「LINE Pay」の「LINE Cash」と「LINE Money 」の違いについて


LINE Pay cashとmoneyの違い
LINEが手がけるスマートフォン決済サービスの「LINE Pay」。

友達とのお金のやりとりや、LINE Payに対応したECサイトでの買い物が簡単にできる便利なサービスです。

LINE Payを使う上で「LINE Cash(ラインキャッシュ)」と「LINE Money(ラインマネー)」の2つの単語がでてきますが、どちらも同じような名前で分かりにくかったので、この2つがどのように違うか紹介します。

【こちらの記事も要チェック!】
LINEでGmailやTwitterと連携し、受信や返信を行う方法
LINEのタイムラインに表示される広告を非表示にする方法
PC版のLINEでスタンプを削除したり並べ替えたりする方法について
iPhoneでLINEスタンプをプレゼントする方法
カナヘイのLINEスタンプをリリース順にまとめてみた
LINEでメッセージを開かずに既読にする方法
LINEで特定の人のトークを一番上に固定する方法
LINEをパソコンやMacで使う方法
LINEにメールアドレスを登録しアカウントを作成する方法
LINEで「An error has occurred.」というエラーが出る問題の解決策

スポンサーリンク

「LINE Cash」と「LINE Money 」の違い

LINE Payを登録して最初に使えるのが「LINE Cash」で本人確認が終わった後「LINE Cash」は「LINE Money」になる。

「LINE Cash」

銀行口座などからチャージすることができ、商品の決済のみ使用できる。

「LINE Money 」

住所の登録や免許証などの身分証の確認を完了すると「LINE Cash」が「LINE Money」になり、

・残高限度額の解除
・LINEの友達への送金
・LINE Moneyの残高を銀行口座に出金

の3つの機能が追加で使えるようになる。LINE Moneyの出金手数料は2014年12月16日現在で200円(税込216円)の出金手数料がかかる。

スポンサーリンク

おわりに

身分証など本人確認をすることによって限定的な「LINE Cash」から便利な機能が使える「LINE Money 」に変わるということですね。

どちらも似たような意味合いの言葉なので、理解するまでややこしいですね。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク