経験知ロゴ 経験知トップへ

ローソク足とは?

ローソク足とは

ローソク足は、一定期間の価格の「始値」「高値」「安値」「終値」を見やすく表示したもので、テクニカル指標の代表的な指標です。
ローソク足

もっとも基本的なもので、様々な場所で使われるもなので、見方、使い方をしっかり把握しておきましょう。

この記事では、ローソク足の見方や使い方などの詳細を紹介します。

ローソク足の期間

ローソク足は設定した期間で1つ作成されます。

1分足の場合は、0秒〜59秒で1つのローソク足が作成され、その期間の値動きをひと目で把握することができます。

5分足の場合は0秒〜4分59秒の間、日足(ひあし)の場合は0時00分〜23時59分、月足(つきあし)は1日〜その月の最後の日までを、1つのローソク足で表し、ローソク足が連続することで、全体の値動きの流れを把握することができます。

ローソク足の見方

まずは、ローソク足の見方からです。各部位のなまえと意味を見てみましょう。

カッコ内は1分足(0秒〜59秒)の場合の秒数です。

始値(はじめね)
ローソク足で表示させる期間の最初の値段。(0秒)
終値(おわりね)
ローソク足で表示させる期間の最後の値段。(59秒)
実態(じったい)
始値から終値までの部分。(1分足なので、1分間全体の表示。)
ヒゲ
実態から上下に伸びている線。
高値(たかね)
ローソク足で表示させる期間で最も高かった値段。上ヒゲ(うわひげ)とも言います。(0秒〜59秒の間で一番高かった値段)
安値(やすね)
ローソク足で表示させる期間で最も低かった値段。下ヒゲ(したひげ)とも言います。(0秒〜59秒の間で一番安かった値段)
陽線(ようせん)
始値より終値が高い状態です。「陽」ということなのでプラスのイメージですね。価格が上昇していることを示し、チャートでは赤色がよく使われます。
陰線(いんせん)
始値より終値が低い状態です。「陰」なのでマイナスのイメージですね。価格が下落していることを示し、チャートでは青色がよく使われます。

ローソク足

ローソク足を使うと、特定の期間の「始値」「高値」「安値」「終値」がひと目でわかります。

おわりに

ローソク足は、このように頭で覚えるよりも、実際にチャートを眺めている方が実感として分かりやすいので、実際のチャートを眺めてから各部位の名前を覚えるほうが覚えやすいです。

続きの記事 → FXにおけるチャートとは?相場の動向がひと目で分かるグラフ

▼役に立ったらシェアをお願いします