経験知ロゴ 経験知トップへ

FXで使われる単位「通貨」とは? 1,000通貨、10,000通貨など

通貨とは

FXの口座選びをしていると、

  • 1,000通貨から
  • 10,000通貨から

という表記が目に止まります。

「通貨」ってどういう意味なのでしょうか?

この記事では、FXで使われる単位「通貨」について紹介します。

通貨は外貨の代わり

FXでは様々な国のお金をやり取りをします。

米ドル、ユーロ、豪ドル、英ポンド、など、様々です。

いろいろあるお金を、その都度表記していたらややこしいので、「通貨」という言葉にまとめているのです。

「通貨」というお金があるのではなく、「ここに外国の通貨が入る」という感じですね。

なので、「1,000通貨」といったら、

  • 1,000米ドル
  • 1,000ユーロ
  • 1,000豪ドル
  • 1,000英ポンド

というように「通貨」の部分を各国の通貨に変えてみるとわかりやすいです。

1,000通貨、10,000通貨とは

では、「通貨」の前にある数字は何なのでしょうか。

これは、最低取引数を表しています。

最低取引数が10,000通貨のFX会社で、米ドルを売り買いしたいのなら最低でも「10,000ドル」を購入しなければならないということです。

この記事を執筆している時点でのドルは、1ドル110円前後なので、

10,000ドル × 110円 = 1,100,000円

百十万円前後は最低でも必要です。

※スプレッドを使用すると最高で1/25の金額(この場合だと125,000円前後)で取引できるようになります。

1,000通貨のFX会社の場合は、

1,000ドル × 110円 = 110,000円

となり、十一万円前後で取引できます。

ただ、最低取引額といっても、「1,500通貨」のような中途半端な数を購入することはできません。

1,000通貨なら1,000単位でしか買えないのです。

1,000、2,000、8,000、23,000、389,000…

と、1,000刻みで買ったり売ったりすることになります。

10,000通貨なら、10,000単位での売買です。

ロット(Lot)あるいは「枚」

最低取引額と取引単位が決まってくると、120,000通貨という表記や入力はめんどくさくなります。

FXでの取引では、取引する額を入力して買ったり売ったりするのですが、キーボードで「120,000」という入力は、「0」の入力分は毎回同じなので無駄な動作ですし、勢いで「0」を一個多く打ってしまうということもありえますよね。

そこでFXでは、最低取引額を1ロット(Lot)という単位を使ってやり取りします。

最低取引価格が10,000通過の場合い、10,000通貨が1ロットとなり、「120,000通貨」取引したい場合は「12」と入力するだけでよくなります。この場合は12ロットですね。

また、ロットの代わりに「枚」という単位を使うこともあります。上記の場合は「12枚」というような表現になります。

おわりに

最低取引額を把握することはFXをはじめるうえでとても重要です。

最初はわかりにくいですが、一度理解して取引をはじめればすぐに慣れます。

「通貨」とは外国のお金の単位が入ると覚えればOKです。

続きの記事 → FXで使われるロット(Lot)あるいは「枚」とは?

▼役に立ったらシェアをお願いします