「LINE Pay」の手数料について


LINE Pay 手数料
LINEの友達に24時間手軽にお金のやりとりができて便利なLINE Payですが、気になるのは手数料。

便利なサービスでも手数料を取引ごと取られてしまったら利便性は無いですよね。

気になるLINE Payの手数料について紹介します。

【こちらの記事も要チェック!】
LINEでGmailやTwitterと連携し、受信や返信を行う方法
LINEのタイムラインに表示される広告を非表示にする方法
PC版のLINEでスタンプを削除したり並べ替えたりする方法について
iPhoneでLINEスタンプをプレゼントする方法
カナヘイのLINEスタンプをリリース順にまとめてみた
LINEでメッセージを開かずに既読にする方法
LINEで特定の人のトークを一番上に固定する方法
LINEをパソコンやMacで使う方法
LINEにメールアドレスを登録しアカウントを作成する方法
LINEで「An error has occurred.」というエラーが出る問題の解決策

スポンサーリンク

LINE Pay の手数料

LINE Payをチャージしたり友達に送金、割り勘したりする場合の手数料は「無料」。

但し、出金手数料は2014年12月現在 200円(税込216円)となっている。

お金を引き出すこと以外は手数料無料で出来るということだ。

※LINE Moneyを受け取ったり、出金したりする場合は本人確認をする必要がある。

お店側の手数料

ECサイトを運営してLINE Payを使い決済をしたい業者の場合は

決済手数料は月額100万円未満であれば無料、100万円を超えた分は物販であれば3.45%、デジタルコンテンツであれば5.5%、トランザクションフィーは無料となっている。手数料は2年間無料とし、その後も国内主要決済サービスより割安の3.45%に設定する予定だ。TechCrunch

他のサービスより安いようだ。

スポンサーリンク

おわりに

ユーザーとしては引き出すこと以外は無料ということで使いやすそう。

頻繁に引き出していると手数料が勿体無いので、引き出すのはある程度貯まるまでの数ヶ月に一度とかになりそうですね。

引き出すのに手数料を掛けることで引き出す頻度が少なくなり、キャシュがLINE内に貯まる仕組みはLINEにとってとてもおいしいですよね。先にキャッシュが入るのはキャッシュフローが良くなりますからね。

人と人のコミュニケーションから様々な事業に展開していくLINEはまだまだ伸びそうです。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク