WordPressでTwitter Cardsを設定する方法


twitterロゴ
自分のブログがTwitterでツイートされた時の表示をいい感じにするために「Twitter Cards」を設定しました。

その際のメモ。

スポンサーリンク

設定方法

以前紹介した「WordPressでFacebook用のOGPを設置する方法」が終わっている前提で、「head」タグ内に

<meta name="twitter:card" content="summary">
<meta name="twitter:site" content="@自分のTwitter ID">

を追加するだけで。

僕の場合は

<meta name="twitter:card" content="summary">
<meta name="twitter:site" content="@iTotuo">

となる。

Twitter:cardについて

上記表示の仕方で「summary」部分はコンテンツの内容で変える必要がある。設定は、

summary:標準のカードです。タイトル、ディスクリプション、サムネイル、サイトのTwitterアカウントを含みます。
summary_large_image:Summaryカードに似ていますが、画像が目立つようになっています。
photo:写真を表示するためのカードです。
gallery:写真の収集を目立たせるカードです。
app:アプリケーションを紹介するためのカードです。
playerカード:動画や音声プレーヤーカードです。
product:商品を見せるためのカードです。

詳しい説明は「Twitterカード | Twitter Developers」で。

Twitterに申請

設定が完了したらTwitterに利用申請する。
「Card Validator | Twitter Developers」へアクセスし、TwitterIDでログイン。左メニュータブの「Validate & Apply」をクリックし、確認したいURLを入力して「GO!」をクリック。
validate

正しく設定できていれば思い通りの表示になっている。

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

SNSからの流入はアクセスアップにつながるので、SNSでの見栄えを良くし、アクセスアップに繋げたいですね。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク