経験知ロゴ

日々の経験を知識として発信するブログ

iOS8.1.1がリリース!iPad2とiPhone4Sで安定性が向上!

iOS8.1.1
2014年11月18日の早朝にiOS8.1.1がリリースされました!

その内容を紹介します!

こちらの記事も要チェック!

発表内容

公式に発表されている内容は

このリリースには、バグの修正、iPad2およびiPhone4Sでの安定性の向上およびパフォーマンスの改善が含まれます。

だけ。iPhone6で使ってみましたが、特に目立った変化なし。

iPad2およびiPhone4Sに関しては、iOS8にアップデートして動作がもっさりするようになったようなので、それが改善される予感。iPhone4Sは持っていないので確認できないのが残念。

Twitterを眺めていると改善を「多少実感した」、「体感的に変わらない」などのツイートが多く、目に見えたパフォーマンスの改善は無さそう。

iOS8.0.1にアップデートをしたらiPhoneが起動しなくなったりTouch IDが使えなくなったりなどの問題があったが、今回のiOS8.1.1に関しては今のところ大きな問題は報告されていないので、アップデートをしても大丈夫そう。

僕自身アップデートして特に問題は感じていない。

Wi-Fiが遅い問題

iOS8からの問題で、僕も散々悩まされこのブログでも取り上げた。
iPhone6 (iOS8)でWi-Fi接続が不安定、遅い場合に試してもらいたい3つの設定

僕に関してはこの問題はiOS8.1のリリースで改善された。
iOS8.1がキタ!Wi-Fiが繋がりにくい、遅い、問題が解決へ!

しかし、依然この2つのページヘのアクセスが多く、それだけの人がWi-Fiの遅さに不満を持っているのが分かる。

いろいろ調べたり試してみた結果、ルーターを11ac・周波数5GHz対応のルーターにし、周波数を5GHzにするのが一番よい対応だと考える。

iOS8.1のリリース時にはアップデート内容にWi-Fiの改善が明記されていたが、今回はなにも書かれていない。「バグの修正」の中に含まれている可能性があるので、Wi-Fiに問題を抱える人はアップデートをオススメする。

iPad2、iPhone4SのユーザーはWi-Fi周りの恩恵があるかもしれない。

セキュリティアップデートについて

脱獄していないiPhoneでもインストール済みアプリが第3者に書き換えられてしまう脆弱性が見つかるなど(インストールの催促に注意! iPhoneにインストールしたアプリが書き換えられる恐れ。 – たのしいiPhone! AppBank)セキュリティ面でも不安がでてきたiOS端末ですが、今回のアップデート内容にセキュリティ改善の内容は明記されていない。

Apple セキュリティアップデート 」には、

Apple では、ユーザ保護の観点から、徹底的な調査が完了して必要なパッチやリリースが利用可能になるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。Apple セキュリティアップデート より

とあるので、セキュリティアップデートの内容の記載がないということはiOS8.1.1では上記脆弱性の対応はされていなさそう。

メールなどで送られてくるURLを簡単に開いたり、不必要なアプリはインストールしないなどの自衛策が求められる。

おわりに

iOS8で新しい機能が多数追加され、安定性やパフォーマンスが不安定だったのが、ようやく改善されてきたようです。

アップデートはセキュリティ上必ず行ったほうが良いですが、完全に動作する補償がないので、ネットなどで調べてからアップデートすることをオススメします。

今回のアップデートでWi-Fiの速度に問題を抱えている人のWi-Fi周りが改善するといいな〜

▼この記事をシェアできるリンク


▼このブログをフォロー・RSS購読できるリンク