経験知ロゴ

室内の換気や冷え性対策におすすめ!アイリスオーヤマ サーキュレーター アイ mini PCF-SC12 レビュー

アイリスオーヤマ サーキュレーター

僕の部屋は、ゲーミングPC4KモニターMacBook Pro 2018が常にフル稼働しているのですが、排熱がなかなかで夏場はかなり暑くなります。

クーラーをつければよいのですが、冷え性なので足が冷えてしまうためあまりつけたくありません。

夜など外が涼しいときでも、窓を全開にしても空気が循環せず部屋の中は暑いままです。

なんとか外の空気と部屋の空気を効率よく循環させる方法はないかと探していたのですが、窓を開けた状態でサーキュレーターを使って外に空気を送ることで空気を循環させられることを知り、試してみることにしました。
空気の循環

購入したサーキュレーターは、必要最小限の機能で低価格中品質のアイリスオーヤマ製の「サーキュレーター アイ mini PCF-SC12」です。

4,928円(2020年6月現在)と手頃な価格で、8畳用と僕の部屋にちょうど良かったので購入を決めました。

実際に使ってみましたので紹介します。

商品写真

箱の外装はカラーではなくとてもシンプル。こういうところのコストカットはどんどんしてもらって商品を安くしてもらいたいので好感です。
箱の外装

中身を取り出し、思ったより小さくて驚きました。これでちゃんと送風できるのかと。
サーキュレーター本体

高さは約25cmなので、500mlペットボトル(高さ約23cm)より少し高いぐらいです。

首の角度は9段階で調整できます。

一番下の角度。
一番下の角度

上は真上までイケます。
真上まで

操作パネルもシンプルで、説明書要らず。
操作パネル

リモコン付きで内容もシンプル。
リモコン

羽部分。一見普通の扇風機のように見えますが、羽の角度がちょっと急なのかな?
羽部分

裏面。ここから空気を吸い込みます。
裏面

背面にはくぼみがあり、ここに指をかけて簡単に持ち運びできます。
持ち手部分

土台部分。このサーキュレーターは、首振りのとき、首部分ではなく矢印の土台が回転します。操作パネル部分ごと首振るので最初首振りを見たときは違和感がありました。
土台部分が回転する

底面はこのようになっています。
裏面

使ってみてよかったところ

部屋の温度が均一になり、足が冷えなくなった

僕は夏場にクーラーを付けるときの温度は、26〜28度の設定温度を行ったり来たりします。

27,28度で暑いときは26度まで下げるのですが、そうすると足が冷たくなって温度を上げる感じです。

30分〜1時間に1回ぐらいの頻度で温度を変えていると思います。

そんな状態でしたが、サーキュレーターを使って対角線上に下から上に向かって弱の強さで送風してみたところ、28度の設定温度でちょうど良くなりました!

足も冷えないし、上半身も暑さを感じずとても快適です。

外が暑すぎる日は27度にします。

27度だと足が冷たくなりはじめるのですが、それも無く非常に快適です。

更に驚いたのが、室内の温度計がクーラーの設定温度とピッタリになったこと。

今まではクーラーの設定温度プラス・マイナス1度ぐらいコロコロ変わっていたのですが、サーキュレーターを使いだしてからいつ見ても同じ温度です。
28度ピッタリ

クーラーを使うと、冷たい空気が下に行き、暖かい空気は上に溜まってしまうので室内に温度差ができてしまいます。

サーキュレーターによって部屋内の空気がかき回され温度が一定になったってことですね。

部屋の下部分に冷気が溜まるのが冷え性の原因なので、それが解消されたため足が冷えなくなったのです。

空気の循環一つでこれだけ快適になるとは思っていなかったので、想像以上の結果が出て満足。

僕の足の冷えは冬場がスゴイので、サーキュレーターを使えばかなり改善されるのではと期待してしまいます。

今年の冬が楽しみです。

軽量コンパクトで邪魔にならない

僕は空気清浄機も使っているのですが、空気清浄機は意外と大きく、部屋の中にあると少し圧迫感があります。

このサーキュレーターはとても小さいので、部屋の隅に置いてもじゃまにならず、圧迫感が増えません。

軽いので動かしたい時もサッと簡単に移動できるのもお気に入りです。

サーキュレーターは送風する角度で効果がかなり変わってくるので、持ち運びしやすいといろいろな位置からの送風を試行錯誤でき、満足行く結果が出せます。

静音性も満足

僕は弱で運用しているのですが、送風音はほとんど聞こえないのでストレスなく使えています。

送風部分に顔を近づけてようやくかすかに聞こえる程度です。

クーラーと併用していると、クーラーの音にかき消されてサーキュレーターの音は全くしません。

夜寝る時もつけたままにしているのですが、静かな夜でも全く気にならず、つけていることを忘れてしまいます。

風量を強にすると流石に聞こえますが、それでも日中送風音が気になることはありません。

静かな夜は運転しているのが分かる程度聞こえますが、一般の扇風機よりは遥かに小さな音だと思います。

使ってみてイマイチだったところ

換気はうまくいかなかった

購入するきっかけになった下記図のように外に向けて換気をしたのですが、期待通りの結果は得られませんでした。
空気の循環

僕の部屋の構造上、窓が床よりも高い位置にあるので、網戸スレスレのところにしか設置できなかったのが原因だと思います。

部屋の中央か中央からやや窓側の位置から送風しないと効果がなさそうです。

発熱の原因であるパソコン一式は窓から一番遠い場所にあるので、余計循環しづらくなっているんでしょうね。

窓の反対側の扉を開け、扉方向に送風する方法も試したのですが、廊下の先の空気の出口がないためか、こちらもうまくいきませんでした。

クーラー無しでもいけるぐらいが理想でしたが、クーラー運用も快適になったので良しとします。

電源コードの長さがあと1mは欲しい

電源コードの長さは約1.5mなのですが、高めの位置に置きたかったり入り口付近い場所に置きたい場合など、電源コードの長さが足りず設置できないケースがあります。

せめてあと1m長ければかなり柔軟に設置できるので、電源コードはもう少し長くしてもらいたかったです。

おわりに

不満点は電源コードの長さぐらいです。

部屋の空気をかき回すだけでこれだけ快適になるとは思いませんでした。

サーキュレーターは他にも、室内で洗濯物を乾かすときに直接風を当てることで乾きを速くしたり、隣の部屋に冷暖房の空気を送ったりなどにも使えます。

※新型コロナウイルス対策の換気にも使えるため、2020年6月時点で在庫がない店もかなりあり、品薄になっているようです。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから