経験知ロゴ 経験知トップへ

デジタル一眼カメラのレンズのお手入れにオススメの用具一式。ハードケース付きで持ち運びも便利!

レンズのお手入れにオススメのレンズクリーニングキット

デジタル一眼カメラとレンズの掃除は、カメラとレンズを長く使ったりキレイな写真を撮る上でとても重要です。

エアーブロワーやブラシなどを揃える必要がありますが、カメラのお手入れセットとして一式で売られているのでそれを買うと楽です。

ですが、普通の一式セットはポーチで収納するモノが多いです。

エアーブロワーやブラシなど細々したモノが多いので、ボーチに収納するとグチャグチャになってしまいます。

僕はリュックに突っ込みたいタイプなので、ハードケースにまとめたいのです。

探したところハードケース付きのクリーニングキット「Tycka 9点セット カメラクリーニングキット メンテナンス&清掃用品 防水袋付き DSLR レンズおよび電子機器用 TK005」を見つけました。

実際に購入しましたのでレビューします。

内容物

とてもシンプルなハードケース。縦横は16cm×11cmと良い感じの大きさ。
ハードケース

厚さが約6cmと、思ったより厚い。
ケースの厚さ

中はこのようになっていて、収納ポケットとバンドによってそれなりに固定され、開けた瞬間中身が落ちるということはほとんど無いハズ。
オープン

左上から、レンズティッシュ、綿棒、エアーブロワー、レンズクリーナー、クリーニングブラシ、レンズペン。下の段は左からセンサースワブ×6、クリーニングクロス×2。
内容物一覧

クリーニングブラシはキャップを開けるとこのようになっていて、
ブラシ

口紅のようにクルっと回すとブラシが出てくる。
ブラシが出てくる

エアーブロワーは手の中にすっぽりと入る小ささだが、それなりの風量で、戻りも速いので連続して気持ちよく空気を送り出せる。
エアーブロワー

レンズペンのスエードチップは指紋や油汚れなどを除去。キャップ内部にカーボンふん的を補充するスポンジが付いていて、キャップを閉める度にスエードに粉末が補充される仕組み。
レンズペン

ペンの反対側はブラシになっていて、赤い部分をスライドさせると大きめのブラシが出てくる。
ブラシ

マイクロファイバークロスとセンサースワブは真空状態でキッチリ密閉されているので使うときまで封印。

綿棒とクリーニングティッシュもしっかり付いているので、このセットでカメラとレンズのクリーニングはバッチリです。

使用感

ハードケースはそれなりに剛性があるので、リュックの中に放り込んでも中のモノが崩れたりする心配はなさそうです。

収納ポケットとバンドの安心感は意外とあり、開けた瞬間中のモノが飛び出てくることはまず無いでしょう。

これだけのセットで税込1,890円(2017年8月現在)で、安いのは1,200円ぐらいからありますが、ハードケース付きというのは僕にとって大きいので、600円ほどの価格差は問題ありませんでした。

おわりに

ハードケースが意外と厚かったという誤算はありましたが、カメラとレンズのお手入れセットが一つにキッチリとまとめられたのは良かったです。

ハードケースって結構重要だと思うのですが、意外と少なくて驚きました。

みんなポーチで大丈夫なのかな?

続きの記事 → 交換レンズにはレンズ保護フィルターを付けよう

▼役に立ったらシェアをお願いします