経験知ロゴ 経験知トップへ

デリケートゾーン12回目の照射

メンズリゼVIO脱毛

メンズリゼでデリケートゾーンの永久脱毛12回目の照射を受けてきました。

毛の量的には残りの2~3割がなかなか減らず、回数をこなしていくと毛が減るスピードが落ちてくるのを実感します。

毛が生え揃うのにも時間がかかるので、次の照射まで時間がかかるのももどかしいです。

ツルツルの状態はとても気持ちよいのでさっさと毛を駆逐してやりたいです。

この記事では、デリケートゾーン脱毛12回目の照射について紹介します。

照射間隔

今までの照射間隔は下記のようになっています。

回数間隔
1〜2回目60日(8週間と4日)
2〜3回目93日(13週間と2日)
3〜4回目124日(17週間と5日)
4〜5回目169日(24週間と1日)
5〜6回目148日(21周間と1日)
6〜7回目132日(18週間と6日)
7〜8回目162日(23週間と1日)
8〜9回目190日(27週間と1日)
9~10回目209日(29週間と6日)
10~11回目141(20週と1日)
11~12回目168日(24週間)

前回の間隔より4週間増えましたが、毛の量的には20週間での照射で十分だったと思います。

20週間を超えて予定が合えば行くという感じになています。

受付

メンズリゼ渋谷院に到着し、ロッカーに入っているスリッパを取り出して自分の靴を入れ、ダイヤル式の鍵を閉めて受付へ。

診察券を出し、机の上に置かれているコロナ関連の質問内容を読み、該当がないか確認し、該当がないので「ないです」と伝えるとおでこで検温。

追加の施術なので、セレクト5と2部位の照射で税込41,400円を支払う。(デリケートゾーン3部位以外にも、お腹、お尻、太もも、ヒザ下が入った料金です)

契約書に日付と名前を記入。

紙の番号札を受け取り、待合席で待つ。

照射の流れと痛み

照射時間5分前に担当者が来て、僕の番号を呼んだので施術室まで付いていく。

部屋に入るとロッカーにかばんを入れ、本人確認のため名前を聞かれるので自分の名前を伝える。

担当者は一旦外に出るので、下着を脱いでベッドの上にあるタオルを巻いてベッドに寝て待つ。

以前のタオルはプールの着替えの時に使う腰巻きタオルだったが、普通のタオルに変わっていた。

しばらくすると担当者が戻ってくる。

目の保護用のゴーグルを装着し、マーキングをして照射開始。

Vライン

今までの担当者は、右の骨盤部分からヘソ下へ向かって照射し、ヘソの下にきたら一段下がってもと来たほうに戻っていくというかんじだった。

今回の担当者は、右の骨盤部分から左の骨盤部分まで一気に照射し、そこから1段下がって逆側まで照射する流れ。

一気に照射するので多少効率が良いのかな?

いつもと違う流れで新鮮だったが、これはこれで良いような気がする。

痛みに関しては、レーザーの出力が上がっているので毛が薄い部分でも痛みを感じるが、これは問題なく耐えられる痛さ。

男性器に近づいてくると痛みは上がっていき、棒の根本が一番痛い。

痛さ的には今までと変わっていないと思うが、痛さも予測できるし慣れてきたので覚悟をしっかりしていれば耐えられる。

男性器

Vラインが終わったあとは、男性器と袋部分。

足の裏を合わせてヒザを開く感じにした状態で、袋のお尻の穴方面からジグザグに照射。

こちらも、今までの担当者は左右分けて照射していたが、今回の担当者は端から端まで照射していく。

袋の痛みは余裕で耐えられるが、股関節部分の一発はやたら痛い。

今までは男性器周りが一番痛かったが、最近では関節部分が一番痛いのではと思うようになってきた。

最初はそこまで気にならなかったが、レーザーの出力が上がってくると皮膚が寄せられている部分が痛くなってくるのかも。

VIO最大の難所の男性器の根本周り一周も、男性器部分と併せて照射したため、根本周り一周をすること無く痛みが分散されたのは良かった。

デリケートゾーンと男性器終わったので、炎症止めのジェルを塗ってOラインの照射へ。

Oライン

うつ伏せになり、少し足を開いた状態でOラインの照射。

尾てい骨部分から男性器の方に向かってジグザグに照射していく。

お尻の場合、お尻を開く必要があるためか、端から端まで照射ではなく、谷間部分は左右分けて照射した。

お尻の穴部分を照射する時は、「お尻の穴のシワ部分を照射します。」と言って照射されたが、「シワ部分って言う必要ある?w」と心のなかでツッコミを入れながら照射を受ける。

お尻の毛の量はかなり減ってきていて、痛みは余裕で耐えられる痛さだが、男性寄付金の関節部分の1発はかなり痛かった。

これで照射完了で、炎症止めのジェルを塗ってもらい、注意事項の説明をされる。

担当者が出ていったあと、服を着て部屋を出る。

照射にかかった時間

施術室に入ってから出てくるまで25分でした。

剃毛もなくスムーズに照射終了

おわりに

VIOの照射はかなりの回数こなしてきましたが、照射間隔が長くなっているのでなかなか照射できずもどかしいですね。

毛が薄くなってきたのは良いですが、あるのとないのとではぜんぜん違うので、早く全部なくしたいです…。

続きの記事 → ヒゲの永久脱毛10回照射した感想、毛の状態、良かったこと悪かったこと

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから