wpXクラウドにXdomainで取得した独自ドメインを設定する方法


ドメイン認証

WordPressでブログをはじめるのにおすすめ「wpXクラウド」。
関連:「wpXクラウドでサーバを契約する手順と独自ドメインでhttpsに対応する方法 | 経験知

wpXでもドメインを取得できますが、年間のドメイン代を少しでも節約したい場合は他社のドメインを使うこともできます。

ここでは、wpXクラウドにXdomainで取得したドメインを設定する方法を紹介します。

スポンサーリンク

Xdomainでの設定

wpXと同じXSERVERが運営するドメイン取得サービスが「Xdomain
」です。

Xdomainでドメインを取得する方法は過去記事で書いていますのでそちらを参考に取得してください。
関連:「Xdomainで独自ドメインを取得する方法 | 経験知

Xdomainの管理画面で、取得したドメインの「ドメイン管理」をクリック。
管理画面

※ドメインの紐付けはネームサーバーの変更をオススメします。wpXクラウドは、プランを変えた時にIPアドレスが変わる可能性があるので、AレコードなどだとIPアドレスを変える手間が後々かかる可能性があるからです。

「ネームサーバーの確認・変更」をクリック。
ネームサーバーの確認・変更

「ネームサーバーを変更する」をクリック。
ネームサーバーを変更する

「利用サービス」で「wpXレンタルサーバー/wpXクラウド」を選択し、「ネームサーバーの変更(確定)」をクリック。
ネームサーバーの変更

これでXdomainでの変更は完了。
設定完了

wpXでの設定

wpXの管理画面を開き、
左メニューの下の方にある「ドメイン追加設定」をクリック。
ドメイン追加設定

「ドメイン追加」のタブをクリックし「他社管理のドメインを取得する」をクリック。
他社管理のドメインを取得する

取得したドメインを入力し、トップレベルドメインをプルダウンから選択、Whois情報にチェックが入っていることを確認し、「ドメインの追加(確認)」をクリック。
ドメインの追加

「ドメインの追加(確定)」をクリック。
ドメインの追加

「追加したドメインにWordPressをインストールする」をクリックしてインストールを開始します。
WordPressをインストールする

ここから先は別記事で紹介しています。
関連:「wpXクラウドでサーバを契約する手順と独自ドメインでhttpsに対応する方法 | 経験知

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

wpXクラウドにXdomainで取得した独自ドメインを設定する方法を紹介しました。

wpXで取得できるトップレベルドメインの種類は少ないので、こだわったドメインを取得するにはwpX以外のドメイン代理店で取得する必要があります。

しかし、他社ドメインを使うには設定する項目が増えるので、年額の料金、取得したいドメイン、どこまで作業できるかを踏まえて他社ドメインを使うかどうか判断しましょう。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク