経験知ロゴ

FF14「漆黒のヴィランズ」をクリアするまでにかかる時間

漆黒のヴィランズ攻略時間

FF14の拡張パック第3段の「漆黒のヴィランズ」の5.0部分をクリアしました。

漆黒のヴィランズの5.0は、2019年10月時点で最新の拡張パックなので、ストーリーはようやく追いついたことになります。

ここまで長かった…。本当に長かった…。

新生エオルゼア、蒼天のイシュガルド、紅蓮のリベレータと展開してきた物語の核心部分に迫ったストーリーなので、かなり楽しめました。

終盤の演出は熱く、ストーリーとキャラの個性がしっかりしていてほぼ違和感なくストーリーに入り込めたのは良かったです。

ですが、相変わらずのお使いクエストばかりで、時間稼ぎのために作られた無意味なクエストをやらされるのは本当に苦痛でした。

ストーリーが良いだけに本当に勿体ない。メインストーリーのプレイ時間は半分ぐらいにすべきです。

お使いクエストに関しては、アルバートが、「三大珍味を集めてた」とか、「専門家が遺跡の調査をしている間、俺らは雑用してた」というような、今までのお使いクエストをネタとしてブッ込んできたのはキレました。

「昔あった苦労も今となっては笑い話」的な感じで話されるのは許せない。無意味なお使いクエストはFF14の癌なので、これをネタにして笑うことはできません。

そんな最高と最低がごちゃまぜになった「漆黒のヴィランズ」をクリアするまでにかかる時間を紹介します。

5.0までは43時間

5.0をクリアするまで43時間かかりました。

今までのプレイ時間

新生から漆黒まで、それぞれかかった時間は下記のようになっています。

x.0x.1〜5合計
新生--67
蒼天261743
紅蓮271340
漆黒43--
合計193

※新生は2.0終了時点の時間を確認していなかったのでなし

拡張パックでは、蒼天・紅蓮の「x.0」は27時間前後でクリアできていたのに、漆黒は43時間かかっています。

これは、今までは優遇ワールドの「レベル70まで経験値2倍ボーナス」があったので、レベル上げをすることなく進めてこれたからの時間です。

漆黒はレベル70〜80の間で、必要レベルに鳴らないとストーリーが進まないため途中でレベル上げをする必要があり、そのレベル上げで8時間ぐらい使いました。

なので、レベル上げがなかったとしたら35時間ですが、それでも蒼天・紅蓮よりボリュームがあったことになります。

基本サブクエストはすることなく、メインストーリーのみを進め、風脈は全部集めました。

風脈の位置は紅蓮よりわかりやすくなり、クエストで行く場所の近くになったので比較的集めやすくなりましたが、それでも風脈クエストは要らないです。時間稼ぎクエストは本当に必要ない。

新生エオルゼアから漆黒のヴィランズまでにかかる時間

新生エオルゼアから始め、漆黒のヴィランズまで一気にプレイしましたが、約193時間かかりました。

正確な数字だと、8日2時間26分です。長かった…。本当に長かった…。
累積プレイ時間

おわりに

ストーリー的には、新生がクソで、蒼天で盛り返し、紅蓮で停滞し、漆黒で一気に盛り上がった感じです。

漆黒のストーリーはとても良いのですが、そこにたどり着くまでのハードルが高すぎます。

新生だけでも終わらせるのに67時間もかかりますからね。終盤のストーリーは良いのですが、途中のお使いクエストが本当に苦痛で苦痛で…苦痛で…。

新生で脱落する人も多いと思います。普通の人なら「時間の無駄」と、損切りするでしょう。

新生を乗り越えた後の蒼天はそれなりの面白さですが、そこから紅蓮と続いて83時間あり、漆黒にたどりつまで150時間かかるので、漆黒のストーリーを楽しむには相当の覚悟か必要です。

一応課金をすれば漆黒まで一気に進めるのですが、新生・蒼天・紅蓮というストーリーの下地があっての面白さなので、ストーリーを追うためにはプレイするしか無いんですよね…。

200時間プレイして、ストーリーはかなり楽しめましたが、それと同じかそれ以上にストレスも溜まったのでモヤッとした気持ちです。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから