経験知ロゴ 経験知トップへ

カメラ撮影の奥深さを知る…!超絶写真術 レビュー

    超絶写真術レビュー

    この記事は、僕が参加している「ギガ盛りブログ飯」の「ギガ盛りUnlimited(β版)」というサービスを通じ、出版社から本を提供してもらい書いた記事です。出版社が紹介して欲しい本を提供するのではなく、僕が読みたい本を提供してもらっているというのが一般的な献本との大きな違いとなっています。

    InstagramやTwitterで見かける超キレイな写真ってどのように撮影されているか気になりませんか?

    その撮影方法と編集方法を知ることができる本が「最高の1枚を「撮る・仕上げる」で生み出す 超絶写真術 (こんな写真が撮れるのか!シリーズ)」です。

    超絶写真術が惜しげも無く書かれているのですが、読んでみてちょっとヘコみましたw

    そんな「超絶写真術」を紹介します。

    Lightroom指南本?

    本を読みだして出鼻をくじかれた感があったのが、

    Lightroom指南本?」

    という程Lightroomを使ったテクニックが書かれています。

    「超絶写真術」という言葉から、撮影する際のスゴいテクニックが書かれているのかと思ったら、撮影した写真をどう編集するかというところに重点が置かれていたのに意表を突かれました。

    ソフトでの編集でキレイな写真を仕上げるというのは「ちょっとズルいな」というのが最初の素直な感想です。

    専用ソフトを駆使すればそりゃぁ素晴らしい写真ができるでしょう、と。

    ただ、この感覚は、僕が期待していたモノと違った内容だったら出てきた部分もあり、最初から「Lightroomでの編集方法」というのが分かっていたら違う感想になったはずです。

    現に、内容をよく読んでいくと、後で編集するために必要な色を残すための撮影方法などが書かれているので、ロケハンから撮影、編集まで一貫したテクニックを紹介してくれるわかりやすい本となっています。

    「冷たい印象にするために色温度をマイナスにする」など、なぜそうするのか、そうするためにどうするのかが書かれているのが良いですね。

    LingtroomはPhotoshopとのセットで持っているのですが、まだ使いこなしていないのでこれを機に使い方を覚えてみます。

    撮影テクニックもスゴい

    この本を読んでいると、良い写真を撮るためには下調べと想像力がとても大事なんだと実感させられます。

    特に、自然を撮影するような場合は、撮影したい景色とシチュエーションをイメージし、天候や風の有無、雲や日の出日の入りの時間、様々な要素を下調べした上で撮影に臨む。

    それでも期待通りのモノが撮れなかったり、逆に思わぬ良い写真が撮れたりするなど、本気で素晴らしい写真を撮る大変さと面白さを感じることができます。

    なんとかマネできそうな撮影方法もありますが、中には「これはマネできない…。」というテクニックもあります。てか、ほとんどマネできないようなものばかりですがw

    例えばイルコさん(@ilkoallexandroff) のこの写真。

    RT大歓迎!カメラマンとして、「悪い天気」なんてありません!雨も天気がいいし、青空も天気がいい!台風もいい、雪が降ってるときも天気がいい!曇りも、綺麗な夕日ももちろん天気がいい!それぞれはその時にしか撮れない写真あります!イェーイ!! ぜひいいね・コメントしてくれたら嬉しいです! Feel free to like & comment, I appreciate it! 歡迎大家評論,點讚並且分享我的作品 #ストロビスト #ポートレート #雨 #ファインダー越しの私の世界 #Strobist #instagramjapan #大阪 #東京カメラ部 #ig_today #igersjp #tokyocameraclub #instalike #instagramhub #team_jp_ #vscogoodshot #marvelshots #fotodome #portrait_perfection #被写体 #イルコ #光の魔術師 #写真撮ってる人と繋がりたい #instagramhub #カメラ女子 #canon #lovers_nippon #weekly_feature #写真好きな人と繋がりたい #portrait

    A post shared by Ilko Allexandroff / イルコ・光の魔術師 (@ilkoallexandroff) on

    美しいという言葉がぴったりの一枚ですが、撮影には照明やフィルター、雨という悪天候さえ使ってしまうテクニックは感心してしまいました。(詳しい内容は本書に書かれています。)

    あとこの写真。

    もう一枚土砂降りで撮った写真!こういう状況で体と機材の限界出せるのがめっちゃ気持ちいい!残念ながら、防水なのは人間だけだね 笑 イェーイ!今日は茨城県来てますよ! In these severe conditions it is so cool when you get the maximum from your equipment and yourself! Unfortunately waterproof are only humans lol #ストロビスト #ポートレート #雨 #ファインダー越しの私の世界 #Strobist #instagramjapan #和装 #東京カメラ部 #ig_today #igersjp #tokyocameraclub #instalike #instagramhub #team_jp_ #vscogoodshot #marvelshots #fotodome #portrait_perfection #被写体 #イルコ #光の魔術師 #写真撮ってる人と繋がりたい #instagramhub #カメラ女子 #canon #lovers_nippon #weekly_feature #写真好きな人と繋がりたい #portrait

    A post shared by Ilko Allexandroff / イルコ・光の魔術師 (@ilkoallexandroff) on

    雨の中の撮影ですが、イルコさんも海に入って撮影したとのこと。
    撮影風景

    写真撮影はここまでやることができるのかと感嘆のため息しか出ません。

    こんな撮影テクニックが他にもたくさんあり、どれも事細かに書かれています。

    ここまでやるのか…が詰まった本

    正直、1/3〜半分は僕にはマネできないなという内容ばかりです。

    ですが、「ここまでやるのか」というのと「ここまでやっていいのか」ということを知れたのはとても良かったです。

    完成形をイメージするところからはじめ、計画して撮影、編集までの一連の流れがよく分かるのは、写真をはじめたばかりの僕にはとても参考になりました。

    世界が広がった感じですね。

    その広さにあっとうされもしましたが …w

    おわりに

    今まで基礎的な技術本を読んできましたが、実践的な本はこれが初めてでした。

    学んできた基礎知識を作品作りに応用するのは、なかなか難しそうだなと感じています。

    でも、最初から上手く撮れるわけではないので、まずは経験をしっかり積んでいきたいと思います!

    続きの記事 → インスタグラムで心を震わせる! ドラマチック写真術 レビュー

    役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

    ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから