モンベルのウィックロン靴下を履いた感想


モンベル ウィックロンアンクルソックス

夏の普段履き用にモンベルのウィックロン製の靴下を買いました。

モンベルの靴下は、冬用に買ったメリノウールの靴下を履いてみたところ、性能と品質にとても満足しています。
関連:「モンベルのメリノウール トレッキング ソックスを4ヶ月間履き回した感想 | 経験知

とても暖かいメリノウールの靴下ですが、さすがに夏は暑くて履くのは大変です。

そこで、夏用のくるぶしソックスの購入を検討しました。

最初はメリノウールの靴下を購入する予定でしたが、夏に暖かさはそれ程必要ないのと、ウィックロン素材を試してみたかったので、WIC.ウォーキング アンクルソックスを購入。

1週間ほど履き続けてみましたので感想を紹介します。

スポンサーリンク

ウィックロンの特徴

ウィックロンは、高い強度を持つナイロン芯糸を、クッション性・吸水拡散性に優れた素材で包み込んだモンベル独自の構造を採用し、優れた耐久性とは着心地の良さを両立し、洗濯しても効果が衰えない抗菌・防臭機能を備えています。

  • 滑らかな肌触り
  • 高い耐久性
  • 優れた吸水・速乾性
  • 抗菌・防臭効果

購入の経緯

はじめてウィックロン素材を触ってみた時の感想は、実はあまり良いものではありませんでした。

手で触ってみたところ、化学繊維的な少しザラッとした手触りで履き心地が良さそうとは思えなかったのです。

メリノウールの肌触りの良さを知っていると尚更そう感じるだろうなと思いました。

しかし、夏用に履くものなので、吸水・速乾性はとても魅力的です。

新しい物に挑戦するのも面白いので購入を決定しました。

厚さは中厚手と薄手があったのですが、今履いているクツを冬用のメリノウールの厚手に合わせて買ってしまったので、薄手にしてしまうとクツの中に隙間ができてしまうので中厚手にしました。
関連:「ジャングルモックがストリートでもアウトドアでも使えて超便利!スリッポンタイプで脱ぎ履き楽々♪ | 経験知

少しゆったりな感じになりましたが問題なく履けています。

履いてみた感想

購入して実際に履いてみると、スルッと気持よく履けたのが驚きでした。

肌触りもサラッとしていて、手触りで感じていたザラつきを全く感じることはありませんでした。

僕は足の汗をよくかく方なのですが、綿やメリノウールより汗を効率よく吸収してくれているようで、足汗のベタつきがかなり解消されました。

予想以上の性能にとても満足しています。

また、中厚手の靴下を購入したので、耐久性の高さも実感しています。

これならそう簡単に穴が空くことはないので5年ぐらいは使えそうです。1足1,100円と比較的高めですが、安い靴下は1年程度しか持たないので、5年使えるとするとほぼ同じか安くなるぐらいです。

しかも、履き心地や機能も良いので機能性の分ウィックロンの方が良い選択となります。

まあ、早い段階で失くしてしまうとかなりの金銭的損失ですがw

商品写真

購入した色は、左からブラック、ネイビー、ライトグレーです。
購入した色

つま先部分の縫い目はしっかりしていて、繋ぎ目部分が出っ張って親指や小指が痛くなることはありません。やすい靴下だと縫い目の出っ張りが小指にあたって痛いんですよね〜。
爪先部分

裏面は高密度のパイル構造になっていてクッション性を高めています。
裏面のパイル地

足首部分のゴムもしっかりしていてそう簡単にはヘタらなさそう。
足首部分

足の甲部分はメッシュ状になっていて通気性を高めています。上まで上げればくるぶしは全て隠れますが、歩いているとくるぶしの一番高いとこらへんで止まります。
実際に履いてみたとこ

写真撮影時の背景の違いで靴下の色が違うように見えますが、全て同じブラックになります。

実際に履いている最後の写真が実際の色に近いはずです。

スポンサーリンク

おわりに

今までの僕は安い靴下で十分だと思っていたのですが、高品質の靴下を履くことでその快適さを知ってしまい、もう安い靴下へ戻れなくなってしまいました。

良い靴下を履くだけで足の快適さは格段に上がります。

素肌が直接触れる部分なので、気持ちの良い物を履きたいですね。

ウィックロン素材への挑戦は大成功でした。これからは、夏はウィックロン、冬はメリノウールのくつしたでいきたいと思います。

通常タイプの靴下もあります。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク