経験知ロゴ 経験知トップへ

H2-45を工場出荷状態へ戻す方法

    PILOTFLY H2-45R

    ブラシレスジンバルの「Pilotfly H2-45」を愛用しているのですが、ジャイロキャリブレーションに失敗したようで、電源を入れると反応が無く、3〜5秒すると暴走するようになってしまいましたorz

    かなりヤバそうな症状で、メーカー送りかと思いましたが、僕が購入したショップのオーナよっちゃんさんのサポートでなんとか復帰できました!

    パソコンに接続してRestore(バックアップから復元)することで解決しましたので、その方法を紹介します。

    PCに接続する。でもMacは注意

    パソコンに接続してSimpleBGCで設定する必要があるのですが、Macは要注意です。

    SimpleBGCは立ち上がっても、接続できないケースが多いようだからです。

    僕もSimpleBGCを何とか入れたのですが(ダウンロードする場所とかいろいろ分かりにくい…)最後の最後で接続できませんでした。

    接続するにはWindowsでやった方が良いです。

    SimpleBGCはH2Bの製品ページからダウンロードできます。(H2-45の製品ページにはダウンロードリンクが無い)

    PILOTFLY製の製品は同じソフトで設定できるので、SimpleBGCを入れればOKです。

    PILOTFLY H2B 3axis Stabilizer for DSLR / Mirrorless Camera – PILOTFLYにアクセスし、下にスクロールした場所にある

    「SIMPLEBGC GUI SOFTWARE」とUSBドライバの
    「CP2102 USB DRIVER FOR WINDOWS」をダウンロードしてインストールします。
    SimpleBGCとUSBドライバ

    先にUSBドライバからインストールした方が良いでしょう。

    SimpleBGCは解凍したフォルダの中にある「SimpleBGC GUI.exe」ファイルをダブルクリックして実行できるはずですが、なぜか「SimpleBGC GUI.exe」ファイルがzipファイルになっていて、それを解凍した中にあるexeファイルを実行すればSimpleBGCは立ち上がりました。

    工場出荷状態、バックアップから復元する

    SimpleBGCを立ち上げたら、H2-45を電源がオフの状態で接続し、電源はオフのままで作業します。

    USB接続すると、左上の「Connection」に「COM数字」(環境によって数字は変わるようです)が追加されるので選択し「Connect」をクリック。
    USB接続

    画面上部メニューの「Board」→「Backup Manaer…」をクリック。
    バックアップマネージャーを開く

    「Restore」の項目で、復元したいバックアップを選択し「RESTORE」をクリック。
    バックアップを選択

    「Yes」をクリックしてRestore実行。
    RESTORE実行

    1分ぐらいでRestoreは完了しました。

    完了後、USBケーブル外してカメラが載った状態で電源をオンにすると無事起動!!

    起動音がとても懐かしく感じるw

    ジャイロキャリブレーションも問題なく完了し、ジャイロキャリブレーション後も問題なく起動しました。

    おわりに

    繊細な機械なので、起動しなくなったとき「早速やっちまったか…」と焦りました。13万円オーバーの機材ですからね…。

    無事に元通りになって良かったです。

    あと、暴走は怖いですね。カメラがグワングワン動き回るのは軽く恐怖を感じました。

    大切に繊細に扱っていきたいと思います。

    役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

    ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから