経験知ロゴ 経験知トップへ

デジタル一眼オススメのストラップ。ピークデザインリーシュL-BL-3レビュー

ピークデザイン リーシュレビュー

α7S Ⅱに付属しているストラップが硬く収納性が良くなかったのでカメラストラップを探していました。

ただ首から下げられれば良かったのですが、ピークデザイン リーシュ カメラストラップを見てその機能に一目惚れ!

ソッコーで購入したのでレビューします!

ピークデザイン リーシュとは

ピークデザインのリーシュに惚れた特徴は2つ。

  • ストラップの伸縮が超簡単!
  • ストラップの付け外しが超簡単!

というところです。

この2点を意識して公式の紹介動画を見てください。

ピークデザインのリーシュの良さが分かっていただけたと思います。

商品外観

楽天の「あす楽」で注文したので次の日に到着。しかし…
潰れた箱

箱の異変に気付いたでしょうか?

ビ○クカメラがメール便で送ってきたので箱が潰れていました。
箱が潰れている

ピークデザインの箱はアップル並みのしっかりとした箱なので、この状態は悲しいですね。

中身は問題なかったので、まぁいいや。

蓋部分は無駄にマグネットが付いていて開け閉めがとても気持ちよい。
蓋の開け閉め

アンカー部分を、
アンカー部分

カチッとするだけで装着完了。(本当は先にアンカー部分をカメラに付けないとダメです)
装着できる

L-3以前のL-2はアンカーの紐が太すぎてカメラのストラップ穴部分に通すことがかなりキツかったようですが、L-3は細くなって問題なく通すことができました。
ストラップ装着完了

伸縮機構部分。指を引っかけて伸縮させます。これがストラップの両端に付いています。
ストラップに指を引っかけて伸ばす

実際の使用感

実際に使ってみましたが、ストラップを縮めるのにちょっとコツがいりました。

カメラを持ち上げ、ストラップにテンションがかかっていない状態で、思いっきりグイッと引っ張らないと縮みません。

ビデオのように軽々と縮めるには多少の慣れが必要です。

更に、伸縮する機構がストラップの両端に付いているので、どちらをどれだけ縮めるかも手こずりました。

この辺も自分が良い案配を見つける必要があります。

そして感動したのが、片方のストラップをカメラの下に固定するとカメラのグリップがメチャクチャ持ちやすくなるということです。

付属のプレートをカメラの下に付けると、
付属のプレート

左側と下でカメラを支えるようになり、右側にストラップを付ける必要が無いので、
ストラップを斜めに付ける

ぶら下げた状態でも一発でカメラグリップをつかむことができ、そのまま撮影することができます。
カメラを一発でつかむ

カメラ右側のストラップ穴にストラップを通していると、グリップをつかむときにストラップの下に手を滑り込ませる煩わしさが無くなり、そのまま「ガッ」とつかめるのはストレスフリーで快適です。

このメリットは想定していなかったのでテンション上がりました。

グリップ部分に何もないのは本当に掴みやすく持ちやすい!

残念な点

僕はリーシュと同じピークデザイン キャプチャープロカメラクリップを使ってザックにカメラを固定しています。

ストラップを付けていると、キャプチャープロにカメラを装着する際にはめ込む溝にストラップがかかったりしてかなり使いにくいです。

ならばストラップの付け外しが簡単という所を使って、キャプチャープロを使うときはストラップを外してみたのですが、キャプチャープロから外すボタンにアンカーが被ってしまい、外しにくくなってしまいます…。
解除ボタン

仕方ないので、プレートの左側に付けてボタンに被る問題は解決。
左側に付けた

あとはストラップを外したときのアンカーがプラプラするのがちょっと邪魔です。
アンカー部分が邪魔

おわりに

キャプチャープロとの併用はなかなか難しいですが、リュックを背負わないちょっとした撮影はリーシュを使って撮影したいと思います。

アンカーの機構はとても便利なので、他のピークデザインのアイテムも揃えたくなってしまいますね〜。

続きの記事 → アルカスイス互換の激安クイックリリースクランプをレビュー

カメラの関連用品

デジタル一眼に関する記事をもっと見る>>

▼役に立ったらシェアをお願いします