第8回 Hello world!|ドットインストールでiPhoneアプリ作成を勉強


hello worldロゴ
前回(第7回 Xcodeのナビゲーターについて|ドットインストールでiPhoneアプリ作成を勉強)はナビゲーターについて書いたので、今回はストーリーボードを使って「Hello world」を表示させるアプリを作る過程を書きます。

スポンサーリンク

ストーリーボードを表示させる

ストーリーボードを表示させるためにナビゲーターの「MainStoryboard.storyboard」をクリック。シーンのアウトラインを表示させるために左下の三角をクリック。
ストーリーボードのアウトラインを表示

シーンのアウトラインが表示された。
シーンのアウトラインが表示された

ユーティリティーエリアについて

xcode右上のViewアイコンの一番右側をクリックし、ユーティリティーエリアを表示させる。
ユーティリティーエリアの表示

ユーティリティーエリアの下記赤枠部分は、選択しているオブジェクトの情報を表示するエリア。
ユーティリティーエリアのオブジェクト情報

下記赤枠部分は、様々な部品群があるエリア。コード、オブジェクト、画像などが置いてある。
ユーティリティーエリアの部品群

hello worldの表示

ユーティリティーエリアのボックスをクリックし、下にスクロールして「Label」を探し、それをストーリーボードへドラッグ&ドロップする。
ハローワールドの表示

ストーリーボード内に「Label」が置かれるので、ダブルクリックして内容を編集。ここでは「hello world」と入力。ストーリーボードにhello worldを入力

xcode左上の「Run」ぼたんをクリックするとシミュレーターが立ち上がってシミュレーター内に「hello world」が表示された!

xcodeでhello worldを表示させた

今回のレッスン元ページ

#06 Hello Worldアプリを作ろう | iOSプログラミング入門


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク