経験知ロゴ 経験知トップへ

SPARKの操作方法:フライトモード、ステータスインジケータ、3D感知とビジョンシステム編

DJI SPARK操縦方法

DJI SPARKを購入してドローンの楽しさにハマっているのですが、分かりやすい説明書がないので細かい機能の仕組みや設定方法がいまいち分からず苦労しています。

ちゃんと使いこなしたいので英語の説明書を読み解くことにしました。

この記事は、個人的に必要だと思った操作方法や設定をまとめています。

※Google翻訳を使っての日本語訳なので、間違いなどあると誤操作に繋がる可能性があります。なので、参考にする場合は自己責任でお願いします。

内容は、ユーザーマニュアル1.0、iOSアプリのバージョン4.1.2です。
説明書はこちらのページの「ダウンロード」から取得できます。 Spark - スペック、FAQ、チュートリアル、ダウンロード

フライトモード

SPARKではPモード(ポジショニング) Sモード(スポーツ)の2つのモードがあります。

Pモード(ポジショニング)

Pモードは、GPS信号が強いときに最も効果的です。 SPARKはGPSを利用することで自動的に安定化し、障害物の間を移動することができます。

このモードでは、QuickShot、TapFly、ActiveTrackなどのインテリジェントフライトモードが有効になります。

前方障害物感知が有効になり、照明条件が十分な場合、最大視野角は15°で、最大視界速度は6.7 mph(10.8 kph)です。 前方障害物感知が無効になっている場合、最大視野角は15°で、最大視界速度は13.4 mph(21.6 kph)です。

SPARKは、GPS信号が弱く、照明システムがビジョンシステムにとって暗すぎる場合は自動的にATTIモードに切り替わり、障害物を自動的に回避することはできず、高度を制御するための測位のためだけに気圧計を使用することはできません。

インテリジェントフライトモードはATTIモードでは利用できません。

注:Pモードは、高速を達成するために大きなスティックの動きを必要とします。

スマホだと速度が上げられないんですね。

Sモード(スポーツ)

SPARKはGPSを使用して測位を行います。

前方障害物感知が無効になると、SPARKはスポーツモードで障害物を感知し回避することができなくなる。

インテリジェントフライトモード、パノモード、シャローフォーカスはスポーツモードでは使用できません。

注:SPARKの応答は、敏捷性とスピードのために最適化されており、スティックの動きに反応しやすくなっています。

注意

  • Sモード(スポーツ)では3Dセンシングシステムが無効になっています。つまり、SPARKは自動的に障害物を避けることができません。
  • Sモード(スポーツ)では、最大速度と制動距離が大幅に増加しています。
  • 無風状態では最低30mの制動距離が必要です。 Sモードでは下降速度が大幅に向上します。
  • Sモード(スポーツ)では飛行機の応答性が大幅に向上します。これは、リモコンの小さなスティックの動きがSPARKの大きな移動距離になることを意味します。 警戒しながら、十分な機動スペースを維持する。

  • Sモードは、送信機でのみ使用できます。 Sモードは、モバイルデバイスで動作するときは無効です。

  • 送信機の真ん中にあるSPORTボタンをスライドさせてオンオフを切り替えられます。
  • リモートコントローラのフライトモードスイッチを使用してSPARKのフライトモードを選択します。

ステータスインジケータ(LEDランプ)

スパークには前面LED(カメラ側)とステータスインジケータがあります。 これらのLEDの位置は、下の図に示されています。

LED

フロントLEDは、機体の向きと一部の機能の状態を表示します(詳細については、ジェスチャーモードの「機能の説明」を参照してください)。

SPARKの前面または向きを示すために、SPARKの電源がオンにされると前面LEDが赤く点灯します。

ステータスインジケータは、ライトコントローラのシステムステータスを伝えます。ステータスインジケータの詳細については、下の表を参照してください。

通常

赤、緑、黄色の交互点滅電源投入と自己診断テスト
黄色と緑色の交互点滅ウォーミングアップ
ゆっくりとした緑色の点滅GPS付きPモード
緑2つの点滅Pモードとビジョンシステム
遅い黄色点滅GPSとビジョンシステムがない
速い緑の点滅制動

警告

速い黄色の点滅リモートコントローラの信号損失
ゆっくりとした赤の点滅低バッテリ警告
速い赤の点滅重大な低バッテリ警告
赤の点滅IMUエラー
赤の点灯クリティカル・エラー
赤と黄の交互点滅コンパスの較正が必要

3D感知とビジョンシステム

スパークには、3Dセンサーシステム(図1)が装備されています。3Dセンサーシステムは、飛行中の障害物をスキャンします。

ビジョンシステムの主要コンポーネントは、SPARK本体の下側にあります。 これには、カメラ(図2)と3D赤外線モジュール(図3)が含まれます。

センサー図

ビジョンシステムは3D赤外線モジュールと画像データを使用してSPARKの現在位置を維持し、屋内またはGPS信号が利用できない環境での正確なホバリングを可能にします。

3Dセンシングシステムは常に障害物をスキャンし、照明が十分であればSparkが障害物を避けるようにします。

検出範囲

3Dセンシングシステムの検出範囲を以下に示します。

SPARKは、検出範囲内にない障害物を検知または回避することができないことに留意されたい。

検出範囲

ビジョンシステムの使用

ビジョンシステムは、SPARKの電源がオンになると自動的に作動します。これ以上のアクションは必要ありません。

ビジョンシステムは、GPSが利用できない屋内環境で使用できます。 ビジョンシステムを使用すると、SPARKはGPSなしでも正確にホバーできます。

ビジョンシステムを使用するには、以下の手順に従ってください。

1.SPARKがPモードになっていることを確認し、SPARKを地上に置きます。 視覚システムは、明確なパターンの変化がないサーフェス上では正しく機能しません。

2.SPARKの電源を入れます。 離陸後、SPARKは所定の位置に移動します。 SPARKステータスインジケータは緑色に2回灰色表示され、ビジョンシステムが動作していることを示します。

3Dセンシングシステムを搭載しているため、前方に障害物が検出されたときに、機体を積極的に制動することができます。

3Dセンシングシステムは、照明が適切で障害物がはっきりとマークされているかテクスチャがついているときに最も効果的です。

十分な制動距離を確保するためには、SPARKは6.7マイル(10.8キロ)以上でなければなりません。
3D感知システム

注意点

3Dセンシングとビジョンシステムの性能は、表面の種類によって動作が異なります。

GPSまたはビジョンシステムが利用できない場合、SPARKは自動的にPモードからATTIモードに切り替わります。

次のような状況でSparkを操作する際は注意してください。

  • 0.5メートル以下の高速で飛行する。
  • 単色の表面上を飛行する(例えば、黒、白、赤、または緑)。 非常に活発な表面を飛ぶ。
  • 水または透明な表面上を飛行する。
  • 移動するサーフェスやオブジェクト上を飛ぶ。
  • 照明が頻繁にまたは急激に変化する領域で飛行する。
  • 極端に暗い(lux <10)または明るい(lux> 100,000)の表面を飛ぶ。
  • 透明な模様やテクスチャのないサーフェス上を飛ぶ。
  • 同一の繰り返しパターンまたはテクスチャ(例えば、タイリング)を有する表面上を飛ぶ。
  • 小さな物体やne物体(例えば枝や動力線)を飛行する。
  • 地上2メートルで6.7マイル(10.8キロ)以上の速度で飛行する。

注意点2

センサーは常に清潔に保ってください 汚れやその他の破片は、その有効性に悪影響を及ぼす可能性があります。

ドローン操縦の資格を取って自分の好きを仕事にしよう

ドローン業界が盛り上がっていますが、圧倒的な人手不足となっています。

ですが、数年後には人材は増え、ドローンを扱う職種に就きにくくなるでしょう。

ドローンの操縦士になるには、人手が全く足りていない今が最大のチャンスなのです。

今すぐドローン操縦を完璧に学び、他の人より早く実践的な仕事に就くことで、後からドローンパイロットになった人には超えられない経験を積むことができます。

その経験の差が、この先もドローンパイロットとして生きていくための財産となるでしょう。

ドローンパイロットを目指すには、今、この瞬間の決断が重要なのです。

ドローンの資格を取るなら国内最大級のドローンスクール『ハミングバード』



おわりに

かなり量が多いので別の記事にもまとめます。

SPARKの購入は保証とサポートがしっかりしたDJIオンラインストアがオススメ!

続きの記事 → SPARKの操作方法:RTH(リターントゥホーム)編

▼役に立ったらシェアをお願いします