経験知ロゴ

ICLの適応検査から手術前日までの流れと準備するもの

ICL手術前にやること

ICLの適応検査で問題なく施術できることがわかり、そのまま契約をしてレンズを発注しました。

レンズが届かないと手術日が決められないので、ひたすら待っている状態でしたが、思ったより早くレンズが到着して手術日程が決まりました。

ICLの手術日前にはやっておかなければならないことや、持ち物がありますので紹介します。

※僕が施術した品川近視クリニックの場合です。他の院では違う場合があります。

ICLレンズが届くまでの日数

ICLレンズを注文してから13日後の11時45分に「レンズが届いた」という電話が品川近視クリニックからありました。

僕のレンズは、乱視が入っていて度数も高いため最長3ヶ月かかると言われていたので、2週間かからずに届いたのに驚きました。

ついでに聞いてみたところ、レンズ発注してから作成するレンズでも、作成と輸送がスムーズなら2週間ぐらいで届くとのこと。

在庫がある場合は、レンズ発注したその日の夜に電話があることもあるようです。

電話の内容

レンズ到着電話の後、手術日程や注意事項等の説明もありました。

手術の日程決定

予約するのは、手術日、翌日検診、1週間後検診の3日間。

手術は毎日可能だが、

  • 9:30
  • 10:30
  • 11:30
  • 12:30
  • 13:30

の時間でしか手術ができない。

手術日は、手術と検診で5時間ぐらいかかるとのこと。

また、手術の翌日検診と1週間後検診は、毎日の

  • 10:00
  • 10:30
  • 11:00
  • 11:30

のいずれかで予約をとるとのこと。

かかる時間は問題がなければ1時間。炎症などがみられたら2〜3時間。

1週間後検診まで頭に入れて予約をとるので、予定の調整がちょっと難しかったです。

1週間後検診はピッタリ1週間でなくとも、1〜2日ぐらいなら前後しても大丈夫なようで、8日後に予約しました。

なお、手術の当日変更・キャンセルは材料費として手数料1万円かかる。

当日の持ち物

  • レンズ注文時にもらった同意書
  • 手術代金
  • レボフロキサシン点眼液
  • 診察券
  • ヘアゴム(髪の長い方のみ、シュシュや飾りつき不可)
  • 印鑑

同意書は名前や住所など記入し、印鑑を押しておく。印鑑は2枚目も押す必要があるので注意。

当日の注意

  • 静電気が起きやすい衣服、繊維が飛びやすい衣服(ウールやファー素材)は手術に影響があるので着てこないように。フードのついたものやタートルネックの衣類、帽子は東武が安定しないため避ける。手術室は低温で乾燥するので上着や羽織るのもがあると良い。
  • 手術1時間30分前から絶食
  • 手術室に入る際、スリッパに履き替えるので脱ぎやすい履物で来る
  • ピアス・イヤリング・ネックレス類は外す
  • 香水・整髪料・制汗スプレー等の当日使用は控える
  • 手術当日はノーメイクで。日焼け止め、ファンデーション、アイブロウ、口紅も全て不可。化粧水・乳液も目の周りにはつけないように。
  • 乗り物を運転しての来院は不可

手術の3日前から目薬を

手術3日前から、レンズ注文時にもらった目薬(レボフロキサシン点眼液)を、起床時・朝・昼・晩・就寝前の1日5回点眼する。
レボフロキサシンのさしかた

手術日当日も朝から点眼し、点眼薬も手術に持ってくる。

手術日までに実際にやったこと

手術日までにやったことを紹介します。

部屋の掃除

ICL手術で怖いのが感染症です。

感染症の可能性はできるだけ下げたいので、手術日の4日前に部屋の大掃除をし、可能な限りホコリがない状態にしました。

4日前にしたのは、掃除中に目にホコリが入ったとしても、3日前点眼でなんとかなるだろうと考えたからです。

普段掃除しないような場所まで掃除し、ホコリが出やすい布団もクリーニングに出しました。

洗髪シートを購入

手術後、水が目に入るのを防ぐため最低1週間は洗髪・洗顔ができません。

そこで、ドライシャンプーシートを購入しておきました。

ドライシャンプーも検討したのですが、液体なので垂れて目に入ったら最悪なのでやめました。

顔は目以外を濡れタオルで拭くのはOKのようなので、それで乗り切ることに。

からだも濡れタオルでしのぎます。

3日前点眼

手術日の3日前から点眼をはじめました。
点眼

朝起きてすぐに1回点眼し、それ以降はiPhoneのアラームを4時間にセットし、鳴ったら1回点眼してまたアラームを開始するという手順で点眼。

忘れずに点眼できるか心配でしたが、意外と大丈夫でした。

また、点眼薬は、入っていた袋が遮光袋になっているので、しっかり袋に入れて保管する必要があります。

おわりに

ICLの適応検査から手術前日までの流れと準備するものについて紹介しました。

手術前から点眼するのがちょっとめんどうですが、感染症予防のため大事なのでしっかり点眼する必要があります。

続きの記事 → 【体験談】ICL手術当日の流れ、痛さ、かかった時間、料金を詳細に紹介

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから