経験知ロゴ

海外旅行で宿に隠れている南京虫から肌を守るスコーロン トラベルシーツがオススメ!

スコーロントラベルシーツ

海外旅行で気をつけたいのが宿のベッドに潜んでいる南京虫(トコジラミやベッドバグとも言われます)。

ある程度グレードの高い宿なら比較的大丈夫でしょうが、安宿に泊まる時は注意が必要です。

とは言っても、実際に宿へ行くまでは南京虫がいるかどうか分からないので、ある程度自衛策をとる必要があります。

そこでオススメなのがトラベルシーツです。

宿が用意した寝具と自分の身体の間に一枚シーツを挟むだけでもかなり違いますからね。

トラベルシーツというと「コクーンのトラベルシーツ」が有名ですが、僕がオススメするのは「フォックスファイヤー スコーロン トラベルシーツ」です。

収納袋に入れたサイズは20×9×7cmで260gと超軽量。それに加えてスコーロンと呼ばれる防虫繊維が使われていて虫対策まで意識されているのがスゴいです。

スコーロンは繊維メーカー大手の帝人と殺虫剤メーカーのアース製薬が共同開発した防虫繊維です。この2社が協力して作ったのなら信頼せざるを得ないでしょう。

この記事では、「コクーンのトラベルシーツ」を紹介します。

商品写真

届いてびっくりしたのがサイズが小さいこと。このサイズで本当に寝袋のように使えるのか不安になるほど。
フォックスファイヤースコーロン

一番長い辺は20cm。
長い辺は12cm

田の辺は9×7cm。
9cm
7cm

重さは260gなので、全身を守ってくれるシーツなのに思ったほど荷物になりません。

シーツは折りたたまれて入っている。
たたまれた状態のシーツ

生地は伸縮性があり、とても薄い。
生地の薄さ

ちょっと分かりにくいですが、生地の向こうがかすかに透けて見えるほどの薄さ。
生地の薄さ

洗濯表示。乾燥機禁止は旅人には痛い。まぁ使っちゃうけどねw
洗濯表示

写真だと分かりにくいですが、足部分は立体構造になっていて足首を曲げたままでも寝られるようになっています。
足先

コードが付いていて、顔ごとすっぽり覆うことができ物理的にも虫の侵入を防げます。(写真は公式Webサイトより)
顔まですっぽり

サイズはフリーサイズのワンサイズしかありませんが、178cmの僕が入っても頭の先にまだかなりの余裕があったので、ほとんどの人がそのまま使えるでしょう。

実際に使用してみた感想

実際に使用してみた感想を紹介します。

伸縮性があり寝やすい

寝袋形式だと窮屈で寝にくくなりそうですが、適度な伸縮性がありとても寝やすいです。

強度もそれなりにありますが、あまり強引に引っ張ると流石に破けそうになります。

入り方にコツが必要

生地が薄く摩擦抵抗もそれなりにあるので入り方がちょっと難しいです。

たった状態でズボンを履くようにして入ると良い感じで入れます。

頭まで覆われる安心感

実際に使うまで、公式Webサイトのように顔を少し出すスタイルは使わないだろうと思っていましたが、実際に目と鼻と口を出すぐらいまで絞ると、頭を覆われる安心感を感じました。

物理的に虫が入ってくるのを防げている感覚はなかなか快適ですよ。

ドローコードが締めにくい

ちょっと残念なのが、ドローコードがゴムでできているので、トラベルシーツに入ってから閉めようとするとコードの伸縮性が邪魔をしてなかなか絞ることができないことです。

この辺はあらかじめ自分が入るスペースを残した状態まで絞って入るなどの対策が必要になります。

とはいっても、コードの伸縮性のおかげで最後まで絞った後も顔周りが窮屈にならないので、寝返りを打つときの不快感を軽減してくれる役割をしているとも言えます。

なので、慣れが必要かもしれませんね。

防虫効果

まだ虫がいる場所で試していないので防虫効果は不明です。

因みにスコーロンは、虫が不快に感じる繊維の仕組みになっていて、虫が付いたらすぐに逃げる仕組みになっています。虫を寄せ付けない訳ではないですが、虫が悪さする前に去って行くので防虫効果があります。

防虫効果は洗濯で減少してしまいますが、20回洗濯しても80%の性能は保っているようなので、かなりの洗濯耐性を持っています。

両替を激安にする方法

海外旅行へ行く時、空港や現地の両替所で現地通貨を両替していたらめっちゃ損していますよ。

詳しくは下記記事で紹介していますので、知っていたら旅が更に楽しくなりますよ♪

おわりに

海外旅行で虫対策は必須です。

途上国だけに気をつけていれば良いかと思いますが、ベッドバグはニューヨークにもいます。

泊まる宿へ行ったらベッドをチェックして、危なそうならトラベルシーツを使うというスタンスが良いかと思います。毎回使うのは面倒ですからね。

あと、南京虫は光が嫌いなようなので、虫が出そうな場所は明かりを付けたまま寝るのも効果的みたいです。

楽しい旅行がかゆみで台無しにならないよう、虫対策はしっかりしておきたいですね。

続きの記事 → 手の甲の日焼け止めと虫除けに最適のフォックスファイヤー スコーロン ハンドカバー レビュー

海外旅行に便利なアイテム

海外旅行の準備に関する記事をもっと見る>>

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから