経験知ロゴ

Xcode5のXVimで.vimrcを使用する

A0002 001656
Xcode5でVimのキーバインドを使えるようになるXVimのインストール方法
で紹介したXVim。「.vimrc」を使ってキーバインドを自分用にしたいなと思ったので、XVimで使用する方法を紹介します。

設置場所

ホームディレクトリに設置します。

~

あるいは

/Users/ユーザ名

.xvimrcを作成する

通常のVimはファイル名を「.vimrc」にしますが、XVimの場合はxが付き、「.xvimrc」というファイル名にします。

わからないことは人に聞こう

プログラミングをする上で、わからないことはネットなどを使い自分で調べる技術が必要ですよね。

時間がかかっても、ある程度のことは解決できます。

しかし、どうしても答えにたどり着けなかったり、探す時間が惜しいときもあります。

そこでオススメなのが無料登録でプログラミングに関する質問ができるテラテイルです。

質問の投稿にコードも投稿できるので、自分のコードを投稿して問題のある箇所を指摘してもらうことができます。

プログラマーには、自分で探す技術も必要ですが、人に聞く技術は更に重要です。

登録無料で質問できますので、テラテイルで質問する力を磨いてみましょう!

おわりに

XcodeでVimのキーバインドでコードが書けるようになるXVim。「.xvimrc」を使うことで更に便利になるので是非自分用にカスタマイズしてみてください!

▼役に立ったらシェアをお願いします