経験知ロゴ 経験知トップへ

ジェントル・ヤグ(GentleYAG)の痛みや効果と特徴

    ジェントル ヤグ

    ジェントル・ヤグ(GentleYAG)は「YAGレーザー」という他の脱毛機器が採用しているレーザーより波長の長いレーザーを使っているのが特徴です。

    冷却を照射と同時に行うので、照射前に冷却する冷たさがないのが良いです。

    僕はデリケートゾーンでジェントル・ヤグを使いましたが、余裕で耐えられる痛さだったので、脱毛機器がジェントル・ヤグだとわかるととても安心します。

    この記事では、ジェントル・ヤグについて実際の体験談と併せて紹介します。

    ジェントル・ヤグのレーザーの種類

    医療用脱毛機器のレーザーの種類は波長の長さにより、主に4種類あります。

    ルビーレーザー波長:694nm
    アレキサンドライトレーザー波長:755nm
    ダイオードレーザー波長:800nm(可変可能)
    YAGレーザー波長:1064nm(NdYAG)

    ジェントル・ヤグは一番波長の長いYAGレーザーを使っています。

    名前にYAG(ヤグ)が付くのはYAGレーザーを使っているからです。

    波長の長いレーザーを使うことで一般的な他の脱毛機器と違った特徴があります。

    ジェントル・ヤグの特徴

    ジェントル・ヤグは、

    • 濃く、根深い毛にも届く波長の長いレーザー
    • 色が濃い肌でも脱毛ができる
    • ガス冷却により、事前に冷却する冷たさがない

    という特徴があります。

    濃く、根深い毛にも届く波長の長いレーザー

    濃い毛というのは、普通の毛と比べて肌の深くに毛根があります。

    そのため、普通の医療用脱毛器で使っているレーザーの波長では十分に届かない場合があります。

    ジェントル・ヤグは、波長の長いYAGレーザーを使っているので、根深く濃い毛にも対応できるのです。

    色が濃い肌でも脱毛できる

    波長が長いことで、肌の色を濃くする原因である黒い色素に反応しにくくなり、肌の奥までレーザーが届きやすくなります。

    肌の色素に反応しにくいということは、ヤケドのリスクが減るということなので、痛みも軽減できます。

    肌の色が濃い人にも使えるので、多少の日焼けや、性器部分など、肌の色が濃い場所でも脱毛を行えるのが特徴です。

    過度な日焼けや肌の色が濃すぎる場合は医師の判断が必要になります。

    ガス冷却により、事前に冷却する冷たさがない

    今までの医療用脱毛機器は、ヤケドを抑えるため事前に冷却剤やジェルで肌を冷やす必要がありました。

    しかし、ジェントル・ヤグは、レーザーの照射と同時に冷却ガスを噴出することで事前冷却を必要としません。

    脱毛前の不要な冷たさを無くし、冷やす時間を短縮することができる脱毛機器なのです。

    動画

    実際にジェントル・ヤグを照射している動画です。

    下記動画では照射映像の少し前から再生されるようにしてあります。

    動画の中で、照射時に「プシュ」っという音がしていますが、これは冷却ガスが出ている音です。

    レーザーの照射と同時に噴出されているのが分かると思います。

    ジェントル・ヤグで実際に脱毛してみた感想

    僕はメンズリゼで脱毛をしていますが、デリケートゾーンでジェントル・ヤグを使用しました。

    デリケートゾーンとは、ビキニライン、男性器(陰茎、陰嚢)、Oライン(お尻の穴周り)です。

    ジェントル・ヤグは照射面積が小さいので、男性器周りのような複雑な構造でも対応できます。

    痛みは他の脱毛機器と同様に、毛が内部分は全くといって良いほど痛くなく、冷却ガスのちょっとした冷たさを感じるだけです。

    冷却ガスは、コールドスプレーを近距離で一瞬かけられたような冷たさで、一瞬冷たさを感じた後は普通の状態に戻ります。

    毛が濃い部分につれて痛さは増していき、本当に毛根にだけレーザーが効いているんだと実感しました。

    レーザーの痛さは、輪ゴムで弾かれた痛さを一点に集めたような痛さで、一瞬痛いのですが、その痛みはすぐに無くなったので耐えられないということはありませんでした。

    僕は他にも、ライトシェア・デュエットという機器でも脱毛したのですが、ライトシェア・デュエットは照射後も痛みがじんわり残ったのが気になったのですが、ジェントル・ヤグでは痛みが後を引かないのが良かったです。

    ライトシェア・デュエットとジェントル・ヤグを比べたら、ジェントル・ヤグの痛さの方が後を引かないという点でマシなので、ジェントル・ヤグの方が良いですね。

    照射時の痛さ的には種類がちょっと違う痛さですが、それほど違いは無いように感じます。

    実際の照射体験談は別記事で紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

    おわりに

    ジェントル・ヤグ(GentleYAG)の痛みや効果と特徴について紹介しました。

    デリケートゾーンという痛さが心配な部分に照射しましたが、耐えられる痛さで安心しています。

    僕の通っているメンズリゼは、デリケートゾーンにはジェントル・ヤグだけを使っているようなので、男性器やお尻の穴周りの脱毛を考えている方はジェントル・ヤグで脱毛できるメンズリゼでの脱毛をオススメします。

    続きの記事 → メディオスターNeXTの痛みや効果と特徴

    医療用脱毛レーザー機器の解説

    メンズ脱毛に関する記事をもっと見る>>

    役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

    ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから