経験知ロゴ

インビザライン最初の2週間の感想。ムズムズ感や痛み、違和感に慣れるための2週間だった

インビザライン1週間目

インビザラインで歯列矯正をはじめて2週間が経ちました。

矯正初日はムズムズと軽い頭痛、口の中にマウスピースがある違和感でこの先続けられるか心配でしたが、翌日以降はかなり楽になり、2週間続けられています。

この記事では、インビザラインを2週間装着してみた感想を紹介します。

インビザラインを2週間装着した感想

インビザラインを2週間装着した感想を項目ごとに紹介。

舌の置き場に困る問題

初日は舌の置き場に困ったが、翌日から3日目ぐらいで少し慣れ、4日目以降は気にならなくなった。

舌先にインビザラインのフチが当たるのが普通の感覚になり、舌は上顎と前歯の根本のインビザラインのフチに少し当たる所に落ち着いた。

ツバが飲み込みにくい問題

インビザラインで上と下の奥歯がくっつかなくなったことで、意識しないとツバを飲み込めなかったが、翌日から普通に意識せず飲み込めるようになった。

それ以降も飲み込みにくいということはなく、この問題は慣れで解決。

ムズムズ・ジンジン感と頭痛問題

ムズムズ・ジンジンする感じはつけはじめの翌日以降から一気に減り、3日目までは多少残っていたが、4日目になると全く気にならなくなった。

インビザラインをつけて歯が一回り大きくなった違和感が残っているだけ。

頭痛は初日の夕方以降にしただけで、翌日からは全く痛くなっていない。

人によっては1〜2ヶ月続く人もいるようだが、僕は大丈夫だった。

下のインビザラインが外しづらい

インビザラインは装着しているとだんだん歯にスーパーフィットするようになって外しづらくなる。

最初は4日目ぐらいから外しづらくなった。

上のインビザラインは爪が引っかかりやすいので外しやすいが、下の歯はインビザラインのフチが歯茎とジャストフィットして爪を引っ掛けられる場所が全く無い。

何回もインビザラインのフチをカリカリし、思いっきり爪を食い込ませたら歯茎から血が出た…。

数分格闘して取り外せなかったので、最終手段として歯の内側からでなく外側のフチに爪を引っ掛けて外す。

外側から外すとインビザラインが変形したり、アタッチメントが歯についた時にアタッチメントが取れる可能性があるので内側から外す必要がある。

調べてみたところ、インビザラインを外す器具があるようなので、次に歯科院に行ったら聞いてみることを決め、それまでの2週間は外せたら内側から外し、外せなかったら外側から外す方法で乗り切った。

間食をしなくなった

インビザラインを装着したまま固形物を食べるのは不可能。

一回外してまた装着すると5〜10分チューイを噛まなければならないので、外すのがめんどくさいしまた装着するのもめんどくさいため間食をしなくなった。

小腹が減った時に困るが、めんどくささが勝ってしまい空腹を耐えるようになった。

ダイエット効果あるかも。

装着後の違和感の変化

2枚目を装着することで違和感の変化の流れもわかるようになった。

新しいインビザラインを装着した初日はムズムズ・ジンジンがかなりあり、2〜3日目はほとんど気にならない程度に減って4日目以降は何も感じなくなる。

このサイクルが強制終了まで続くんだろうなと思う。

気づいたこと

その他気づいたことを紹介。

歯に付きやすい食べ物は避ける

食事をした後、歯をガッツリ磨ける場所なら問題ないが、歯を磨けない場合クッキーなど歯に挟まって取れにくい食べ物は避けたほうが良い。

歯に食べ物が挟まったままインビザラインを装着すると、虫歯の原因や歯の移動が阻害されるので詰まったらフロスで取り除く。

フロスはY奥歯までしっかり届いて動かしやすいY字タイプがおすすめ。

外した後はブラッシングしないとヤバイ

外した後は軽く水洗しておけば大丈夫だろうと思ったら、1日でダメなニオイに。

装着する瞬間にイケナイニオイがするようになって色が付き始めたので、それ以降は外す度にしっかりブラッシングするようになった。

それでも3日ほど経つと色とニオイがついてくるのでポリデントを導入。

入れ歯洗浄のポリデントは、僕には関係ないと思っていたが、以外なところで繋がってしまった。

専用カップもあり、マウスピースがちょうど入って水切りもしやすいのが良い。

でんとクリアのカップも良さそうで買ってみたが、カップを2つ洗うのが手間だったのでポリデントのカップの方がおすすめ。

アメリカ製だけあって作りが大雑把な場所がある

インビザラインはアメリカの会社が作っているだけあって、ちょっとしたところが大雑把。

インビザラインのフチは手で触るとそれほど角張っていないように感じるが、口の中に入れるとちょっと角張っている感がある。

舌の置き場で困っていた時も、角が舌先にあたっていたのが気になっていた。

奥歯の方も角張っていて、気をつけて装着しないと内側の頬を挟んでしまい口内炎になってしまう。(実際になった)

また、マウスピースケースはメーカーが作ったとは思えないほどマウスピースが入らない。

入れようとしても少しはみ出てしまい、ちょっと曲げて蓋を閉めないと収納できない。
はみ出て閉まらない

ケースは一見お洒落だが、実用性が全く無いのがアメリカ製らしい。

次歯科院に行った時に相談しよう。

チューイはだんだん噛みやすくなる

初日のチューイはガチガチで噛むと歯が弾かれる感じだが、ゆっくり丁寧に噛んでいると4回目ぐらいから少し柔らかくなって普通に噛めるようになる。

強く噛みすぎていると2週間で割れてしまうので、強く噛みすぎない方が良い。
チューイが割れたとこ

おわりに

初日はムズムズ・ジンジン感とマウスピースの違和感で最後まで続けられるか心配でしたが、なんとか続けられそうです。

先は長いですが、装着時間をしっかり守ってきれいな歯並び目指してがんばります!

続きの記事 → インビザラインのアタッチメントをつける手順、つけ心地の感想

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから