経験知ロゴ 経験知トップへ

FXにおけるスプレッドとは?原則固定や手数料無料の罠

スプレッドとは

FXにおけるスプレッドとは、外国のお金を売り買いするときの価格の差のことです。

スプレッド3銭というのは、自分が持っているドルを1ドル100.00円で売れる状態なのに、ドルを買う場合は場合は1ドル100.03円(100円3銭)になっている状態です。

銭とは?
1円より下の位です。100銭で1円になります。FXで使われる「銭」とは?

この買い取り価格と売り価格の差がスプレッドです。

この記事では、スプレッドについて、専門用語をなるべく使わずわかりやすく紹介します。

業者の買い取り価格と販売価格がなぜ違うのか

FX業者は、外国のお金の買い取り価格と販売価格に差を付けることで利益を得ています。

簡単な取引を例にその仕組みをみていきましょう。

FX業者の買い取り価格が100.00円、販売価格が100.03円の時、1,000ドル買ってしてすぐに売ったとします。

販売価格が100.03円(100円0.3銭)で1,000ドル買うので、

100.03円 × 1,000ドル = 100,030円

となり、100,030円(10万30円)支払ってFX業者から1,000ドルを買うことになります。

この買った1,000ドルを再びFX業者へ売ると、FX業者の買い取り価格が1ドル100.00円なので、

100.00円 × 1,000ドル = 100,000円

となり、100,000円戻ってきます。

まとめると、FX業者と1,000ドルをやりとりしただけで、100,030円が100,000円になってしまいました。

僕らは30円損していますが、FX業者は30円儲けています。

つまり、スプレッドは業者への手数料みたいなものですね。

そして、スプレッドは業者や取引する外国のお金によって変わってきます。

スプレッドが小さければ小さいほど儲けることができるので、スプレッドは業者を選ぶ基準のひとつになります。

手数料無料の真実

FX業者を選ぶときに目にとまるのが「手数料無料」の文字。

最近ではどのFX業者も手数料無料になっています。

一回の取引するごとに100円FX業者に払う。というようなことはありません。

しかし、先ほども書いたように、外国のお金を買い売るという一連の取引をするとスプレッド分の費用を支払うことになります。

これが実質的な手数料となっていますので、「手数料無料だ!やったー!」と思わないでください。

取引には手数料がかからないと見せかけて、別の方法で手数料を取る手法です。

まぁ、FX業者も儲けないと僕らはFXの取引ができないので手数料を取られるのは仕方ないですけどね。

手数料無料と書いてあってもスプレッドが手数料になっていると知っておいてください。

スプレッドの基準

「業者の買い取り価格と販売価格がなぜ違うのか」の項目でスプレッドを3銭として紹介しましたが、これは計算をやりやすくするためで、実際はもう少し小さい額になります。

実際のスプレッドがどれくらいなのか、僕がオススメするで主要通貨のスプレッドを見てみましょう。(※2017年4月現在のスプレッドです。)

日本円と米ドル0.3銭
日本円とユーロ0.6銭
日本円とポンド1.1銭
日本円とオーストラリアドル0.7銭

米ドル(アメリカのドル)はFXをはじめたらまず取引する通貨なので、0.3銭と他の通貨と比べてかなり安いですね。

米ドルに関してはどの会社も0.3銭(2017年4月現在)なので、スプレッドを比較するなら他の通貨になるハズです。

取引する通貨によってスプレッドは変わると言うことを覚えておきましょう。

原則固定とは?

FX業者のスプレッド表示には、隅っこに「原則固定」と書かれています。「固定」なのは良いけど、「原則」って固定じゃないときがあるみたいで嫌な響きですよね。

残念なことに実際に固定にならないことがあります。

どの業者もデカデカと「スプレッド0.3銭!」と表示した隅に小さ〜い文字で但し書きが書かれています。

その内容は、リーマンショックや東日本大震災などの突発的な事象、経済指標発表前後などの市場が急変動するような場合にスプレッドが大きくなるというものです。

また、取引者が少ない早朝などもスプレッドが開く可能性があります。

スプレッドの幅が大きくなるということは、得られる利益が減ってしまうので、スプレッドが変動するような時間の取引は注意が必要です。

Webサイトで経済指標のスケジュールを公開しているところもあるので、スケジュールを把握して取引しましょう。

天災は予測できませんがね…。

おわりに

スプレッドについて紹介しました。

スプレッドとは、FX業者が外国のお金を買い取る価格と販売する価格の差のことで、FX取引の実質的な手数料です。

通貨によってスプレッドは変わってきます。

続きの記事 → FXで使われる単位「通貨」とは? 1,000通貨、10,000通貨など

▼役に立ったらシェアをお願いします