経験知ロゴ

人工甘味料無添加ホエイプロテイン レビュー【BODYWING】

BODYWINGホエイプロテイン

体脂肪を落としつつ筋肉増強に挑戦しているのですが、1日に必要なタンパク質を食事だけで取ろうとするとなかなか難しいです。

プロテインバーを試してみて、洗い物が必要なかったり意外と美味しくて満足していたのですが、粉末タイプのプロテインも試してみることにしました。

粉末タイプのプロテインを調べたところ、人工甘味料や消泡剤、保存料など、いろいろなものが入っていることを知り、ちょっと躊躇したのですが、砂糖、合成甘味料、保存料、着色料、香料、増粘剤、消泡剤などの添加物が一切入っていない「BODYWING ホエイプロテイン無添加」を発見。

価格に関しても、一般的なプロテインは1kgで4,000円を超えるものがほとんどですが、税込2,890円(2022年9月現在)と安いのも魅力でした。

添加物が入っていない上に安いのは素晴らしいですね。

24gでプロテイン18gを1回で飲んだとすると、41杯で1杯あたり約70円という高コスパ。

実際に試してみましたので紹介します。

BODYWING ホエイプロテイン無添加の写真

Amazon だと送料無料。1kgのずっしりとした重さ。
ホエイプロテイン

裏面に計量用のスプーンもしっかりついてくる。すりきり8g。
裏面

自然な白さでとてもサラサラで扱いやすい。
粉

スプーンで混ぜると玉になるが、シェイカーを使えばしっかり溶けて玉にならず、滑らかな舌触りで飲める。
手で混ぜると玉になった

実際に飲んでみてよかったところ

BODYWING ホエイプロテインを実際に飲んでみてよかったところを紹介します。

自然な味で毎日飲める味

飲んで「美味い!」ということはないが、少し濃い自然なミルク風味で問題なく飲めます。

白米のように、それ自体の味が劇的に美味しい訳では無いが毎日食べられるような感覚です。

水に溶かして飲むこともできますが、牛乳に溶かしたほうがやはり美味しいので、僕は牛乳に溶かして飲んでいます。

僕は今まで毎日ミロを飲む週間があったのですが、ミロとプロテインで牛乳を2杯飲むのはどうかと思ったので、混ぜて飲んでみたところ最高でした!

ホエイプロテインのミルク感と、ミロのくどくない甘さがマッチして満足感が爆上がりです!

筋トレ後のプロテインが楽しみになるレベルで、キツイ筋トレもがんばれています!

ダマになりづらい

僕が15年以上前に飲んでいたプロテインは、シェイカーでしっかり混ぜても、少しダマになってザラッとした食感が嫌でした。

このプロテインは、シェイカーを使ってしっかりシェイクすれば、しっかり溶けて滑らかな舌触りで飲むことができます。

スプーンで混ぜるだけでは流石にダマになりますので、シェイカーを使うのをオススメします。

添加物が入っていない

僕は添加物の否定派というわけではないのですが、必要なのはタンパク質なので、それ以外の不要なものは無ければ無い方が良いという考えです。

消泡剤とか、泡を消すために使われる物質は、体に必要なわけではないので接種する必要は無いですよね。

添加物の良し悪しは諸説あり、僕自身結論は出していませんが、体にプラスになるわけではなくマイナスになる可能性があるのなら、進んで接種する必要はないというスタンスです。

BODYWING ホエイプロテインは、素直に無添加に特化しているのが気に入りました。

安い

毎日ちょっとずつ飲むものなので、安いに越したことはありません。

BODYWING ホエイプロテインは、無添加で余計なものが入っていないのに安いというのが素晴らしいですよね。

イマイチだったところ

イマイチだったところも紹介します。

泡立つ

このプロテインは、無添加なので消泡剤が入っておらず、泡立ちやすいです。

シェイクした後、液体の高さと同じぐらいの泡が出ますが、5分ほど放置しておくと表面にうっすら残るぐらいまで収まるので、僕はシェイクしてからしばらく放置して飲むようにしています。

おわりに

泡立ちやすいこと以外、特に問題なく美味しく毎日飲めています。

今まで粉のプロテインにはあまり興味がなかったのですが、良いプロテインを見つけることができて良かったです。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから