経験知ロゴ 経験知トップへ

英訳のために日本語の主語、動詞、目的語、補語を見つける方法

主語 動詞 目的語 補語を見つける

前回の「効率的に日本語を英語にすための順番」で、日本語を英語にするまでの3ステップを紹介しました。

英訳の3ステップは、

  1. 日本語から「主語」「動詞」「目的語」「補語」「その他」を探す
  2. 5文型の中から、文が当てはまる文型の順で並べ替える
  3. 「主語」「動詞」「目的語」「補語」をそれぞれ英語に訳す

です。

この記事では、1番の日本語から「主語」「動詞」「目的語」「補語」「その他」の文節を探す方法を紹介します。

主語を探す

文の中で「誰は」「誰が」「何は」「何が」など、文の主人公が主語です。

簡単な例を見てみましょう。

誰は

私はブログを書いています。

主語は「私」になります。「誰は」にあてはまるからです。

誰が

俺がガンダムだ。

そうですね。君がガンダムです。

ではなくて、「俺」が主語になります。「誰が」にあてはまるからです。

何は

飛ばねぇ豚はただの豚だ。

飛ばねぇ豚」が主語になります。「豚」だけでもよさそうですが、どんな「豚」なのかわからなくなるので「飛ばねぇ」まで含めます。

※これは正確には「主部」になります。主語は一つの文節ですが、2文節以上は主部と呼びます。英訳の文節としてはどちらも同じ位置になるので、まとめて主語とします。

何が

海がきこえる。

」が主語です。「何が」に当てはまるからです。

動詞

動詞は、「〜する」など、動作を表す言葉です。

日本語では、「歩く」「走る」「話す」「聞く」「好む」「食べる」「勉強する」などが動詞にあたり、語尾を伸ばすと「う~」となるのが動詞です。

例文

私はブログを書いています。

この場合は「書いています」が動詞です。「かくぅー」と「う〜」と伸ばせますね。

補語

主語や目的語を説明するのが「補語」です。主語とイコールで結べます。

文の語尾を「〜だ」「〜です」と言い換えられると、主語と「だ」「です」で挟まれた言葉が「補語」になります。

俺がガンダムだ。

まだ言ってるよ…。

「俺=ガンダム」なので「ガンダム」が補語です。

「俺」とは何者なのかを「ガンダム」という言葉が説明していますよね。

また、

俺がガンダムです。

と、文末を「です」に言い換えても意味が通じるので、主語の「俺」と文末の「です」に挟まれた「ガンダム」が「補語」になります。

目的語

文の中で「誰を」「誰に」「何を」「何に」の部分です。

動詞と組み合わせてみると見つけやすいです。

誰を

私はあなたを幸せにする。

「誰を」幸せにするのか考えると見えてきます。「あなたを」が目的語になりますね。

誰に

僕は君に逢いたい。

「逢いたい」が動詞です。「誰に」会いたいのか。「君に」ですね。

何を

私はブログを書いています。

「書いています」が動詞です。「何を」書いているのか。「ブログ」なので、「ブログを」が目的語になります。

何に

俺は海賊王になる!

君は漫画の主人公なので絶対になれます。

その他

文節には、「主語」「動詞」「目的語」「補語」のいずれにも当てはまらない言葉があります。

これらの言葉は「その他」に分類します。

「その他」に分類されるのは「時間」や「場所」を表す言葉が多いですが、「時間」や「場所」が必ず「その他」になるわけではありません。

私は自分の部屋で踊っている。

主語は「私」、動詞は「踊っている」です。

では、「自分の部屋」は何になるのでしょうか?

「何を」踊っている。は当てはまらないので「目的語」ではありません。

「私=自分の部屋」、「私は自分の部屋だ」「私は自分の部屋です」も変なので「補語」ではありません。

このように、「主語」「動詞」「目的語」「補語」のいずれにも当てはまらない言葉は「その他」に分類します。

おわりに

英訳の3ステップの1番目「主語」「動詞」「目的語」「補語」「その他」に分ける方法を紹介しました。

次はこれらを並べ替える5文型を紹介します。

続きの記事 → 英語の基本5文型をマスターして英語の語順を知る

▼役に立ったらシェアをお願いします