経験知ロゴ

スーツケースベルトがセキュリティアップと荷物のピックアップにオススメ

スーツケースベルト

スーツケースに巻いてカギをすることでセキュリティアップと見分けがつきやすくなるスーツケースベルト。

ゲストハウスやドミトリーなど、他の人と部屋をシェアするとき、スーツケースごと盗まれないようスーツケースを柱にくくりつけるために購入しました。

物理的なカギ式だと、取り出したり閉まったり、失くしてしまったときのことを考えると面倒なので、ナンバーロック式のスーツケースベルトです。もちろんTSA対応なので、アメリカ入国時もカギをしたまま飛行機の預け荷物に預けることができます。

この記事では、僕が買ったダイヤル式 スーツケースベルトについて紹介します。

商品外観

包装は簡易的。
スーツケースベルト

ナンバーは3桁で自分の好きな番号に設定することができる。
裏側

ナンバー部分はプラスチック製なのでかなり心もとないですが、軽いです。
ナンバー部分

裏面。
裏側

スーツケースに巻いたところ。
実際に巻きつけたところ

黒地に黄色のラインでこのブログ「経験知」のロゴのカラーと一緒になりました。

使用感

使用感についての紹介です。

セキュリティについて

セキュリティが上がることは間違いないのですが、かなり微々たるものなので完全に安心できるわけではありません。

というより、気休め程度に思っておいたほうが良いです。

ナイロン製なので、本気で盗もうとしている人が専用道具を用意したら簡単に切られてしまうからです。

それに、鍵を締めてもベルトの長さは変えられるのでスーツケースベルトのカギを開けずとも、スーツケースのカギを開ければ中を開くことができます。

なので、僕的にはセキュリティを上げるというよりも、空港での荷物のピックアップする時の目印と、ゲストハウスやドミトリー、ホテルでスーツケースごと簡単に持っていかれないよう、何か柱などにくくりつけるために使っています。

スーツケースベルトに頼り過ぎは厳禁です。

ナンバーダイヤル部分が心もとない

ナンバーダイヤル部分はプラスチックでできているので、はじめて手に取った瞬間強度的に大丈夫かなと心配になりました。

とは言っても、実際に使ってみると必要な機能は果たしてくれているので取り敢えずOKです。

おわりに

スーツケースベルトはちょっとしたアイテムですが、スーツケースを持って海外旅行へ行くのなら一応持っていきたい商品です。

僕が使っているスーツケースのレビューはこちらです。
ALIのスーツケース「MAX SMART」レビュー

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから