経験知ロゴ 経験知トップへ

ヒゲの永久脱毛10回照射した感想、毛の状態、良かったこと悪かったこと

ヒゲ脱毛10回を終えて今までの総括的なまとめを紹介します。

ゴリラクリニックでヒゲの永久脱毛をはじめて10回目の照射を終えました。

まだ脱毛は継続中ですが、きりが良い回数を終えたので、ヒゲの永久脱毛を10回行うと毛の状態はどんな感じなのか、痛さ、脱毛してよかったこと・悪かったことなどについてまとめたいと思います。

毛の状態の推移

照射後の毛の推移

これは全部の照射に当てはまるのですが、レーザー照射後は普通に毛が生えてきて、10日前後経つと毛が抜け始めます。

20日ぐらい経つと抜ける毛は全て抜け、この時点で残っている毛は抜けずにそのまま生え続けていきます。

その後、新しい毛が生えてきて、毛が生え揃ったら次の照射をする。という流れで脱毛は進んでいきます。

照射間隔については、1回目から13回目までの間は9週間以上、14回目以降は12周間以上開ける事になっています。

回数をこなす毎の毛の推移

僕はなかなかの剛毛で、ヒゲが生えてくるスピードも早く、朝剃ったのに夕方になるとジョリジョリになってしまうほどでした。

1回目の照射後、翌日はレーザー照射による肌のダメージが残っているためヒゲを剃ることはせず、照射から3日後に剃ることに。

レーザーの影響か、毛が柔らかくなっているようで、シェーバーに毛が少し絡まってちょっと痛かったです。

その後は、上記「照射後の毛の推移」で紹介した順で毛が抜け、9週間経ってから2回目の照射へ。

1回の照射では、照射前と比べて2回目の照射直前の毛の量は多少減ったかなという感じでしたが、毛が柔らかくなってヒゲ剃りがとても楽になりました。

見た目的にはそれほど変わっていないのですが、毛が柔らかくなったことで夜お風呂で顔を洗う時に手に感じるジョリジョリ感がなくなったのは驚きです。

毛が濃い鼻下やアゴはまだジョリジョリしていますが、アゴ下やホホはなめらかに洗顔できたので、脱毛の効果のひとつを実感できました。

2回目以降は、毛が柔らかくなるというような大きな実感はなく、回数をこなすにつれて段々と毛の量が減っていく感じです。

場所によって毛の減り方は違かったので、各部位の推移も紹介します。

ホホ・アゴ下

ホホとアゴ下は、毛の量が減っていくのが早く、3回目の照射をし、4回目の照射の直前では3割ぐらいまで減っていました。

生えてくる毛も、最初のような硬く太い毛ではなく、手や足に生えてくるような柔らかく黒い毛になってきているため、見た目的にも薄くなったように見え、毛の処理が楽になっています。

3回目の照射後ぐらいから、照射から20日ほど経つと一旦毛が全て抜ける「無毛期間」が訪れるようになり、30~40日後ぐらいから次の毛が生えてくるという、一般的な脱毛のサイクルになりました。

10回の照射で、最初に比べて1割以下の毛の量に。

産毛に近い感じの毛も多くなり、ホホとアゴは面積が広いので、パッと見の見た目でヒゲが目立たなくなっています。

鼻下

鼻下はなかなか毛の量が減らず、10回の照射を終えても4割ほど残っている感じです。

ホホ・アゴ下で訪れた「無毛期間」は無く、ある程度の毛の量が残り、次の照射を迎えるというサイクルで進んでいます。

毛が濃い部分はなかなか減るのが遅いなというのを実感中です。

毛の質的には、まだ太く黒い毛ですが、7割ぐらいの柔らかさになったので、ヒゲの処理はしやすくなっています。

唇下

唇下は生えている面積は狭いのですが、唇の延長で肌が黒めなためか、毛の減る量がかなり遅いです。

10回の照射を終えても初期の8割ほど残っています。

他の部分と比べ、毛の減る量が明らかに遅いため、今後どうなるか心配です。

アゴ

アゴ部分は鼻下同様に毛が濃いので、毛が減っていく速度は遅かったです。

それでも、10回照射後には初期と比べて2割程度まで減ったため、見た目でヒゲはほとんど目立たなくなりました。

毛の質的には、黒く太い毛は残っているものの、鼻下と同様に7割ぐらいの硬さになっているので処理はしやすいです。

レーザー照射の痛さ

永久脱毛には痛みが伴います。

痛さは照射する部分や毛の濃さによって違い、毛が濃い部分ほど痛みが強いです。

また、照射回数が増えるに連れレーザーの出力が上がっていくので、痛みは増えていきます。

ヒゲの濃さによって痛みは違うので、すべて

ホホ・アゴ下

ホホ・アゴ下は、他の部分と比べて比較的毛の量が少ないので、痛みは少なめです。

5段階中3程度の痛さ。

レーザーの照射順番は、担当者によって微妙に違うのですが、アゴ下からはじまるのがほとんどで、痛みが少ない場所からスタートするためリラックスしながら照射を受けられます。

回数をこなす毎の痛さの推移は、レーザーの出力は上がっているのですが、毛の量の減りが早いため1回目の照射も10回目の照射も殆ど変わっていないです。

もみあげ周り

もみあげ周りは、もみあげの形をどうするかによっても違ってくるのですが、僕は多少もみあげを補足しているので、毛が濃い部分の照射は痛いです。

5段階中4程度の痛さ。

鼻下

鼻下は毛が濃いため痛みはかなり強いです。

5段階中5.5ぐらいの痛さ。

面積が狭く、照射回数が少ないのでなんとか耐えられます。

面積が広いホホやアゴ下もこの痛さなら間違いなく耐えられません。

照射開始初期は、アゴの次に痛いのが鼻下でしたが、アゴ下の毛が薄くなるにつれてアゴ下の痛みが減ってきたため、7回目ぐらいの照射以降は鼻下が一番痛い部位となっています。

鼻下は、回数をこなすにつれて痛みが和らぐという感じではなく、1回目も10回目もほぼ変わらない痛さです。

唇下

毛の量がなかなか減らない唇下。

毛は濃いめなので痛さはあります。

5段階中5の痛さ。

こちらも痛いのですが、鼻下よりさらに面積は狭いため、普通に耐えられます。

アゴ

1回目の照射から7回前後までの照射で一番痛かったのがアゴです。

5段階中6の痛さ。

アゴの照射が一番痛かったので、アゴの照射が始まる前は身構えていました。

鼻下と比べると毛の減りが早かったので、照射が進むにつれて痛みが和らいできています。

7回前後ぐらいから、それまで身構えていたのがある程度リラックスして照射を受けられています。

それでも5段階中4.5程度の痛さなので、痛いんですけどね。

麻酔について

脱毛では、痛みが耐えられない場合麻酔を使うことで痛みを和らげることができます。

種類は笑気麻酔と塗麻酔があり、ゴリラクリニックでは笑気麻酔を勧められます。

ヒゲ脱毛は痛いのですが、僕は普通に耐えられるので麻酔無しで照射中です。

毎回照射するとき、ほとんどの担当者から「麻酔無しで照射耐えられるのスゴイですね!」と、麻酔無しで照射する人は珍しい感じで言われるのですが、聞いてみると6割ぐらいの人は麻酔を使って照射しているようです。

痛みが心配な場合は最初から麻酔を契約しても良いと思いますが、一度麻酔無しで受けてみて無理なら次回から麻酔を選ぶというのもアリ。

料金は、笑気麻酔、塗麻酔とも税込3,300円です。

因みに、僕は痛みに強い方なのかもしれませんが、ヒゲ以外の脱毛で、太ももの照射が痛すぎて無理だったので塗麻酔を使っています。

麻酔は完全に痛みが無くなるというわけではありませんが、7割ぐらいの痛みになるので麻酔なしよりかは耐えられる痛さになるはずです。

体験したレーザー照射機材

ゴリラクリニックでは、ジェントル・ヤグとメディオスターNEXTという2つの照射機器を扱っており、どちらが良いか選べます。

因みに、この2つの機器は永久脱毛ではメジャーな機器で、医療脱毛を行っているクリニックならほぼ採用されているのですが、何故か選べないクリニックがほとんどです。

機器によって痛さの種類が違うので、照射日の受付や照射直前になるまでわからないのはかなりのストレスになります。

自分が「マシな痛さ」と感じる機器を選べるのは、脱毛クリニックの選びで実は超重要ポイントです。

その点を含めて、僕はゴリラクリニックを選んで良かったと実感しています。

ジェントル・ヤグとメディオスターでは、一般的にメディオスターNEXTの方が痛みが少なく、メディオスターNEXTの方が毛が抜けてる感が実感しにくいと言われていますが、効果はどちらも差がありません。

これは通っていて僕が感じた体感ですが、ジェントル・ヤグの方が予約が埋まっていることがあるので、痛いけどジェントル・ヤグの方が人気なのかなと感じています。

担当者に話を聞いてみましたが、毛が抜け始めるのがジェントル・ヤグが10日前後なのに対し、メディオスターNEXTは20日前後と遅いため効果が少ないと感じる人が多いため、ジェントル・ヤグの方を選ぶ人が多いようです。

部分的な痛さの比率はどちらも変わらず、上記で紹介したように、鼻下、唇下、アゴが一番痛く、ホホ・アゴ下などは余裕で耐えられる痛さです。

僕は両方試すことができましたので、それぞれの痛さや「抜け感」も紹介します。

ジェントル・ヤグ

ジェントル・ヤグは、レーザー照射と冷却を同時にできるため、施術前にジェルを塗ったり施術後に冷却をする必要がない機械です。

1~2cm四方の範囲を照射し、基本的に1箇所1度の照射となります。

痛さは、輪ゴムでパチンと弾かれるような痛さと表現されますが、実際に照射してみてその表現は納得できました。

輪ゴムで弾かれた場合は、後にジンジンとした痛みが残りますが、ジェントル・ヤグは、一瞬強い痛みがした後、スッと痛みはすぐに消えます。

レーザー照射と冷気による冷却をほぼ同時に行うので、照射後直後は僅かな冷たさも感じます。

一般的にはメディオスターNEXTの方が痛みが少ないとされていますが、個人的には、ジェントル・ヤグの方が耐えやすい痛さなので、ジェントル・ヤグをメインで照射中です。

ジェントル・ヤグの外観や仕組みなどはこちらの記事で詳しく紹介しています。
ジェントル・ヤグ(GentleYAG)の痛みや効果と特徴

メディオスターNEXT

メディオスターNEXTは、照射する部分にジェルを塗り、照射機器を肌の上で滑らせ、同じ場所を3往復前後しながら照射していく機器です。

ジェルが冷たいので、ジェルを塗られる時に少しヒヤッとしますが、不快な冷たさではないので特に問題ありません。

痛さ的には、最初になぞられるときは痛くないのですが、3往復ほどすると痛みが重なってなかなかの痛さになります。

ジェントルヤグが1発で10の痛さだとすると、メディオスターはなぞられる毎に2の痛みが加算されて2+2+2+2+2=10みたいな感じです。

個人的には、痛さが同じ場所に連続して続くメディオスターNEXTよりも、一箇所1発バチッとした痛みで終わるジェントル・ヤグの方が耐えやすいので、ジェントル・ヤグを選んでいます。

痛さの質的には、なぞられている部分が小さい複数の針でチクチク刺されているような痛みで、毛穴がパチパチと破裂するような感じです。

肌がほんのり熱くなり、照射後の部分はじんわりとした鈍い痛みがほんの少し残ります。

また、メディオスターNEXTはジェントル・ヤグのように、強い出力のレーザーを1箇所集中して当てるモードがあり、鼻下や唇下、アゴなど、毛が濃い部分はそのモードで照射することもできます。

これは、照射する時に担当者から聞かれるので、何度も往復する方法か、1箇所集中にするか選択可能です。

1箇所集中の方が効果が出やすいとのことなので、メディオスターNEXTで照射するとき僕は1箇所集中モードで照射してもらっています。

このモードは照射範囲が狭いためか、照射回数が多いです。

一度照射した箇所が半分重なるような感じで照射していくので、痛みの蓄積もあり、個人的にはジェントル・ヤグより痛く感じています。

痛さの質的には、照射範囲の中心を1本の針で刺したような鋭い痛みで、個人的には苦手な痛みです。

メディオスターの詳細はこちらの記事で紹介しています。
メディオスターNeXTの痛みや効果と特徴

照射間隔間隔

僕が実際に10回照射した間隔は下記のようになっています。
回数空いた間隔
1〜2回目66日(9週間と3日)
2〜3回目63日(9週間)
3〜4回目70日(10週間)
4〜5回目70日(10週間)
5〜6回目70日(10週間)
6〜7回目70日(10週間)
7~8回目70日(10週間)
8~9回目70日(10週間)
9~10回目70日(10週間)

14回目の照射までは、9週間以上空ける必要があり、予定との兼ね合いで3回目以降は10週間空けて照射しました。

他のクリニックは照射の1ヶ月前にならないと予約できなかったりしますが、ゴリラクリニックは照射終了後に次の照射を予約できるので、きっちり10週間後に予約できています。

2回ほどジェントル・ヤグの予約が埋まっていましたが、メディオスターNEXTは空いていたので希望の予約日が予約できないということは今の所ありません。

脱毛をする人は本当に増えているため、照射したい日の1ヶ月前以内ならまず予約できないと考えていたほうが良いです。

僕はデリケートゾーン(VIO)お尻・脚全体メンズリゼで永久脱毛しているのですが、希望日の1ヶ月前からしか予約できなく、予約が殺到するので希望日の1ヶ月前の開院と同時に電話をして予約しないと取れませんからね。

照射後に予約が取れるゴリラクリニックの予約は本当に楽です。

担当者の性別

僕を担当してくれたのは、10回のうち女性が9人、男性が1人と、ほぼ女性が担当してくれました。

全て違う人が担当してくれましたが、皆さん愛想が良く、リラックスして照射できました。

受付で待っていると、担当者が迎えに来てくれて一緒に個室へ入っていくのですが、女性だとちょっとドキドキしてしまうんですよね…。

ヒゲの永久脱毛をしてよかったこと

実際にヒゲの永久脱毛をして良かったところを紹介します。

ヒゲ剃りが楽になった

毛が薄くなり、密度も減っているため、ヒゲ剃りが驚くほど楽になりました。

僕は電気シェーバーを使っているのですが、往復する回数が減り、ヒゲ剃りにかかる時間が半分ほどになっています。

シェーバーを肌に当てる時間・回数が減ったので、剃り負けも起こらず、肌のヒリヒリが殆どないのも快適です。

ヒゲ剃りの間隔日数が減った

ヒゲの永久脱毛をはじめる前は、毎朝剃らないと酷い見た目になっていたのですが、毛が生えてくるスピードが遅くなったので、10回照射後の現在では、3日に一度剃れば十分になっています。

毎日のヒゲ剃りが隔日になるだけでもすごく快適です。

カミソリでも剃れるようになった

僕は剛毛だったので、カミソリで剃ると強めに剃らなければならず、剃り負けが激しくなってしまうのでカミソリでヒゲを剃るというのはできませんでした。

しかし、毛の量が少なく柔らかくなったので順剃りでも十分剃れるようになったため、カミソリで剃っても剃り負けしなくなりました!

カミソリでいけると実感したのは、5回目ぐらいの照射後からです。

カミソリで剃れるようになると、旅行へ行く時に電気シェーバーと充電器を持っていく必要がなくなるので、軽量化と荷物圧縮が実現できます。

僕は長期で海外をウロウロしながら働くということもするので、荷物削減はとても重要。

僕がヒゲ永久脱毛を決断した最大の理由の一つは、「電気シェーバーと充電器なしで旅をしたい」なので、カミソリでヒゲが剃れるというのは大切なことなのです。

最終的にはカミソリも持たないのが理想ですが、10回の照射ではまだそこに達することはできておらず、今後に期待しています。

風呂で剃れば良くなった

今までの僕は、ヒゲは朝剃るものだという固定観念にとらわれていましたが、2~3日に1回剃れば良くなることで、別に朝剃る必要はないことに気づきました。

夜、風呂に入る時に一緒に剃ることで、シャワーでヒゲが温まって剃りやすくなるし、朝剃る必要がないので朝の忙しい時間が短縮できますからね。

この事に気づいたのは最近で、もっとはやくから気づいていたら脱毛のメリットを享受できていたのに、気づくのが遅れることで朝の貴重な時間を無駄に使ってしまいましたorz

自分の写真を見る時のコンプレックスが無くなった

集合写真やイベントで自分が写っている写真を見ると、ちゃんと朝剃ったのにヒゲがうっすら見える自分の顔が嫌だったのですが、しっかり剃ればヒゲが全くと言って良いほど目立たなくなったのは嬉しいです。

夜になっても目立たないので、写真を見るたび「ヒゲの永久脱毛して良かったな~」と実感しています。

過去の自分のヒゲ面を見ると「うわっ…」と思ってしまいますからね…。

僕は34歳からヒゲの永久脱毛をはじめたのですが、高校・大学時代にやっておきたかったな~と後悔しています。

女の子ウケも良くなっていたハズなので、もっと良い人付き合いができていたんじゃないか…と、ついつい考えてしまいます。

髭に関するコンプレックスが無くなり、人前に出てもヒゲのことを気にしなくなったので、脱毛をして本当に良かったと心の奥底から思います。

コンプレックスが一つ減るだけで、こんなに生きやすくなるのかと驚いていますからね。

ヒゲの脱毛をして悪かったこと

悪かったことというより、デメリット的なことを挙げます。

お金がかかる

僕は、ゴリラクリニックのヒゲ脱毛完了コースで契約しました。

金額は6回の照射で税込186,192円(当時消費税は8%)、7回目以降は1回税込100円で7回目の照射を受けた日から3年間照射できます。

19万円近い金額なので、なかなかの出費ですよね。

ですが、上記良いところで紹介したメリットがあり、脱毛してよかったと実感しているので、これくらいの料金でも仕方ないかなと思っています。

料金については、他のクリニックと比較し、ヒゲ脱毛が終わるとされる15回前後の料金で計算したところ、ゴリラクリニックが最安になったので、出費は最低限に抑えられていますからね。

個人的には、ヒゲ脱毛には20万円近い価値は十分あると確信しています。

痛い

記事の最初の方で痛さを紹介しましたが、レーザーを使った脱毛なのでかなり痛いです。

かなり痛いですが、僕は耐えられる痛さなので、ヒゲが無くなるメリットを考えると普通に我慢できます。

料金は1回あたり税込3,300円増えてしまいますが、麻酔を使って痛みを軽減できるので、痛みが心配な場合は麻酔も選択肢に入れておくと良いですよ。

時間がかかる

髭の脱毛には時間がかかります。

ゴリラクリニックで推奨している照射間隔で照射をすると、ヒゲ脱毛が完了するとされる15回の照射に3年かかります。

脱毛を「やる!」と決めてから完了するまで3年かかるので、この時間はかなりもどかしく、「もっと早くはじめておけばよかった…」と後悔するポイントでもあります。

因みにヒゲが濃い僕の場合、10回照射した時点の毛の量と、これまでの減っていくペースを考えると20回ぐらいの照射が必要なのではと考えています。

10回の照射でかなり減ってきていますが、回を重ねるにつれてケガ減る量が減ってきていますからね。

20回照射したとすると4年以上です。

脱毛が完了するまでの時間はかなり長いので、根気よく続けていく必要があります。

おわりに

ヒゲの永久脱毛は、金額や痛さ、時間がかかるなどのデメリットがありますが、ヒゲの処理の手間と時間が激減するのと、ヒゲに対するコンプレックスがなくなるというメリットはそれらを超越しています。

ヒゲ脱毛後はとても快適なのに、時間がめちゃくちゃかかるので、もっと早くはじめておけばよかったと絶賛後悔中です。

ゴリラクリニックで脱毛するには、無料カウンセリングで話を聞いてみたり、クリニック内がどんな感じか見てみるのが良いと思います。

無理な勧誘はされないので、「もう少し考えてみます」と言えば契約しないで帰れますので、安心して無料カウンセリングに行ってみてください。

僕が行ったときの流れは、下記記事で紹介しています。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから