環境とは別のPHPのバージョンやプラグインなどにより、表示が崩れたり、真っ白になってしまったりするためです。

そこで、既に稼働中の本番環境で、管理者のアクセスだけ新しいテーマを表示させ、他の人には従来のテーマで表示させるプラグイン「Theme Test Drive」を紹介します。

スポンサーリンク

Theme Test Driveのインストール

WordPressのダッシュボードから「Theme Test Drive」をインストールし、有効化。
詳しいインストールの方法は「WordPressのプラグインをインストールする方法」で。

Theme Test Driveの設定

ダッシュボード左メニューの「外観」→「Theme Test Drive」をクリック。
theme test drive

テストしたいテーマを選択し、「Access level」は10のまま(WordPressの管理者だけに見えるようにする設定)にし、「Enable Theme Drive」をクリック。
enable theme drive

以上の設定で、WordPressにログインしているブラウザからブログを見ると新しいテーマが反映されて、他のユーザー(他のブラウザ)から見ると従来のテーマで表示される。

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

本番環境でのぶっつけ適用は大変に危険です。

このようなプラグインを使い、問題がないことを確認してから公開するようにしましょう。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク