経験知ロゴ

日々の経験を知識として発信するブログ

MacBook ProとFlexScan EV2780の組み合わせでスリープ解除が遅い、解除されない問題の解決策

EV2780

2017年2月現在、数少ないUSB-C接続可能な外付けディスプレイである「FlexScan EV2780」。

MacBook Pro Late 2016 Touch Barモデルと組み合わせ、クラムシェルモードで使っているのですが、お互い新製品だけあって様々な不具合が生じています。

ほとんどの不具合は解消したのですが、スリープをしてから表示に時間がかかることや、スリープが解除されているのに画面が表示されずディスプレイがスリープ状態になってしまう不具合は残っていました。

AppleとEIZOに問い合わせたところ、EIZOの回答にあった方法を試したらスリープ問題が気持ちよく解決したのでその方法を紹介します。

FlexScan EV2780の設定

FlexScan EV2780のCompatibility Modeを変更することでスリープ解除問題は解決しました。

まず、MacBook Proのシステムを終了させておきます。

モニター全面の電源ボタンを触り、モニターの電源を切ります。
モニターの電源を切る

一番左側のスイッチに触れながら、電源スイッチに2秒以上触れます。同時に触ると失敗するので、左に触れてから電源スイッチを触るようにしましょう。2秒以上触るとモニターの電源が入ります。
電源ボタンに触れる

上下操作スイッチで「Compatibility Mode」を選択し、チェックマークに触れます。タッチパネルになれているとディスプレイを触ってしまいますが、触る部分はモニターの縁部分なので注意が必要です。
Compatibility modeを選択

左右操作スイッチで「ON」を選択し、チェックマークに触れます。
Compatibilitiy Mode をONにする

「Administrator Settings」メニュー画面に戻るので、上下操作スイッチで「Apply」を選択し、チェックマークに触れます。
Applyを選択

これでモニターの設定は終了で、あとはMacBookを起動すればOKです。

スリープからの復帰が速くなっているはずですよ。

おわりに

スリープからの復帰が遅いのは地味にイラッとしていました。

復帰ができずモニターがスリープ状態になったら画面をぶん殴りそうな勢いでしたからね。

今までは画面右上に表示される「USB-C」が消えるまで画面が表示されることはなかったのですが、この設定をしたら「USB-C」が表示されている状態で画面が表示されるようになりました。

とても快適です。

スリープから復帰しないということもなくなり、ようやく普通に使える状態になりました。

▼この記事をシェアできるリンク


▼このブログをフォロー・RSS購読できるリンク