sony ハンディカム HDR-CX670 の良いとこ悪いとこ


hdr-cx670
子どもたちのサッカーの試合動画を撮るために「SONY Handycam HDR-CX670」を購入しました。

決め手は「空間光学手ブレ補正」に惚れたから。デジタル処理で手ブレを軽減する光学手ブレ補正に加え、レンズ自体を宙に浮いた状態にし、物理的にブレを吸収する仕組みに驚きました。

ビデオカメラを手にするのは10年以上振りなのでその進化にも驚愕しましたし、そんなこともできないの!?と、がっかりしたところもありますので紹介します。

【こちらの記事も要チェック!】
ソニーハンディカムで風切音を激減させる方法
入学式や卒業式、子供の大切な思い出を撮影するのにオススメのビデオカメラ
ソニー ハンディカムでオススメの撮影モード
ソニー ハンディカム用レンズプロテクター VF-K46MP レビュー

2016年5月追記:ビデオカメラって風切音が結構凄いんですよね。そこで、ビデオカメラの風切音対策について記事を書きました。ハンディカムなら簡単に対策できます!
ソニーハンディカムで風切音を激減させる方法 | 経験知

スポンサーリンク

良いとこ

まずは良い所から。主にハード面が挙げられる。

空間光学手ブレ補正

ビデオ撮影において手ブレは最大の敵で、せっかく撮った映像も家で見たら手ブレがひどく軽く酔った気持ちにさえなる。

HDR-CX670に搭載されている空間光学手ブレ補正では、通常倍率時もそうだが、ズームをマックスにした際の手ブレがかなり軽減軽減される。

レンズ自体が浮いた様に設計されているので、カメラ本体が動いてもレンズはその場に居ようとするのでブレが軽減できる。

ズームした際の映像も、通常の手ブレは機敏にガクガクっと動くのに対し、空間光学手ブレ補正だと滑らかに揺れるだけなので映像を見ていて酔うことはない。

実際に使ってみると分かるのだが、手ブレしないようにじっとしていても手が動いているのに、映像は自分の手の震えと連動していないことに驚くはずだ。

ポートのカバーがしっかりしている

HDMIやmicroSD、microUSBポートなど、外部接続するためのポートのカバーが「パカッ!」と気持よく開け閉めできる。
カバーがしっかりしている

僕の記憶ではこの手のカバーは、引っこ抜いた後にプラ〜ンとぶら下がり、使い込むに連れてハマりが悪くなる印象があった。

この改善により、使い込んでもポートがカバーできないということは無さそう。

本体にUSBが付いている

HDR-CX670を買って最も感心したことの1つで、本体からUSB端子が出ているので、USBケーブルを持ち歩かなくてもHDR-CX670から直接パソコンに繋ぐことができる。但し、長さが5cmほどしかないのでかなり窮屈になるが、緊急の際は重宝する。

その収納方法も関心した。本体からケーブルが出るととても邪魔なのが、本体を持つ際の補助ベルトに収納できるようになっている。

USB給電ができる

USB接続が可能なので、ACアダプタとは別にパソコンからも充電が可能。

充電時間は、同梱されているバッテリー「NP-FV50」において、ACアダプタが2時間45分に対してパソコンから充電した場合は5時間5分。

USB給電ができるということはスマホ用のモバイルバッテリーで充電できるのでは?と考えcheeroのモバイルバッテリーを試してみたところバッチリ充電できた!

モバイルバッテリーで充電しながらの撮影は流石にできないが、上手く使えば予備バッテリーを買う必要がなくなる。現に僕は予備バッテリーは買わず、モバイルバッテリーだけでなんとかなっている。

悪いとこ

使っていて気に入らない点を紹介。

純正ソフトがmp4の60pの取り込みに対応していない

ソニーの純正ソフト「PlayMemories Home」で動画を取り込むとmp4へ自動で変換してくれるのだが、せっかくフレームレートを60pまたは60iで撮影した動画が30pになってしまう。せっかくの画質がもったいない。

Macで60pのまま取り込むにはimovieを使用するか、自動変換せず、元のファイルを読み込む必要がある。

マイボイスキャンセリングが常時ONにできない

動画撮影にありがちなのが、撮影者の声が入りまくって後で見た時にうるさくなってしまうこと。マイボイスキャンセリングを使うと撮影者の声を抑えて撮影することができる。

この機能は液晶画面を開いた本体部分にボタンがあり、押すと有効になる。

しかし、液晶を閉じたり電源をオフにするとこの機能は自動で無効になってしまう。これはサーポートにメールで問い合わせをしたところこのような返信があった。

誠に恐れ入りますが、マイボイスキャンセリングの機能は
電源を切ると、無効になる仕様となっております。

そのため、お手数ですが、撮影ごとに液晶画面のアイコンで
有効になっているか確認の上、ご利用いただきますよう
お願いいたします。

撮影の度にオンにするのはとても面倒く、忘れてしまいがち。

撮った動画をより良くできる素晴らしい機能なのに、この仕様は非常に残念だ。

併せて買ったモノ

空間光学手ブレ補正ではレンズへのホコリやゴミの侵入が心配なので「ソニー MCプロテクター VF-K46MP」を購入。
ソニー ハンディカム用レンズプロテクター VF-K46MP レビュー

スポンサーリンク

おわりに

ビデオカメラの進化はものすごいというのが素直な感想です。

手ブレ防止や画質の美しさ、本体の細かい部分の使いやすさなどのハード面は流石ソニーだなと感心しました。

しかし、悪いとこで挙げたようなちょっとしたソフト面での不満が多々あります。ソニーからiPodやiPhoneが誕生しなかった理由を実感した瞬間でした。

【こちらの記事も要チェック!】
ソニーハンディカムで風切音を激減させる方法
入学式や卒業式、子供の大切な思い出を撮影するのにオススメのビデオカメラ
ソニー ハンディカムでオススメの撮影モード
ソニー ハンディカム用レンズプロテクター VF-K46MP レビュー


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク



  • かおり

    初めまして。出産を機にビデオカメラを購入しようと思い、こちらのページを参考にCX670を購入しました!
    ビデオカメラを始めて購入し、右も左も全くわからない状態なのですが、SDチップも買わずにとりあえず本体とケースのみ買ったのですが、SDチップはやはり必要でしょうか??
    あと、撮影モードが色々あるみたいですが、後々ブルーレイに焼くとして後悔しない程度の画質で撮影するのはどのモードで撮影するのがオススメでしょうか??
    出荷時設定のFX?モードはやはり画質はかなり落ちるのでしょうか(>__<)機会音痴の私に教えて頂けると助かります(;_;)

    • かおりさん。コメントありがとうございます。そしてご出産おめでとうございます!お子さんの成長をバッチリ撮影したいですよね〜!

      SDカード購入はどれくらいの頻度でブルーレイディスクやパソコンに移すかで決まると思います。カメラ本体に3時間近く撮影できるので、撮影したその日に移して本体内の動画を削除すのであれば買う必要はないと思います。なるべく本体内に残しておきたい場合は購入を検討したほうが良いかもしれません。その際は32GBなどなるべく大きな容量のほうが良いと思います。

      撮影モードは高画質で撮影したいのであればFXがオススメです。FXより高画質で撮影はできるのですが、容量が大きかったり再生環境に制限があったりするので動画に詳しくないとオススメできません。因みに出荷時はHQモードです。

      撮影モードに関して新しい記事を書きましたのでよろしければ参考にして下さい。
      https://keikenchi.com/sony-handycam-shooting-mode

      他にも分からないことがあったらなんでも聞いて下さい!

  • ぱろす

    初めまして。CX12からの買い替えで色々と進歩を感じています。ところでプロテクターですが、プロテクターにはカバーを付けていますか?以前の機種は子どもにかなりレンズを触られてしまったので今回プロテクターを買ってはみたものの、プロテクター自体にはカバーがなくて、むき出しですよね?プロテクターにホコリや汚れ、傷などが付くと撮影映像全てに影響が出てしまうかと思うので、結局一度も使っていません。いかがでしょうか。

    • コメントありがとうございます!

      プロテクターにはカバーは付けていません。本体ごと100均のポーチに入れているだけで、撮影時のみ取り出して撮影しています。

      プロテクターの汚れは確かに撮影に影響しますね。指紋が付いていることに気づかず撮影してしまい、帰って映像をパソコンで見たらぼやけてたということがありましたw

      それからはマイクロファイバー製の布も一緒に持ち歩き、撮影前はレンズの汚れを確認し、汚れていたら拭いてから撮影しています。

      プロテクターの汚れによる撮影の影響もありますが、本体を守るというメリットもあると思います。

      僕の使い方としてサッカー指導している子どもたちの試合を撮影しているのですが、砂ぼこりが舞っている場所ではカメラが砂だらけになってしまいます。

      プロテクターをしていると砂ぼこりがレンズの中に入らないので、空間手ブレ補正の性能を落とすことはありません。

      砂ぼこりに限らず、空間手ブレ補正の性能を落としかねないものの進入を防ぐ目的でプロテクターを使っています。

      傷に関しては、外でかなりハードに使っていますが今のところ付いていません。撮影に影響が出るような傷ができたら買い換えると思います。

      ご参考になれば幸いです!

      • ぱろす

        長文のご返信ありがとうございます。なるほど…ヒントを得ました。私の場合であれば、撮影が過酷になりそうなときに使ってみようと思いました。例えば、数年前、観光でナイアガラの滝に行ったのですが、すごく近くまで行ったりしてカメラはビッショビショになりました。すでに購入から5年以上経っていたCX12だったので、壊れても良いかぐらいの気持ちで撮ってました(その後、しばらくして液晶の方が逝きましたのでCX670購入)。こういうときにプロテクターを付ければ、レンズが濡れるのを防げますね。

        • ナイアガラの滝!いいですね〜僕も行ってみたい!
          プロテクターの使い方は目的によって変わってきますので、自分の目的に合わせて使う使わないを選択するのがベストかと思います。
          僕はCX670を購入してまだ半年ですが、ぱろすさんのように長くガッツリ使いたいです!