経験知ロゴ 経験知トップへ

FXで使われるロット(Lot)あるいは「枚」とは?

ロットあるいは枚とは

ロット(Lot)あるいは、枚とは、FX取引で使われる最小の取引数を表しています。

FXでは、「ロット」や「枚」という単位を使って取引するので、しっかり理解しておきたいことです。

この記事では、ロットや枚について詳細に紹介します。

最小の単位

FXのでは、外国のお金を最低いくら買わないといけないというルールが、契約FX会社によって決まっています。

基本的には10,000通貨である場合が多いですが、最近では1,000通貨から取引できる会社、あるいは1通貨から取引できる会社も増えてきました。

通貨とは?
外国のお金の総称です。米ドルやユーロなどと置き換えるとわかりやすくなります。FXで使われる単位「通貨」とは?

最低取引額が10,000通貨の会社で米ドルと取引するときは、最低でも10,000ドルを購入しなければなりません。

1,000通貨の場合は最低1,000ドルです。

FXで注文するときは売り買いしたい外国の通貨を入力する必要があるのですが、「430000」って入力するのめんどくさいですよね。

「0」が多いので入力し間違える可能性もありますし。

そこで使われるのがロットです。

最低取引額が10,000通貨と決まっているのなら「0,000」部分はいらないということで、「ロット」という単位を使って簡略化します。

「430,000」なら「43ロット」というように。

これで注文時は「43」と入力するだけでよくなり、わかりやすくなりました。

そして、最低取引額が1,000通貨の場合は「1,000」が「1ロット」になるので、先程の場合は「430ロット」となります。

このように、「ロット」は最低取引額によって変わるので、会話などでやり取りするときは注意が必要です。

1ロットといっても、10,000通貨の場合もあるし、1,000通貨、あるいは別の場合もあるのです。

基準の通貨単位

とはいっても、1ロットというと、基本的には10,000通貨のことを指します。

混乱を避けるために1ロット10,000通貨で取引する業者が増え、1,000通貨で取引できる場合は0.1ロットなど、小数点を使って表すようになってきています。

ですので、1ロット10,000通貨と思って間違いないのですが、ロットとは絶対的な単位ではないので、1ロットが場合によって変わるということも知っておきましょう。

枚とは

説明をロットで統一してきましたが、「枚」はロットと同じ使い方をします。

取引するFX会社によって「ロット」を使う会社と「枚」を使う会社がありますが、呼び方が違うだけで使い方は一緒です。

「43ロット」は「43枚」と同じです。

おわりに

ロットや枚は、FX取引をする上での大事な単位です。

取引を続けていれば馴染み深くなりますが、最初はわかりにくいので、しっかり理解して取引しましょう。

▼役に立ったらシェアをお願いします