経験知ロゴ

お札を折らずに入れるのにピッタリなジップロックの紹介!

紙幣をジップロックへ入れる

僕は海外旅行へ行く際にセキュリティベルトの中にパスポートや現金を入れ、お腹周りに巻きつけて持ち歩いています。

肌に直接巻くのは嫌なので、ウエストウォーマーの上から付けているのですが、汗をかく暑い地域だと、汗でセキュリティベルトが蒸れてしまい、中のお札が湿ってしまうんですよ…。

そこで、お札がピッタリ入るジップロックを探していたのですが、ホームセンターや文房具屋にあるジップロックにはお札を入れるのにちょうど良いサイズがありません…。

ようやく見つけたのが「旭化成のお手軽バッグSS」。

1万円札を入れるのに超ピッタリですので紹介します。

商品写真

1番小さいサイズのジップロック。60枚入り
ジップロック

縦横の長さは165×82mm。開けやすいように片方の口が少し長くなっている。
開けたところ

海外で使い切れなかったお金も、
海外のお金

ピッタリ入れることができる。
お金がピッタリ入る

1番大きい一万円札は、超ジャストフィット。
1万円札

パスポートも入ったらいいなと思ったのですが残念ながら入りませんでした。
パスポートは入らない

因みに、パスポートも蒸れから守るために100均のダイソーで買ったジップロックに入れています。市販のパスポートカバーでは蒸れに対応できないのでジップロック頼りです。
パスポートカバー

ただ、上記ジップロックはジャストフィットすぎてパスポートを取り出すときに口の部分にちょっと引っかかって取り出しにくいのが難点です。

飛行機の搭乗券なども入るので、レシートや観光地の入場券等を保管するのにも便利。
飛行機のチケットも入れられる

ただし、飛行機の搭乗券は高さギリギリですので、あまり量を入れることはできません。

セキュリティバックにもちょうど入る。
セキュリティバックにちょうど入る

実際に使ってみた感想

チャックはしっかり閉められる

この手の小さいサイズだと、チェックが閉めにくかったりするのですが、気持ちがきれいに簡単に閉められることができます。

開けやすい

口の部分が片方長くなっているので口を開けやすいです。

ジップロックの口部分は意外とぴったりくっついてしまうので、開くのが面倒ということは多々ありますからね。

最初は見た目がいまいちだなと思っていましたが、実際に使ってみるとその機能性に納得しました。

袋が薄い

唯一の問題点が袋の薄さです。

かなりペラペラで、軽いのは良いのですが耐久性が心配です。

まぁ、しょっちゅう取り出したり激しくこすれるような事は無いので問題ないと思いますが、一応予備で数枚持っていくようにしています。

両替を激安にする方法

海外旅行へ行く時、空港や現地の両替所で現地通貨を両替していたらめっちゃ損していますよ。

詳しくは下記記事で紹介していますので、知っていたら旅が更に楽しくなりますよ♪

おわりに

ホームセンターや文房具店で、お札をおらずに入るサイズのジップロックが売られていないのが意外でした。

結構需要あると思うんだけどなぁ〜

続きの記事 → 無地でベルト付きのザックカバー「ISUKA(イスカ) ウルトラライト パックカバー」レビュー

海外旅行に便利なアイテム

海外旅行の準備に関する記事をもっと見る>>

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから