経験知ロゴ

インビザライン矯正2周目。コロナ後のマウスピースが届くまでの時間など

約1年かけて最初に渡されたインビザラインのマウスピースがつけ終わり、「これで歯を動かすのは終わりで次は固定だ!」と思っていたのですが、奥歯に隙間が残っていて歯に挟まりやすく、想定外の2周目の装着となりました。

前回歯をスキャンしたので今回はアタッチメントを装着してマウスピースの受け取りです。

コロナ後のマウスピースが届くまでの日数

マウスピースはアメリカで作られるので、新型コロナウイルスの影響により届くまでどれくらいの時間がかかるか不安でしたが、スキャンから18日後にマウスピース到着の連絡がありました。

前回の再作成時は18日後に届いたと連絡があったので、2020年7月現在ではコロナによるインビザライン作成の遅延は起きていないようです。

到着が遅れると矯正完了までの時間が伸びてしまうので嫌だなと思っていたのですが、通常通り届いて一安心。

アタッチメント装着の流れ

新しいマウスピースが届いたので、新しいマウスピースに対応したアタッチメントを付けることになります。

上の歯は、見た目も歯の隙間も気になる場所はなく、アタッチメントを付けなくても良さそうだなと思っていましたが、上の歯もしっかり装着されました。

装着の流れはいつもどおりの流れでした。

アタッチメント装着の流れの詳細はこちらの記事で紹介しています。
インビザラインのアタッチメントをつける手順、つけ心地の感想 | 経験知

口を開けたまましばらくじっといているのがなかなかつらいです。

僕の通っている歯科医院は、アタッチメントの再装着には料金がかかるので、契約通り税込8,800円のと、最初は無料だったのに1セット150円になったチューイを3つ追加の合計税込9,295円を支払いました。

アタッチメントの再装着に料金を取る歯科医院は選ばないほうが良いです。

2周目の枚数

1周目は14枚+作り直し後の55枚の計69枚でしたが、2周目は46枚でした。

下の歯の僅かな隙間を詰めるだけなので5〜10枚ぐらいかなと思っていたら46枚もあって驚きました。

微調整なので、ゆっくり動かすため枚数が多くなるようです。

人によっては1周目の枚数より多くなる人もいるとのこと。

5日交換なので、合計230日の約7ヶ月半程度かかることになります。長いな〜。

以前、契約書破りで2ヶ月に1回の定期チェックに税込5,500円かかるようになると言われたので、それを承諾していたら最低でも4〜5回通う必要があり、税込22,000円〜27,500円追加で支払わなければならなかったことになります。

ちゃんと戦って取り消させて良かったです。

ことの詳細はこちらの記事で紹介しています。
インビザラインの治療中に値上げするという詐欺にあいかけた話

歯科医師の裁量で治療回数なんていくらでも伸ばすことができるので、毎回のチェック利用金を取るのは完全に詐欺ですよね。

2周目の装着感

微調整で枚数が多いので、装着時はほとんど痛みが無く、動いているのか心配になります。

しかし、一応少し動いているようで、長時間つけているとじんわり動いている感覚を感じます。

食事の時も、ほとんど気にならない程度の痛みなので、以前より装着は楽になりました。

アタッチメントがその日に取れた

8,800円かけてつけてもらったアタッチメントの一つがその日のうちに取れました。
外れたアタッチメント

夕食を食べるためにマウスピースを外したとき、マウスピースにくっついたまま取れました。

金払ってつけてもらったものがソッコー外れ、再装着時にまた8,800円かかるかと思うと絶望です。

更に次の日の朝、朝食を食べるためにマウスピースを外すと別の場所のアタッチメントがマウスピースにくっついたたま取れました。

これは酷すぎるでしょ…。

インビザラインを受ける歯科院を決めるときの注意点まとめ」という記事でも書きましたが、アタッチメントの再装着に料金を取る歯科医院を選ぶと、アタッチメントは取れやすく付ければ青天井で歯科医院が儲かることになるので絶対に選んではいけません。

僕みたいになるから。

1個目のアタッチメントは、動く歯とあまり関係ない場所だったのでまぁ良いかと思ったのですが、2個目は動かす歯そのものに付いていたアタッチメントのため、その日のうちに歯科医院に電話して再装着してもらうことに。

電話時に、「アタッチメントを付けた次の日に外れたのに再装着の料金はかかるんですか?」と聞いていみると、一旦電話を保留にして確認してもらった後、無料で再装着するという返答をもらい一安心。

言わなかったら普通に料金取られてたのかな…。

1週間後に予約を取りましたが、また歯科医院へ行くのも面倒くさい。

因みに、もう一箇所いつの間にか取れていて、再装着時には3箇所つけてもらうことになりました。

アタッチメント錬金術はいくらでもできるので、アタッチメント装着料金がかかる歯科医院でインビザライン矯正をしてはいけません。

おわりに

契約した治療費に加えて追加の料金を請求されたり、スタッフの態度もイマイチだったりなど、歯科医院選びに失敗したと常々後悔しているのですが、今回のアタッチメント即日外れで更に後悔することになってしまいました。

あと7ヶ月以上歯を動かす必要があり、医師の裁量によっては更に治療期間が伸び、追加のアタッチメント装着料を支払い続けなければならない可能性があることに愕然としています。

心配事はいろいろありますが、もう後戻りもできないし途中で辞めるわけにもいかないので、しっかり歯が動くようきっちりマウスピースを装着し続けたいと思います。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから