経験知ロゴ 経験知トップへ

FXにおけるファンダメンタルズ分析とは?長期相場を分析する手法

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析は、「失業率」や「政策金利」などの経済指標や、ニュースをもとに、長期的な相場の変動を予測する分析方法です。

FXの主な分析方法としてテクニカル分析とファンダメンタルズ分析があります。

テクニカル分析とは
テクニカル指標を利用し、今後のトレンドがどのように変化するかを考える短期的な分析手法です。テクニカル分析とは?

この記事では、ファンダメンタルズ分析について詳しく紹介します。

ニュースをもとに分析する

ニュースをもとに分析する場合は、通貨ペアの両方を把握する必要があります。

通貨ペアとは?
「米ドル/円」「ユーロ/円」「ユーロ/米ドル」というような、外国のお金の組み合わせです。通貨ペアとは?

例えば、米ドル/円の通貨ペアで取引をしているのならアメリカと日本のニュース両方をチェックします。

アメリカにマイナス要因が、日本にプラス要因がある場合は、みんなが円を欲しがるので円の価格が上がり米ドルの価格は下がるはずです。

チャートだと、グラフは下がっていく下降トレンドになります。

このように、2つの通貨の国のニュースを比べ、どちらが強くなるのかを予想しましょう。

経済指標をもとに分析する

経済指標をもとに分析する場合は、経済指標発表時のサプライズの大きさを重要視します。

経済指標は発表する前に民間企業から事前予測が発表されます。

事前予測は、金融機関や調査機関に所属するアナリストやエコノミストがこれから発表される経済指標の数値を予想し、その平均をとったものです。

この事前予想の数字と実際に発表された数字に差が開くほどサプライズ(驚き)となり、相場は激しく動きます。

経済指標が悪いという予測が出て、実際の発表も同じくらい悪かったら相場の変動はそこまで激しく動きません。

重要なのは、事前予測と実際の発表の「差」であり、経済指標自体が良かろうが悪かろうが、事前予想と実際の発表にそれほど違いがなければ、経済指標発表時の相場の動きは小さくなります。

アメリカの経済指標は最重要

自分が取引している通貨ペアに関係なく、アメリカの経済指標は重要になります。

米ドルは世界の取引に使われる「基軸通貨」であるため、多くの通貨に影響を与えます。

特に注目すべきなのはアメリカの雇用統計です。

「失業率」や「非農業部門雇用者数」など、複数の指標がまとめて発表されるので、相場への影響が大きくなるからです。

アメリカの雇用統計は、毎月第1金曜日、日本時間で夏季は21時30分、冬季は22時30分に発表されます。(時間がずれているのはサマータイムのため)

おわりに

長期的な相場を予想するファンダメンタルズ分析を紹介しました。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を組み合わせることで、長期的にも短期的にも予測の精度が上げられますので、両方ともしっかり身につけておきたいですね。

続きの記事 → ローソク足とは?

▼役に立ったらシェアをお願いします