経験知ロゴ 経験知トップへ

メディオスターNeXTの痛みや効果と特徴

メディオスターNeXT

従来の毛根に対してダメージを与える脱毛機械と違う脱毛方法を採用しているのがメディオスターNeXT。

一般的には従来の脱毛機械より痛みが少ないとされています。

僕が永久脱毛をしているメンズリゼでも使われているこの機械の特徴と、実際に体験してみた痛みを紹介します。

メディオスターNeXTの特徴

メディオスターNeXTの特徴は、

  • 蓄熱式(SHR方式)
  • どんな肌の色でも対応
  • 施術時間が短い
  • 痛みが少ない

という特徴があります。

蓄熱式(SHR方式)

従来の脱毛機器は、レーザー光線で毛根に直接作用して脱毛を実現しています。

メディオスターNeXTは、毛根を直接熱破壊するのでは無く、毛根より肌に近い位置にある「バルジ」と呼ばれる発毛因子を破壊して脱毛を実現する装置です。

メディオスターNeXTもレーザー光線を使うのですが、他の機器と違う種類のレーザー光線を使っていて、肌へのダメージや火傷のリスクを軽減してくれます。

どんな肌の色でも対応

通常のレーザー脱毛器は毛根の「黒色」にレーザー光線を反応させて脱毛するので、肌の色が黒に近いと正確に毛根を狙いないので脱毛効果が下がってしまいます。

メディオスターNeXTは「バルジ」に作用するようになっているので、肌の色に関係なく照射ができるのです。

脱毛するときは日焼けは厳禁ですが、メディオスターNeXTを採用している医院なら照射ができます。

とはいえ、日焼けは肌へのダメージがあり、ダメージを負った肌へのレーザー照射は痛みを伴うので、脱毛するときは日焼けをしないようにするのが無難です。

施術時間が短い

脱毛は、レーザー照射を1箇所ずつ丁寧に行うので時間がかかります。

メディオスターNeXTは、足など広い面を照射するときは滑らせるように照射できるので、従来の脱毛機器より早くレーザー照射を追えることができます。

従来の脱毛器は下記動画のように1箇所ずつの照射です。

メディオスターNeXTは、滑らせて照射するので照射時間が短くなります。

痛みが少ない

毛根より肌に近い「バルジ」に作用するので一般的には痛みが少ないとされています。

ですが、次のセンテンスで書きますが、個人的にはかなり痛かったです。

従来の脱毛器同様、毛が薄い部分ではほとんど痛くなく、毛が濃い部分はかなの痛さとなっています。

実際の痛さ

メディオスターNeXTで実際に、お尻、太もも、ひざ下を照射してきました。

事前情報だとメディオスターNeXTの痛みは少ないというのでかなり油断していたら、毛の濃い部分の照射はめちゃくちゃ痛かったです。

剃り残しがあったことも痛くなった原因のひとつですが、しっかり剃れていた太ももの表部分が一番痛かったので、剃り残しというより毛の濃さによって痛みは変わってくるようですね。

特に痛かったのが、スライドさせて照射し、そのスライドが終わった後の角部分です。
痛かった部分

スライド中もそれなりに痛いのですが、まだ耐えられる痛さです。

ですが、往復する際の切り返し地点の角は本当に痛い。

動きが一瞬止まるので、角部分の照射量が上がって痛くなるのだと思います。

先ほどの動画の折り返し部分を見てもらうと、スネの真ん中で折り返しているのが分かると思います。

折り返し部分が痛いので、真ん中で留めずに足首からヒザまで一気に照射してもらいたいものです。

照射が止まる回数が少なければ、痛くなる折り返し箇所がそれだけ少なくなりますからね。

実際に脱毛してきたときの記事はこちらです。

その後、太ももの前面のヒリヒリが完全に回復しない事態となりました。

それほど気になるヒリヒリではないのですが、2ヶ月経ってもごくわずかなヒリヒリが無くならないのは焦りましたね。

照射後からヒリヒリはありましたが、毛嚢炎のような目に見える肌のトラブルがあったわけではないので、ヒリヒリが残ったのは謎です。

普通に生活する分にはほとんど気にならないのですが、レーザー照射は絶対に痛いなと思ったので太ももの照射は予定より少しズラしています。

おわりに

一般的にはそれほど痛くないというのがメディオスターNeXTです。

足の毛が濃い僕にとってはかなり痛かったですがw

照射してくれた担当医も、僕が痛がっているのが意外だったようです。

人によって痛さの感じ方は違うんでしょうね。

▼役に立ったらシェアをお願いします