経験知ロゴ 経験知トップへ

SONYのαシリーズでチルト機構を使うと液晶が消える場合の対処法

Α7S Ⅱのファインダービュー

α7SM2で写真を撮影しているのですが、液晶モニターが突然消える現象に出くわしました。

その現象はチルト機構を使っているときに起こっているようです。

原因を探したところ、消える理由が分かったので、消える理由と対処法を紹介します。

消える理由はアイセンサーが反応しているから

αシリーズには、ファインダーを覗くと液晶モニターが消えファインダーモニターが表示されます。

その切り替えは、ファインダーの上にあるアイセンサーが行っています。
アイセンサー

この部分を隠すと液晶モニターが消え、ファインダーモニターが表示されるのですが、このセンサーがかなり敏感なのが液晶モニターが消えてしまう原因です。

本来なら目を押し当てた時に反応してくれれば良いのが、かなり離れたところでも反応してしまうのです。

アイセンサーが遠くの手に反応している動画を撮影しました。

ファインダーに顔を当てる距離より遠くなのに液晶モニターが消え、ファインダービューが表示されているのが分かると思います。

これだけ離れても反応するので、チルト機構を使ってローアングルから撮影するときに、アイセンサーが足や被せた手に反応しているのが液晶モニターが消える原因でしょう。

液晶モニターとファインダービューの自動切り替えをオフ

この問題を解決するには、液晶モニターとファインダービューの自動切り替えをオフにする方法があります。

自動切り替えをオフにするには、α7S Ⅱの場合、「MENU」を開き「歯車マーク」→「3」→「FINDER/MONITOR」で設定することができます。
ファインダーの自動切り替えをオフ

オートだとアイセンサーが反応して自動で切り替え、ファインダーのみにするとファインダーだけ、液晶モニターのみにすると液晶しか表示されません。

ファインダーのみにするとファインダーを覗かないと設定が見られなくなるので注意が必要です。

液晶モニターのみも電池の減りが早くなる可能性があるので注意してください。

おわりに

他のメーカーはチルト機構を使うとファインダービューは自動的にオフになり液晶モニターのみ使えるようになる機能があるようです。

まぁ、SONYなのでそういう細かい使い勝手やソフト面は壊滅的にダメダメなのでしょうが無いですね。

SONY製品を使うのには我慢とダメなソフトを使いこなす技術が必要なのです。

続きの記事 → デジタル一眼カメラのレンズのお手入れにオススメの用具一式。ハードケース付きで持ち運びも便利!

実際に買ったカメラ

デジタル一眼に関する記事をもっと見る>>

▼役に立ったらシェアをお願いします