第15回 アプリに地図を表示させる|ドットインストールでiPhoneアプリ作成を勉強


前回(第14回 アプリに画像を表示させる|ドットインストールでiPhoneアプリ作成を勉強)では、アプリに画像を表示させました。今回はアプリに地図を表示させます。

スポンサーリンク

フレームワークを追加する

地図を表示するには地図用のフレームワークを2つ追加する必要がある。
ナビゲーターのプロジェクトをクリックし、表示された部分を下にスクロールしていくと
「Linked Freamworks and Libraries」という項目があるので、「+」マークをクリック。
地図フレームワークの追加

フレームワークの一覧が表示されるので、検索バーに「Map」と入力すると「MapKit.framework」が出てくるので、選択して「Add」をクリック。
MapKit.frameworkを追加

更に「CoreLocation」と入力し、「CoreLocation.framework」が出てくるので、選択して「Add」をクリック。
CoreLocation.frameworkを追加

ナビゲーションに上記2つのフレームワークが追加されているので、わかりやすいように「Frameworks」フォルダに移動させる。
Frameworksフォルダに移動

地図をアプリに表示させる

ストーリボードを表示させ、ユーティリティーエリアの「Object library」をクリックし、「Map View」を地図を表示させたい画面にドラッグ&ドロップ。
MapViewを画面に追加

以上でマップを表示できるようになったので、シミュレーターを起動して動作を確認。
IOSシミュレータで地図が表示されるか確認

以上がアプリに地図を表示させる手順です。

今回のレッスン元ページ

#17 地図を表示する | iOSプログラミング入門


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク