iPhone6を一週間使って感じた良いとこ、悪いとこ


iPhone6画像
iPhone6を手に入れてから一週間経ちました。

iPhone5から二年ぶりの買い替えとなり、楽しく過ごせました!

一週間使ったことでいろいろな気付きがありましたので紹介します。購入を検討している人の参考になればと思います。

追記:4ヶ月目の使用感も書きました→iPhone6を4ヶ月使って感じた良いとこ、悪いとこ
追記終わり。

【こちらの記事も要チェック!】
iOS8.4.1がリリース!Wi-Fi速度低下や不具合もなく、IIJmioも使える!
iOS8.4がリリース!Wi-Fi速度低下や大きな不具合もなく、IIJmioも問題なく使える!
iOS8.3がリリース!Wi−Fi周りが改善し、IIJも問題なく使える。不具合情報も紹介
iPhone6、6Plusが再び値上げ!発売当初の価格と比較してみた
iOS8.2がリリース!Wi-Fi速度低下や不具合もなく無事アプデート完了!IIJmioも問題なく使える!
iPhone6を4ヶ月使って感じた良いとこ、悪いとこ
iOS8.1.1がリリース!iPad2とiPhone4Sで安定性が向上!
iPhoneに着信があると他のiPhoneやiPadまで音が鳴る問題の解決策
iOS8.1のiPhone6でIIJmio(みおふぉん)の格安SIMは問題なく使える!
iOS8.1で話題になっていないキーボード設定が著しく改善した件

スポンサーリンク

不満点、悪いとこ

iPhone6を使っていてこれはどうなの?と感じた所を紹介。(iPhone5基準)

ロックスイッチの位置がいまいち

iPhone6からロックスイッチが上部から側面に位置が変わり、ロックする際に反対側にある音量ボタンを押してしまう。
iPhone6ロックスイッチが反対側も押してしまう

意図せずボタンを押してしまう不快感もあるし、音量が変わってしまうのが厄介だ。

動画を再生する際に音が出ないと思ったら音量が最小になっていたことが多々ある。幸いなことに音量を上げるボタンを押しておらず、動画を再生したら音量MAXという自体は今のところ無い。

本体が大きくなっても上部にあったほうが押しやすかったと思う。

音量ボタンを押さずロックする方法を身につけねば。

シャッター音が大きい

iPhone6になってから明らかにシャッター音が大きくなった。写真やスクリーンショットを撮った時に自分でもびっくりする大きさ。

iPhone5の時はスピーカー部分を指で押さえれば殆ど聞こえないぐらいまでなっていたが、iPhone6でこのワザを使っても殆ど変わらない。

ラーメンや食べ物の写真を撮る時に音が大きいのは他の人の迷惑になるし、恥ずかしいのでこれは少し困る。

しかし、盗撮や犯罪防止の観点からすると必要な機能だと思うので仕方ないか…。

因みに香港版など、一部の海外のiPhoneではマナーモードにするとシャッター音が無くなるらしい。

大画面に対応したアプリが少ない

画面が大型化したことによって、新しい画面サイズに対応していないアプリは以前の画面サイズが拡大表示されてしまう。

見た目も良くないし、画面に表示される情報量が変わらないので、大画面を使い切れないもどかしさを感じている。

よく使うアプリのFeeldyやCrome、Gmail、Google+、LINE、Facebook、SmartNewsなどが対応していないのが痛い。

これは、iPhone4でRetinaディスプレイになった時やiPhone5で画面サイズが縦に大きくなった時と同様致し方無いところもあるので、アプリのアップデートを気長に待とう。

Wi-Fiが繋がらない、不安定、遅い

iPhone6にして最大の不満がこれ。せっかくCPUも高速化したのに通信が遅いことでストレスMAX。

LTEだとストレス無く通信できるので尚更。

iPhone6の問題というよりiOS8の問題のようだがAppleも問題を認識して対応中(iPhone6 (iOS8)のWi-Fiの不具合についてAppleサポートに電話で聞いてみた)ということなので、早期解決を祈りつつ待つ。

どうしても気になる場合はこちらの方法をお試しを「iPhone6 (iOS8)でWi-Fi接続が不安定、遅い場合に試してもらいたい3つの設定

良い点

iPhone6に変えて良かった点を紹介。

カメラ性能のアップ

iPhone5からだと、カメラ性能のアップは非常に嬉しい。

オートフォーカスの速度はめちゃくちゃ早く、iPhoneを構えて被写体を捉えたら一瞬でフォーカスが合いシャッターを切ることができる。iPhone5の時はフォーカスに時間がかかり、慌てて撮るとピントが合っていないということが多々あった。

バーストモードでは、シャッターを押している間ひたすら撮り続けてくれるので、イルカのジャンプシーンなど、一瞬を逃せない時にすごく便利。管理の方法もカメラロールに全部の写真が出るのではなく、バーストモードで撮った写真がひとまとまりになっているので扱いやすい。

スローモーションもお気に入り。スーパースローカメラのような動画が簡単に撮れるので、サッカーのリフティングを教える際に、子どもがリフティングしている所をスローモーションで撮影し、ボールが足に当たる瞬間足が固定されず、ぐらついているのを見せるのに調度良い。スポーツの指導に使いやすい。

タイムプラスはまだ使う機会がないが、山に登って時間がある時に試してみたい機能だ。

画面が綺麗になり見やすくなった

太陽の下でも、明るさをMAXにすると画面がちゃんと見えるのが凄く良い。

iPhone5では太陽の下で写真を撮る時、明るさをMAXにしても画面が見えず、感で撮影していたので、画面をしっかり見て撮影することができる。

画面の大きさ

画面が大きくなったことによって、一画面に表示される情報量が多くなったのが良い。

メッセージアプリではキーボードが表示されると、返信元のメールを見難くなるのが、画面が大きくなったことによって多少良くなった。

Touch IDが便利

ホームボタンを触ったままでロック解除されるのがとても快適。

一つの動作の改善だが、iPhoneのロック解除は常に行うことなので、Touch IDの搭載はiPhone6に変えて一番満足しているとこだ(5sからの搭載だが)。

そして1Password(1Password – AgileBits Inc.)の解除やアプリをダウンロードする際のApple IDの入力をTouch IDで完了できるのも大きい。

僕のApple IDのパスワードはランダムな文字列にしているので、覚えにくい。Apple IDを入力する際は1Passwordを立ち上げ、パスワードを入力し、Apple IDのパスワードをコピーして貼り付けるという動作をしていたので、指紋認証一つで終わるのはとてもありがたい。

一つ不満なのが、iPhoneを再起動するとアプリでTouch IDを使う際、一度パスワードを入力する必要があること。これが解消できたらもっと使いやすくなるのにな。

使っていない機能

画面が大きくなったことによってホームボタンを2回タップすると画面が下に下がってくる機能があるが、アプリのUIとしてよく使う「戻る」ボタンが画面上部にあるので、しょっちゅうホームボタンを2回タップするのは煩わしいので、この機能は全く使っていない。

どうせならホームボタンを2回タップで「戻る」機能を使えたら良いと思う。

スポンサーリンク

おわりに

iPhone6になって画面サイズが変わったことによる特有の満足点、不満点、が出ているが、やはり新しい機種は使っていて楽しい!

これから2年間(もしくは1年間!?)大切に使っていきたい。

ただ、Wi-Fiに関しては早急の改善をして欲しい><


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク