経験知ロゴ

長期旅行の洗濯に便利なスクラバウォッシュバッグをレビュー

洗濯に便利なスクラバウォッシュバッグ

海外旅行や世界一周など、長期旅行で問題になるのが洗濯です。

コインランドリーや街のクリーニング屋を使ってもよいのですが、コインランドリーがない場所は多いし、クリーニング屋に出すにしても日をまたいだりするので出しにくかったりします。

手洗いは大変ですけど、費用もかからず自分の好きなときに洗えるので便利です。

手洗いをするにはホテルやドミトリーの洗面台で洗うことになると思いますが、洗面台に水を溜めて洗濯するのは衛生的にちょっと無理ですよね…。

そこで便利なのが、長期旅行の手洗い用に開発された「スクラバ ウォッシュバッグ」。

防水袋に水を溜めて袋ごと揉み洗いすることで汚れを落とすことができて便利です。

この記事では、スクラバウォッシュバッグを実際に使ってみた感想を紹介します。

スクラバウォッシュバッグの写真

パッケージを開けたところ。三角形にたたまれているが、一度開いたらこの形に戻すのは難しいw
パッケージを開けたところ

iPhone7と比較。かなりコンパクトになる。
iPhone7との比較

本体部分には使い方が書かれている。
洗い方が書かれている

広げたところ
広げたところ

一部は透明になっているので、中身を確認しながら洗うことができる。
隙間から中が見える

スクラバウォッシュバッグの反対側。この部分の内側がイボイボになっていて洗浄力を上げてくれる。
イボイボの裏側

止水用のバックル。
ロック部分

たたむとiPhone7と同じ大きさになる。
たたむとIPhone7の大きさ

その時の厚さはこれくらい。
折りたたんだところ

口部分を開けたところ。
口を開いたところ

中のイボイボ。この面が下に来るようにして洗うことになる。
中のイボイボをアップ

内側の反対面。
空気抜き穴の部分

空気を抜く穴。
空気抜き穴アップ

空気抜き穴のバルブ。回すことで開け閉めができる。
空気抜き穴外側

実際の使用感

実際に使ってみた感想を紹介します。

水があれば洗えるのが良い

水道があればどこでも清潔に洗えるのが良いです。

流しに水を溜めても良いのですが、海外では汚い所や共同の流しだと洗う気がおきませんからね…。

口は閉めなくても良い

洗濯する時は、口を閉めて空気を抜いて洗いますが、その状態だとあまり満足のいく洗い心地が得られません。

僕は片手で口を持って半分地面に置いた状態でもう片方の手を使ってスクラバウォッシュバッグごとガシガシと洗っています。

そうすると空気が中の水と洗濯物と一緒に混ざるので、洗っている感を得られるのです。

片手で口を持っているので、そこから空気が出たり入ったりすることで中の水と洗濯物を激しく洗えます。

口を閉めて洗ってもよいのですが、強く洗っているうちに隙間からじんわり水が染み出してきてしまうので、この方法にいきつきました。

イボイボは効果ない?

イボイボにこすりつけることで洗浄力を上げるとアピールしていますが、実際にこすりつけてもあまり手応えがなく、イボがあることによって洗浄力が上がってるとはあまり感じません。

僕の使い方がイマイチだからかもしれませんが、無いよりかはあったほうが良いぐらいの感覚でいたほうが良いかもしれません。

素材が頑丈

洗う仕組みを理解したら、5000円以上もするスクラバウォッシュバッグではなく、普通の防水バッグでも良いのではないかと思いました。

しかし、スクラバウォッシュバッグの良いところはバッグの厚さです。

洗濯をしていると、袋が破れるんじゃないかと心配になりますからね。

普通の防水バッグはかなり薄いので、洗っている最中に爪とかが引っかかると破れてしまいそうです。

スクラバウォッシュバッグでも少し心配になって優しく洗うようになりますが、数千円高く払ってもこの厚さを得る価値は十分あると思います。

2017年モデルがオススメ

スクラバウォッシュバッグは2018年9月現在、2017年モデルが最新です。

その前のモデルは耐久力が低かったり、空気抜きバルブが水漏れするなどの問題があるので、2017年モデル以降を買うようにしましょう。

3日分ぐらいが限界

洗う量は、長袖シャツ・パンツ・靴下のセットで3日分が限界かなと思います。

それ以上入れると洗いにくかったりバックに入らなかったりするはずです。

少ないほど洗いやすいので、僕は毎日洗濯するようにしています。

そうすれば持っていく服の量も減らせますからね。

洗剤

スクラバウォッシュバッグで洗うのには洗剤が必要ですが、粉洗剤や液体洗剤よりも、マグネシウムで洗う洗濯マグちゃんをオススメします。

洗濯マグちゃんにはマグネシウムの粒が入っていて、それが水に溶けることでアルカリ性になり洗浄力と、洗剤の10倍ともいわれる抗菌力を発揮します。

60gという軽さで300回洗濯することができ、室内干しの嫌な匂いも抑制できるので旅行にぴったりです。

以前はペットボトルに部屋干しトップを入れて持ち歩いていたのですが、600gの重さと体積が邪魔でした。

洗濯マグちゃんを使うようになってからは、スクラバウォッシュバッグの中に入れておけば良いのでザックへの収納も楽になったし重量もめっちゃ軽くなり、洗濯のニモイも問題ないので良いことばかりです。

スクラバウォッシュバッグと洗濯マグちゃんの組み合わせは旅人におすすめです。

両替を激安にする方法

海外旅行へ行く時、空港や現地の両替所で現地通貨を両替していたらめっちゃ損していますよ。

詳しくは下記記事で紹介していますので、知っていたら旅が更に楽しくなりますよ♪

おわりに

スクラバウォッシュバッグについて紹介しました。

旅の洗濯は重要な課題ですよね。

毎日の洗濯は面倒ですが、水を絞るときに握力を使うので、筋トレと考えたら楽しく続けられています。

スクラバウォッシュバッグで洗った後の脱水法については別の記事で紹介していますので、こちらもどうぞ。

続きの記事 → 長期旅行で手洗いで洗濯するならこの洗剤!軽いしかさばらないし持ち運びしやすい!

海外旅行に便利なアイテム

海外旅行の準備に関する記事をもっと見る>>

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから