経験知ロゴ

香港の出入国カードの書き方とオンライン申請について

香港入国カード

香港に入国するには、陸路でも空路でも入国カードを書く必要があります。

台湾の入国カードは事前にインターネットで申請すれば入国当日に書く必要はないのですが、香港ではそのようなシステムはなく、手書きで入国カードに記入する必要があります。

ボールペンは忘れずに持っていきましょう。

この記事では、香港の入国カードの書き方を詳細に紹介します。

香港の入国カードについて

香港の入国カードは複写式になっており、1枚目が入国カードで2枚目が出国カードになっています。
複写式の紙

1枚目は入国時のイミグレーションの際に回収され、2枚目の出国カードは渡されるので出国まで大切に保管し、出国時の出国審査の時に再び提出します。

また、複写式になっていますが、2枚目の出国カードには個別で記入する欄がありますので忘れずに記入するようにしてください。

出入国カードは飛行機の機内で配られます。

飛行機の中で記入しても良いですし、到着後の入国審査所の手前で記入できる場所があるのでそこで記入できます。
記入場所

書き間違えをしても、入国審査所手前の記入場に入国カードは置かれているのでそこで書き直せば良いです。

ですが、香港は混雑して入国審査に時間がかかる場合があるので、なるべく飛行機内で記入してなるべく早く入国審査の列に並びたい所です。

香港の入国カードの書き方

基本的にパスポートに書かれているものをパスポートに書かれている書式で書けばOKです。

Family name

パスポートに書かれている「性」をアルファベットで記入。日本の「名字」。

Given names

パスポートに書かれている「名」をアルファベットで記入。日本の「名前」。

Sex

性別を記入。男性なら「M」女性なら「F」を記入。(男性:MALE 女性:FEMALEの頭文字)

Travel document No

パスポートに書かれている「旅券番号」をアルファベットと数字で記入。

Place and date of issue

パスポート発行地と発行日を記入。

発行地はパスポートに書かれている「本籍」の都道府県に「,JAPAN」を加え、発行日は発行年月日をパスポートに書かれている書式で記入。

こんな感じで2行で書けば良い。

TOKYO, JAPAN
01/SEP/2017

Nationality

パスポートに書かれている「国籍」を記入。

Date of birth

パスポートに書かれている「生年月日」を同じ書式で記入。

01/SEP/1980

Place of birth

自分の出生した都道府県を記入

パスポートに書かれている「本籍」と「国籍」を記入。

TOKYO, JAPAN

Address in Hong Kong

香港での滞在先を記入。観光ならホテル名でOK。

複数のホテルに泊まる場合はどれか1つ書けば良い。

Home address

現在の住所を英語で記入。(日本と逆で番地から記入)

1-6-1 Nagata-cho, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan

Flight No./Ships name

香港に入国する際の飛行機の便名を記入。

飛行機の搭乗券にも書かれているこんな感じのアルファベットと数字の組み合わせ。

UO 623

From

香港に入国する時に乗った飛行機が出発した都市。

羽田や成田は「TOKYO」としてOK。

Signature of traveller

パスポートに書かれている自筆のサインを記入。

出国カードの書き方

入国カードの1枚目をめくり、複写されずに残った3箇所を記入。

Flight No./Ships name

香港から出国する際の飛行機の便名を記入。

Destination

飛行機の目的地の都市を記入。

Signature of traveller

パスポートに書かれている自筆のサインを記入。

入国審査

入国審査ではパスポートと入国カードを一緒に提出します。

僕は特に何も聞かれること無く、入国カードの一枚目を剥ぎ取られて2枚目の出国カードと入国スタンプ代わりのスリットを貰って通過することができました。
入国シール

出国カードとスリットはパスポートに挟んで保管し、出国時にまとめて提出しましょう

おわりに

以上が香港の出入国カードの書き方です。

ホテル名さえ控えておけば、パスポートと搭乗券に書かれている内容で記入できます。

入国カードの存在を知らない人が意外と多いようで、イミグレーションの前で指摘されて文句垂れながら入国カードを記入している人がいました。

入国カードを書き慣れていない人はパッと見での記入が難しいと思うので、事前に知っておいたほうが良いです。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから