経験知ロゴ 経験知トップへ

太もも4回目の照射

太モモ4回目の照射

太ももの永久脱毛4回目を照射してきました。

1回目の照射後、ヒリヒリがなかなか完全に収まらない問題がありましたが、今ではヒリヒリ感も無く普通の状態です。

この記事では、太もも永久脱毛4回目の感想を紹介します。

前回の3回目照射後の経過

3回目の照射後、2〜3週間ほどかけて剃った毛が生えてきて、3〜4週間で毛が抜け落ち、4〜8週間の間は毛が殆ど無い状態で、9週目ぐらいから徐々に生え始めてきました。

ヒザ下の3回目の照射後、新しい毛が生えはじめてきたのは12週ぐらいからだったので、太ももは生えてくるのが早いな〜と感じます。

ヒザ下3回目の照射後の流れはこちらの記事に書いています。
お尻、ヒザ下4回目の照射

これなら、1回目の照射後に太もものヒリヒリが収まらなかったことで間が空いてしまったヒザ下・お尻と同じ日に4回目の照射ができるかなと思いましたが、太ももの照射漏れがまたあり、3回目の照射から1ヶ月後に照射したので太ももの毛が生え揃うのが1ヶ月遅れてしまい、空いた間隔は結局埋まりませんでした。

9週目ぐらいから生えはじめましたが、伸びるスピードはかなり遅いので、脱毛の効果を実感できます。

20週ぐらいで次の照射をしても良いぐらい生えたのですが、照射漏れを再照射した場所だけ生えきっていない状態なので、それらが生え揃うのを待ち、3回目の照射から24週間と1日(5ヶ月と16日)間を開けて照射となりました。

各回数ごとの間隔はこの様になっています。1回目と2回目の間はヒリヒリが完全に収まらなかったのであいていますが、問題がなければ14週で照射できる状態でした。
回数間隔
1〜2回目127日(18週間と1日)
2〜3回目124日(17週間と5日)
3〜4回目169日(24週間と1日)

4回目の照射直前の毛の状態は、「あまり薄くなっていないな〜」と思ったのですが、脱毛を始める前の写真と見比べてみると半分ぐらいの薄さになっているのに驚きました。

脱毛の効果もそうですが、照射前の自分がどんだけ毛深かったか思い知らされましたw

ギャランドゥ、ビキニライン、太ももが完全につながっていたのが、今ではギャランドゥはもうほとんど生えていないし、ビキニラインと太ももは完全に分断されていますからね。

凄いぜ永久脱毛。

照射の準備

1回目の照射がめちゃくちゃ痛かったので、2回目から塗り麻酔を使っています。

痛みを7割ぐらいまで減らしてくれるので、今回も使いました。

塗り麻酔は、5gで税込3,240円のエムラクリーム。

1時間前に来院し、お金を払ってクリームを購入。使い捨ての手袋とサランラップを貸してもらえるので、トイレに入って自分で塗り、サランラップを巻いて待合室で待ちます。

照射時間になり、担当医が呼びに来たら施術室に入って照射開始。

照射する機械

いつもはメディオスター・ネクストでしたが、今回はライトシェア・デュエットでした。

ライトシェア・デュエットの方が痛いというのが一般的なのでちょっと不安に…。

照射開始

今回は太ももの裏からの照射でした。

うつ伏せになって片方ずつ照射していきます。

かなり身構えて照射を待っていたのですが、実際に照射が始まるとほとんど痛くない…!

太ももの裏は比較的毛が薄いのでメディオスター・ネクストでもあまり痛くなかったのですが、それでも毛が濃い部分は痛いです。一番痛い部分で5段階の痛みだとすると3ぐらいの痛み。

それが今回のライトシェア・デュエットだと、1〜2程度の痛みしかありませんでした。

「え、これレーザー効いているの?」と、心配になるぐらいの痛みのなさに驚いていたのですが、片方の足の照射が終わると、いつもの感じる照射後のヒリヒリと熱がこもった感覚がしたのでどうやら効いているようです。

担当医に聞いてみたのですが、毛穴の照射反応はしっかり出ているとのこと。

メディオスター・ネクストよりライトシェア・デュエットの方が痛いと言い切っていましたが、メディオスター・ネクストの方が痛いと感じる人も稀にいるようです。

僕はその稀なパターンなのかもしれません。メディオスター・ネクストで照射した太ももめっちゃ痛かったですからね…。

太ももの裏が終わって仰向けになり、一番痛い太ももの表面の照射。

裏面はそれほど痛くなかったので表面も大丈夫だろうという淡い期待はありますが、今まで3回照射した経験からすると痛いだろうなと想像してしまいます。

実際に表面の照射が始まると…想像より全然痛くない!!

塗り麻酔をしていることもあるでしょうが、5段階の痛みだとすると2〜3程度で、余裕で耐えることができました。

今まで太ももを照射した中で、圧倒的に一番痛くなかったのには驚きました。

毛が薄くなってきていることも関係しているはずですが、ライトシェア・デュエットが僕の体質に合っていると考えて良さそうです。

次もライトシェア・デュエットがいいな〜

メンズリゼクリニックでは基本的に照射する機械の指定はできません。

照射時間

剃り残しは殆どなかったので、剃毛はほぼ無く、すぐに照射が始まりました。

ですが、ライトシェア・デュエットは1回1回ズラしながら照射するので、照射面を滑らせて照射するメディオスター・ネクストより時間がかかります。

いつもなら25分前後で終わるのが、35分かかりました。

おわりに

デリケートゾーンやヒザ下、お尻、ギャランドゥは麻酔なしでも耐えられる痛さですが、太ももはめっちゃ痛いので、僕の脱毛コースの中の鬼門となっています。

今回は驚くほど痛くなかったので、身構えていたのが肩透かしを食らった形となりました。

痛くない方に透かされたので全く問題ないですけどねw

次回の5回目でセットコースを全て終えることになりますが、今までの毛の状態からすると、完全にツルツルになるには合計で8〜10回ぐらい必要な感じです。

確実に毛は薄く減ってきているので、完全にツルツルになる日が待ち遠しい!

続きの記事 → ライトシェア・デュエット(LightSheer DUET)の痛みや効果と特徴

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから