経験知ロゴ 経験知トップへ

デリケートゾーン2回目の照射

デリケートゾーン2回目の照射

デリケートゾーン(VO男性器)の1回目の照射から2ヶ月経ち、2回目の照射に行ってきました。

1回目の照射は部位によってそれなりに痛かったですが、後を引かない痛さだったので問題ありませんでした。

2回目の照射を早くしたくてウズウズしていたので、照射日が待ち遠しかったです。

基本的な流れは1回目と同じだったので、この記事では2回目の痛みと時間について詳しく紹介します。

デリケートゾーン2回目の照射の痛さ

注射の痛みって腕を出してアルコール消毒されると鮮明に思い出しますよね?

そんな感じで、施術台に横になって下半身をさらすと施術の痛さを鮮明に思い出しました。

痛みを受ける場に来て準備をすると痛みを思い出すのって不思議ですよね。

2回目の照射なので、どの程度の痛さかは分かっているので怖さは全くありません。

照射前に剃毛の巧さを褒められました。

男性でこれだけしっかり剃毛できる人はまずいないそうです。

剃毛の研究をした甲斐がありました。

剃毛のテクニックはこちらの記事で。
男の陰毛・ケツ毛(尻毛、Oライン)を簡単に剃る方法

2箇所ほど軽くシェーバーを当てられただけで照射開始。

前回より早く照射がはじまりました。

今回もデリケートゾーンはジェントル・ヤグでの照射。

順番は前回と同様、ビキニライン、男性器、Oラインの順。

ビキニライン

ビキニラインは骨盤の部分から横に照射し、身体の真ん中まで来たら一段下に下がり外側に向かって照射というようにジグザグで下っていきます。

毛の無い端の部分は全くと言って良いほど痛くなく、冷却ガスの冷たさを感じるだけです。

男性器根元とヘソ下のラインに近づくにつれてだんだんと痛くなります。

痛さは、輪ゴムを一点集中で弾いたような痛さで痛みは2秒ぐらいですぐ消えるので普通に耐えられます。

男性器

続いて男性器。

陰嚢のお尻側から順に照射していきます。

1回目は完全に未知数だったので怖かったのですが、そこまで痛くないと実感したので今回は気楽に照射を受けられました。

実際に照射がはじまってもそれほど痛くない。デリケートゾーンの一番痛い場所を5の痛みとしたら3ぐらいの痛み。

陰嚢って実は痛みをあまり感じないんじゃないか?と思うほど。

金的で痛いのは睾丸の痛みだからで、陰嚢の皮膚は意外と鈍感なのでは?という仮説を照射中に考える余裕がありました。

陰嚢部分が終わると棒部分へ。

根元周りの1周はデリケートゾーンで一番の痛さです。

とは言っても、耐えられない痛さではないので、痛みを覚悟していればあっという間に終わります。

Oライン

最後は、うつ伏せに体制を変更し、足を軽く開いてOラインの照射です。

山場の根元周りを過ぎたのですでに余裕モード。

尻の割れ目をぐいっと広げられて陰嚢側から片方ずつ順番に照射されていきます。

お尻の穴周りもそこまで痛くなく、普通に終了。

全体的に痛みが減ったような気がする

2回目の照射を通して、1回目の照射より痛みは減ったような気がします。

といっても、1回目の照射の9割ぐらいの痛さですが。

これは、2回目で痛みに慣れたからなのか、毛の量が減ったからなのか分かりませんが、痛みが減っていたのでとりあえず良かったです。

そして、痛みが減った原因のひとつに考えられるのが、剃毛をしっかりしてきたのでレーザー照射直前に剃毛をする必要が無かったということです。

剃毛は肌をどうしても傷つけてしまうので、傷ついた状態でレーザー照射をすると痛くなってしまうとのこと。

今回は直前の剃毛を全くと言って良いほどやらなかったので、それが痛みの軽減に繋がっている可能性もあります。

前日の夜に頑張って剃毛して良かったです。

かかった時間

1回目と比べるとあっという間に終わりました。

最初は写真撮影や説明などがあったのでどうしても時間がかかってしまいます。

1回目の施術室に入ってから出るまでの時間が40分ほどだったのが、今回は25分ほどで出てくることができました。

照射開始までの時間が早かったのがちょっと焦りましたw

「もう照射!?」

って感じでw

おわりに

デリケートゾーンに毛が無い快適性を知ってしまったので、一刻も早く永久脱毛を完了させたい欲求に駆られています。

次の照射日が待ち遠しくて仕方ありません。

脱毛楽しいですよ。身体を改造して快適なボディになっていくのが快感です。

1回目と2回目の間は2ヶ月でしたが、3回目は3ヶ月後以降と少し間が開きます。

続きの記事 → メンズ脱毛実体験記 お腹・ギャランドゥ編 1回目 ライトシェア・デュエットはけっこう痛かった

▼役に立ったらシェアをお願いします