経験知ロゴ

モンベルのレインカバー「ジャストフィットパックカバー」をレビュー

モンベルのザックカバー

バックパックを雨や汚れから守るのにはレインカバーが便利です。

僕は海外旅行へ行くときにはバックパックを使うので、汚れ防止目的にレインカバーを使っています。

バックパックを購入すると基本的にレインカバーは付いているのですが、標準でついてくるレインカバーはゴムで固定するだけの簡易的な構造なので、風や飛行機に荷物を預けたりすると外れてしまう可能性があります。

そこで、ベルトで固定できる「モンベルのジャストフィット パックカバー 60L」を購入しましたので紹介します。

商品外観

コンパクトに収納されている。
モンベルザックカバー 収納した状態

レインカバーと収納袋はくっついていてなくすことはない。収納袋はザックにつけて一番上部分にくっついている。
収納袋

60Lのザックに装着。上部分はまだ余裕があるので、雨蓋部分にいろいろ詰めても大丈夫。
実際に付けてみたところ

ザックを立てて真上から見たところ。このドローコードで上部の緩みを調整でき、風にもバタつかないようジャストフィットすることができる。
ザックの上から

ドローコードを引くとこのように中のザックに合わせてジャストフィットする。モンベルはこの機構の特許を出願中とこのと。
ドローコードを占める

ザックをひっくり返して底部分。
底部分

水が入っても抜けるように底には隙間がいくつかある。
底の縫い目
水抜き用の穴

実際に使ってみた感想

安くて高性能なモンベルの商品だけあって、軽さと生地の丈夫さは抜群です。

ですが、個人的な理由になってしまいますが、上部のドローコードが邪魔だなと…。

僕の使い方は、海外旅行中のザックの汚れを防いだり盗難のリスクを少し下げることなどを目的としています。

飛行機にザックを預けたり電車やバスの中でザックを取り回す時にドローコードが引っかかる可能性に気づいてしまいました。

カバーを外したりするときも地味に邪魔。

コードを切っても良かったのですが、カバーの上部分がゆとりある構造になっているので不格好。

僕の使い方だと合わないカバーということで使うのをやめました。

普通に登山のレインカバーとして使う分にはとても良いレインカバーだと思います。

どうしても空間ができてしまうザックの上部分を密着させることができるので、風によるバタつきを防ぐことで歩くのがかなり楽になりますからね。

自分の使い方に合わせて購入したい商品です。

おわりに

モンベルのザックカバー「ジャストフィットパックカバー」を紹介しました。

モンベルの商品は質が良くてやすいのが素晴らしいのでモンベルのザックカバーを使いたいのですが、2018年6月現在、モンベルのザックカバーは「ジャストフィットパックカバー」しか売っていないので他に選択肢がありません。

別のカバーを探さねば…。

続きの記事 → 旅のバスタオルはこれで決まり!乾かす必要が無く超コンパクトなボディドライタオル

海外旅行に便利なアイテム

海外旅行の準備に関する記事をもっと見る>>

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから