経験知ロゴ 経験知トップへ

FXにおけるレバレッジとは?

レバレッジとは

レバレッジとは、自分が持っているお金より多くのお金を運用できる仕組みのことです。

FXでは、レバレッジを利用することで多額の利益を得ることができますが、レバレッジを使って大きな損を出す人もいます。

この記事では、FXにおけるレバレッジについて詳しく紹介します。

レバレッジとは

レバレッジは日本で言う「てこの原理」のことです。

「てこ」は、石の運搬などにも使われていた、小さな力で大きなものを動かすことができる仕組みです。

FXでは、100万円の手持ちのお金があったら、1000万円や2000万円のように、自分が実際に持っていないお金を運用することができます。

このように、自分が持っているお金以上のお金で運用することを、

「レバレッジをかける」

と言い、かける倍率によって、

「レバレッジ何倍」

というような言い方をします。

FXにおけるレバレッジの倍率

2010年までは、FXのレバレッジに倍率の制限は無く、2010年に最大50倍、2011年に最大25倍と最大倍率が変化してきました。

2017年現在、レバレッジの上限は25倍です。

ただし、これは個人の場合で、法人になると100倍までレバレッジをかけられるようになります。

上限倍率
個人25倍
法人100倍

レバレッジの力で利益が25倍に

レバレッジをかけると利益がどのようになるか見てみましょう。

100万円の手持ちのお金があり、1ドル100円のときにドルを持っているお金すべてを使って買ったとします。

100万円 ÷ 100円 = 1万ドル

1ドル101円になったら、

1万ドル × 101円 = 101万円

101万円になり1万円の利益が出ます。

では、レバレッジを10倍かけて1000万円になったらどうでしょうか。

1000万円 ÷ 100円 = 10万ドル

1ドル101円で売ると、

10万ドル × 101円 = 1010万円

1010万円になり、10万円の利益が出ました。

手持ちのお金は100万円、1ドル100円から101円になったという状況は同じなのに、10倍のレバレッジをかけるだけで利益が1万円から10万円へ10倍もアップしてしまいました。

ひとつの同じ取引をしただけで、何も労力は増えていないのに利益10倍です。

すごいですよね。

このように手持ちの資金の何倍ものお金を運用することで、得られる利益が何倍にもなるのがレバレッジの凄さです。

レバレッジの倍率を上げると、手持ちの資金で得られる通常の利益もレバレッジと同じ倍率で多くなります。

上記取引では、100万円で1万円の利益が出ているので、レバレッジを最大の25倍にしていたた25万円儲けていたということになります。

FXで破産・借金する原因はレバレッジのかけすぎ

レバレッジにより利益の増加を説明してきましたが、利益がそれだけ増えるということは、損した時の損額もレバレッジをかけた倍率によって増えるということも知っておく必要があります。

上記例と同様に、1ドル100円の時に100万円の手持ち資金を全額使った取引の例で見てみましょう。

1ドルが99円になったとすると、

1万ドル × 99円 = 99万円

となり、100万円が99万円になったので1万円の損になります。

10倍のレバレッジを掛けていた場合は10万円の損に、MAXの25倍かけていた場合は25万円の損になります。

100万円が一気に75万円になってしまうのは恐ろしいですよね。

そして、FXでよく聞く「破産」は、このレバレッジを掛けすぎたことが原因となっています。

2017年現在における25倍というレバレッジでは、自分がFX会社の口座に預けたお金以上の損は発生しにくくなっていますが、2010年以前のレバレッジに制限がなかった頃には、100倍、200倍という高レバレッジでの取引が可能だったため、手持ち資金を超えた損を出してしまい、破産してしまうことがありました。

200倍のレバレッジを掛けていた場合、上記例では1万円の損が200倍の200万円になってしまうので、手持ち資金の100万円を大きく越えての損となり借金となるのです。

100万円の手持ち資金ならまだそれだけで済みますが、1000万円、1億円を200倍のレバレッジで運用していると、1円変動するだけで、それぞれ、2000万円の損となり1000万円の借金、2億円の損となり1億円の借金と、桁違いの借金を背負ってしまいます。

こういったことが起こり得ていたのでレバレッジの上限が25倍に下げられたのです。

とは言っても、25倍のレバレッジでも十分倍率は高く、損を続けているとあっという間に手持ちの資金がなくなり、トレードができなくなるという事態に陥ってしまうので、レバレッジはかけすぎず、自分の力量に合った倍率で運用しましょう。

FX口座でのレバレッジのかけ方

実際にFXをはじめて驚いたのがレバレッジのかけ方です。

事前勉強だと、レバレッジは最高で5倍までかな〜とか考えていたので、最初はとりあえずレバレッジ2倍で運用することにしました。

しかし、いざ取引を始めようとするとレバレッジを設定する項目がありません。

どうやってレバレッジを設定すればよいのかわからず色々試行錯誤していると、

「レバレッジを2倍に設定する」

というような設定項目は無いことに気づきました。

レバレッジは、自分で入金した額と注文した額によって結果的に設定されるものだったのです。

例えば、100万円の運用をしたい場合、5万円入金したら、

100万 ÷ 5万 = 20倍

となり、レバレッジ20倍で取引していることになります。

100万円を運用をレバレッジ2倍で運用したい場合は、50万円を入金して100万円の取引をすればレバレッジ2倍で取引していることになります。

もちろん、50万円を入金していたら1200万円分まで取引でき、1200万円分注文したら、レバレッジは25倍でとりひきしていることになります。
※FXの取引はFX業者が設定した通貨単位が最小の取引額になります。今回の場合は1万ドルを基準に説明しているので、

50万 × 25倍 = 1250万円

となりますが、1万ドルが基準なので50万円分は取引できないので1200万円分としています。

通貨とは?
外国のお金の総称です。米ドルやユーロなどと置き換えるとわかりやすくなります。FXで使われる単位「通貨」とは?

このように、レバレッジの設定はシステムで設定するのではなく、自分の入金額と運用額により後付で決まってくるのです。

もちろん、設定画面でレバレッジの設定をできる会社もありますが、設定できる会社はかなり少なく、このように自分で計算して入金する場合がほとんどのようです。

おわりに

FXにおけるレバレッジについて説明しました。

レバレッジは使い方によって利益が大きくなったり損が大きくなったりします。

その仕組をしっかり理解し、自分の実力と照らし合わせて適切なレバレッジで運用できるようになりましょう。

続きの記事 → FXにおけるロスカットとは?損を拡大させないための大事な仕組み

▼役に立ったらシェアをお願いします