経験知ロゴ 経験知トップへ

デリケートゾーン3回目の照射

デリケートゾーン3回目

デリケートゾーン(VO男性器)の2回目の照射から2ヶ月半が経ち、3回目の照射に行ってきました。

1回目と2回目の間は2ヶ月(8週間)でしたが、2回目と3回目の間は2ヶ月半(10週間)なので、2回目の照射時よりかなり毛が生えた状態に。

毛が生えそろった状態で照射すると効果が高いので、3回目の照射が楽しみでした。

前日に自宅で行った剃毛はなかなか大変でしたが、下記記事の方法でしっかり剃ったので完璧です。

いざレーザー照射に向かったのですが、ビキニラインだけいつもと違う機械を使ったので想定外の痛さでした…

それでは、デリケートゾーン永久脱毛3回目の照射の痛さについて紹介します。

デリケートゾーン3回目の照射の痛さ

1回目と2回目はVO男性器の全てをジェントル・ヤグで行っていたのですが、今回は多の部位との兼ね合いでビキニライン(Vライン)をメディオスターNeXT、Oラインと男性器をジェントルヤグで照射することになりました。

ビキニライン

ビキニラインで照射したメディオスターNeXTは、一般的には多の機器より痛くないという評判ですが、個人的には苦手な痛さで、足の太ももとひざ下をメディオスターNeXTで照射したときはメッチャ痛かったです。

あまり良い思い出がないのでちょっと心配…。

毛が薄い骨盤部分からビキニラインの照射がはじまると、毛が薄い部分はほんのりとした暖かさを感じるだけで全く痛くありません。

だんだんと男性器の方へ下がってくると、毛が濃くなってくるので痛さが増してきます。

意外に耐えられる痛さだなと思っていたらいきなりの激痛が!

それは、棒の根元部分に機械が触れた時に訪れ、思わず身体が「ビクッ!」と動いてしまいましたw

メディオスターNeXTは、足とビキニラインを照射した経験からすると、平面で肌がピンとなっている場所はそこまで痛くないが、関節部分(お尻と太もも、ヒザの皿周り、男性器周り)みたいに肌がたるむような場所はかなりの痛さになるということです。

メディオスターNeXTはジェントル・ヤグより照射面積が大きいので半分ぐらいの時間で照射が終わりましたが、その分痛さも凝縮されたような感じでした。(痛かったのは男性器周りだけ)

男性器

男性器とOラインはジェントル・ヤグで照射するので別室へ移動しました。

慣れたジェントル・ヤグでの照射だったので、いつも通りの余裕で耐えられる痛さで、陰嚢部分から照射開始。

順調に照射していたのですが、男性器周りの照射はかなり痛かったです。

男性器周りは普通に照射してもそれなりに痛いのですが、今回はメディオスターNeXTで先に照射し、肌にダメージがある状態で更に照射したので1回目2回目と比べると1.3倍ぐらいの痛さでした。

照射漏れがあって中途半端に毛が生えてこられても困るし、耐えられる痛さだったので、2重に照射してもらえて儲けモノという感覚ですw

照射後は痛みが残ることは無く、普通の状態だったのでOKです。

Oライン

男性器は仰向けで照射しましたが、Oラインはうつ伏せで照射するので体制をうつ伏せに変更。

陰嚢側から照射がはじまり、片面ずつ尾てい骨に向かって照射していきます。

お尻の穴周りが一番痛いのですが、他の部分と比べるとそれ以下の痛さなので余裕です。

片方が終わりもう片方を照射して無事終了。

かかった時間

男性器とOラインは剃毛をしっかりやってきたので、すぐに照射をはじめることができ、20分かからずに照射終了しました。

ビキニラインがなかったのも早かった理由ですね。

ビキニラインは多の部分と一緒に行ったので、正確な時間は分かりませんが、ビキニラインをメディオスターNeXTで照射していた時間は2分も無かったはずです。

メディオスターNeXTは照射時間が短いのが良いですね。

おわりに

VO男性器の照射はそれほど痛くないので個人的には余裕なんですが、ビキニラインのメディオスターNeXTはなかなかの痛さです。男性器周りだけで他の部分はそれほど痛くありませんが。

次もメディオスターNeXTになりそうだったらOラインと男性器と一緒にジェントル・ヤグにしてくれとお願いしてみますw

続きの記事 → メンズ脱毛実体験記 お腹・ギャランドゥ編 1回目 ライトシェア・デュエットはけっこう痛かった

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから